配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

ワキガとは

ワキガとは

ワキガとは 自分ではさほど気にならないだけに、他人が嫌悪感を覚えるもの。
その不動の1位は「臭い」です。
人は誰しも固有の体臭を持っているものですが、自分の臭いには麻痺してしまって解らないものです。
通常ならば特に気にならず、洗濯をしていない服であったり夏場の運動後には注意くらいで済むのですが、どうにもならない臭いがあります。
それがワキガです。

正しくは「腋臭症」と呼ばれるワキガは、人によっては鉛筆のような、古びた洗濯バサミのような、または納豆のようなと、人体から発するには都合の悪過ぎるものばかりです。
これは「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺から出る汗に含まれる脂質、タンパク質にアンモニアという成分が、皮膚に常駐している「常在菌」によって分解されることで、あの独特の臭いが出てくるのです。
人間には元々「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの汗腺があり、そのどちらも存在しています。
「ワキガの人はアポクリン腺しかない」というのは誤った認識です。
ワキガ体質の方というのは、アポクリン腺の数が多く、その汗腺の粒も大きい方を言います。
そんな体質の方が一番困るのが多汗症ではないでしょうか。

多汗症とワキガは無関係!?

多汗症とワキガは無関係!? 始めに断っておきますが、多汗症によるワキガというものは存在しません。
汗を掻き易い、ということとアポクリン腺の多寡というのは関係がないからです。
通常の多汗症の汗は、エクリン腺から出る汗の量が多くなることを言いますので、ワキガとは、特に関係がありません。
しかしながら、ワキガである以上は「汗を掻いていればその分臭いがきつくなる」という現実があります。
見た目も悪いため、いかに汗を抑えるかがワキガの方が腐心しているところでしょう。

多汗症の定義

多汗症の定義 そもそも、多汗症とは何をもってその症状となるのでしょうか?
人は上昇した体温を下げるために汗を出し、皮膚の表面にある水分が蒸発することによって体温を下げます。
他にも余分な水分や老廃物を流す作用があり、汗を掻く事は健康に良いと言えるのですが、この汗が「不自然に出てくる」のが多汗症です。
気温が高いわけでもなく、また激しい運動もしていないのに大量の汗が出てしまいます。
この原因の多くは精神的な負担、つまりはストレスです。

人は緊張した状況にあった際に、交感神経の働きがきわめて敏感になり、多量の汗を掻きます。
ゆえに多汗症は、精神的問題により恐怖を感じて汗を出してしまうことから「発汗恐怖症」とも呼ばれているのです。

ワキガに話を戻しますと、ワキガの原因であるアポクリン腺からの汗には、アドレナリンという物質が関わっています。
感情の変化と密接な繋がりがある物質が、汗の放出へと結びつく訳です。
自分の臭い「汗」が出ることそのものを恐れるあまりに精神的重圧を受け、それが過剰な汗の分泌へと変わり、ワキガのあの臭いを生み出してしまうのです。
それは悪循環というものですね。

多汗症を抑えるためには

単なる「汗っかき」とは違う多汗症は、ご理解頂けたかと思います。
精神的ストレスが原因となっているそれを抑えるためには何をすればよいのでしょうか?

原発性多汗症 ・それは「原発性多汗症」では?
多汗症はストレスが原因となっているということは書きましたが、詳しくは「ストレスなどが原因になっており、病気によって引き起こされたものではない」ということになります。
正式な呼び名は「原発性多汗症」と言います。
甲状腺機能亢進症、事故などにより神経系にダメージを受けるなど、病気によって多汗症の症状になることを「続発性多汗症」として区別しております。
自分自身が原発性多汗症なのかどうかを調べるには、主に以下のセルフチェックがあります。

・多汗の症状が見つかったのが25歳以下の時
・体の同じ部位、体の左右対称の部分に毎回汗が出る
・寝ている間は汗の出が止まる
・大量の発汗が週に1回以上おこる
・汗によって日常生活で困ることがある
・家族も多汗症である

これらにあてはまることがある方は、原発性多汗症の可能性が高まります。
「日常生活で困る事がある」というのは、汗じみによって服が着られなくなるというところから始まり、重いものになると、手のひらから出た汗によって電子機器が壊れてしまうこともあるのです。
こうした原発性多汗症の症状を治療にするにはいくつかの方法がありますが、以下の4種類がメインの治療法となります。

