配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

ED(勃起不全)

ED(勃起不全)とは

EDとは、男性ならではの症状で(別名:勃起不全)とも呼ばれています。
勃起機能が低下することによって、起こる症状で、日本人男性に増えている症状としても知られています。
ED(勃起不全)と聞くと、全く勃起しない常態のイメージがある方もいらっしゃるでしょう。
しかし、そうではありません。
完全に勃起出来ない状態は、もちろんですが、勃起するのに時間が掛かってしまう状態や勃起はするけれど、持続することが困難な場合もED(勃起不全)の可能性があります。
このような症状で、困ってしまうのは、何よりも満足いく性交が出来ないことです。
自分一人の問題ではなく、大切なパートナーにも関わる問題ですから、勃起不全について知っておくことが必要でしょう。
ED(勃起不全)

勃起のメカニズム

勃起のメカニズム まず、勃起不全の症状を専門的に見ますと、性交を行う時、十分な勃起が出来なかったり、維持できない状態を指しています。
つまり、今まで性交が行えていたのに、満足できない状態の方は、勃起不全が疑われるのです。
勃起不全を疑う場合には、正常な勃起を把握しなくてはいけません。
正常な勃起は、性的興奮が脳に伝わります。
脳から信号が送られ、神経を通じて、陰茎に伝わるのです。
すると、陰茎海綿体にある動脈に血が流れます。
この陰茎海綿体は、スポンジ状になっているので、流れ込んだ血を吸い込み大きくなるのです。
これが正常な勃起状態となっています。

勃起不全の原因

勃起不全の原因 一方、勃起不全では、この正常な流れが上手くいっていません。
動脈の拡がりが十分ではない場合や血流が動脈に流れないので、勃起不全に繋がっていることがあります。
この他にも、勃起に必要な神経系にダメージを受けている場合です。
ダメージを受けていることで、勃起するのに時間が掛かり、十分な機能を果たせないことがあります。
なぜ、このような勃起不全の症状が出てしまうのでしょうか。
一般的には加齢により機能が衰えてくると言われております。
しかし、原因は人により異なることを把握しましょう。
ストレスや食事などの生活習慣の乱れ、タバコ、病気などが原因の可能性があります。
大したことはないと思っていたちょっとしたことが原因でもあるので、勃起不全の症状を改善したいのなら、自分の勃起の状態を見極めることからはじめるのが大切です。
現在では、EDを専門とする治療、医薬品が多数ありますので、自分にあった対策を検討しましょう。
正しく症状を把握し、治療や改善方法を理解することで、良くなるのが勃起不全です。

EDの原因(加齢によるもの)

加齢による勃起不全 EDの原因には様々な原因が起因していますが、中でも加齢によるEDはなかなか避けて通れない道です。
誰もが加齢に伴い性欲や勃起に対する機能が格段に衰えてしまうのです。
原因は動脈硬化など血流の流れが悪くなるためです。
勃起のメカニズムは、ペニスの血管に多くの血液が流れ込むことで勃起します。
そのため血流の流れが悪くなってしまうことによってペニスに血流が十分に流れ込まなくなって勃起がうまくできなくなってしまうのです。
ということは、血流の流れを妨げないように動脈硬化などの障害を予防することで少しでも加齢による原因を取り除いていきたいものです。
まずは動物性脂肪が多い食事を控えるようにして、アルコールや喫煙なども控えるようにしましょう。
これらは動脈硬化の起因になってしまうからです。
肥満自体が動脈硬化の原因の一つとも考えられているため、適度な運動やバランスの良い食事でダイエットをするのも効果的です。
いつまでも60代を過ぎても元気に機能している方もいらっしゃいます。
是非日頃の生活習慣を見直して、EDを予防していきましょう。

EDの原因(心因的要因によるもの)

心因的要因による勃起不全 精神的な問題から勃起が上手くできなくなることを心因性EDと言います。
EDの原因には他に加齢によるものや病気によるものなどがありますが、こういったものが年齢に比例して患者が増えるのと違い、心因性の場合には年齢に関係なく若い人にも多く見られるのが特徴的です。
ひと口に精神的な問題と言っても、その原因は様々です。
仕事がうまく行かずにストレスを感じ、それが原因で不眠症になったり、うつ病になってしまったりすると、性的な興奮が抑えられてしまって勃起しにくくなることがあります。
また、人間関係、特に女性との関係性を上手く構築できない人にもEDが多く見られます。
女性の前へ出ると緊張してしまったり焦ってしまったりして精神的に不安定な状態になってしまい、性的に不能となってしまうというものです。
過去の性的なトラウマも大きな要因の一つです。
女性にセックスのことで馬鹿にされたり、失敗した経験が強く残りすぎてしまって、いざセックスに臨もうとすると勃起しなくなってしまうという人も多く見られます。
また、子供時代に性的虐待を受けたことでセックスについて嫌悪感を強く感じてしまって、勃起しないという人もいます。

EDの原因(生活習慣病によるもの)

生活習慣病による勃起不全 EDの原因の一つに生活習慣病の影響があります。
特に、動脈硬化はEDに深刻な影響をあたえることがあります。
動脈硬化とは血管の内部にコレステロールや中性脂肪などが蓄積して、血管が狭くなった状態のことを言います。
動脈が狭くなってしまうと心臓からの血液が全身へスムーズに流れなくなり、健康に様々な悪影響を及ぼします。
勃起は大量の血液が陰茎の海綿体に流れ込むことで起こりますから、血液の流れが動脈硬化によって阻害されてしまうと勃起しにくくなってしまったり、性行為の途中で萎えてしまったりといったことが起こります。
また、糖尿病もEDの原因の一つです。
糖尿病は血液内の血糖値が高くなった状態のことを意味しますが、高血糖の状態が続くと血管や神経に障害が起きます。
血管が傷つくと血管が劣化して動脈硬化を引き起こしますし、神経が傷ついてしまうと性的な刺激が上手く脳から男性器に伝わらなくなってしまうので、勃起しにくくなってしまいます。

EDの原因(その他)怪我や薬の影響など

怪我や病気が原因でEDになることもあります。
その中でも比較的多いのが前立腺関係の病気による影響です。
前立腺が肥大化したり癌細胞が増殖することで前立腺付近の血管や神経が圧迫されると血液が海綿体に流れ込みにくくなってしまったり、脳からの勃起の信号が男性器まで上手く伝わらなくなってしまったりすることでEDが起こることがあります。
怪我的な要因では脊髄の損傷や骨盤外傷などが多く見られます。
脊髄には重要な神経がたくさん通っていて、その中には勃起に関係する神経もあります。
そういった神経が怪我によって傷ついてしまうと神経伝達が上手く行かずに勃起が起こらなくなってしまうことがあります。
また、病気や怪我の治療のために薬を日常的に服用しているという人も多いと思いますが、薬の中にもEDの原因になるものがあります。
例