パースピレックスロールオン ・塩化アルミニウム塗り薬の塗布
有効成分として、塩化アルミニウムが含有されている塗り薬を多汗の箇所に塗布するという治療法です。
アルミニウムが臭いに効くというのは、イメージし難いと思いますが、塩化アルミニウムの成分と汗の水分、そして皮膚の細胞が反応することで、汗腺を塞ぐ「フタ」のような物質が出来上がります。
海外では広く認知されたパースピレックスの様々な商品が有名です。
それにより汗の放出が抑えられるのです。
こちらの塗り薬は即効性があるというよりは、数日から数週間塗り続けることによって、フタの物質が汗腺に徐々に広がっていきますので、それなりの期間が必要です。
副作用も軽く、塗るだけの気軽さもあり、何より年齢制限もないために、あらゆる世代が使える治療方法です。
効果が長時間続かないところがあるので、定期的な薬の使用が必要になります。

電流治療 ・電流治療
こちらは水をためた容器に足を入れ、20分間ほど微弱な電流を流す治療方法です。
イオントフォレーシスという呼び名もあります。
電気の威力はとても弱いもので、足がピリリとするくらいなので痛みはありません。
水に電気を流すことで「水素イオン」という物質が生じ、それが汗腺を縮め、小さくすることで汗を作り難くさせます。
週に1~2回の治療を続けることで多汗の症状を軽くさせます。
保険が適用される治療方法なので、安価に続けられることが利点ですが、水に浸すという方式を取っていますので、治療箇所が手のひらと足の裏に限定されてしまう事がデメリットです。
いわゆる「ワキガ」には効果がないのが悲しいところです。

ボツリヌス菌(A型)の注射 ・ボツリヌス菌(A型)の注射
A型ボツリヌス菌の毒素を多汗の箇所に注射します。
毒素という単語に抵抗感がありますが、毒素というのは医学的な用語であり、正しくはボツリヌス菌が生み出す「ボツリヌストキシン」という天然のたんぱく質です。
ボツリヌス菌は「ボトックス」とも呼ばれ、美容の世界では大変有名なしわ取りの治療法です。
筋肉の緊張を無くして、シワを伸ばすボツリヌス菌の毒素は、交感神経からエクリン汗腺に汗を出す命令をストップさせる効果があります。
治療後の効果が長く続くメリットがあると共に、重度の脇の多汗症には保険も適用されます。
逆を言えば、脇以外には保険が適用されないのが難点であり、金額も保険が適用されなければ10万円以上の費用が掛かってしまいます。
効果も高く、価格も高いのがこの治療法です。

交感神経の切除手術 ・交感神経の切除手術
多汗する箇所の「発汗の信号を送る場所」つまりは交感神経を手術で取り除く方法です。
「胸腔鏡下胸部交感神経遮断術」「ETS手術」とも呼ばれている方式で、継続的な来院が必要な上記の治療法とは違い、再発率は1~5%と極めて低く「完治」と呼んでも良いものとなります。
更には、手のひらの多汗症には保険が適用され、手術も受けやすくなっています。
それでも、こうした手術にもデメリットはあります。
それが「代償性発汗」という副作用です。
これは、手術で交感神経を取り除いた場所に汗は出てこなくなるものの、もともと多汗症ではなかった部分からの汗が増加してしまうという、しわ寄せのような形になってしまう症状です。
何故こうした症状が出てしまうのかは不明なのですが、そのリスクは大きいため、手術は「多汗症により、日常生活を送ることがとても困難になっている方」及び「これまでの治療では効果がみられなかった方」に限定されており、手術には本人の強い希望と医師からの十分な説明が必要不可欠になっています。

プロバンサイン ・抗コリン薬の飲み薬
脇の汗を止める飲み薬も存在します。
それが抗コリン薬と呼ばれている薬です。
主に「プロバンサイン(ファイザー社が発売)」などの名称で発売されている薬であり、有効成分は臭化プロパンテリンとなっています。
脳から「汗をかく」という指令が出ることに繋がる「アセチルコリン」という物質の働きを抑える役割があります。
故に「コリンの動きに抗う薬=抗コリン薬」と呼ばれているのです。
こうした抑制効果を抗コリン作用と言い、一時的に汗を抑えることが出来るのです。
また、抗コリン薬は汗を抑えるだけに留まらず、胃の粘膜に対する刺激を抑えて胃液の分泌を穏やかにする効果もあることから、胃腸薬としても使われています。
抗コリン薬の最も重要な特徴として、その即効性の高さがあります。
服用から1時間ほどで制汗効果が出ることから「今汗を出したくない」という時に有効であり「自分のタイミングで汗を止められる」ということからもメリットのある薬です。
更には内服薬という特性上、一度の服用で全身に制汗作用が生じますので、脇、手のひらといった部位を気にする事なく使用出来ることもオススメ出来ます。

上記の治療方法を正しい知識をもって選択することが重要です。
TOPに戻る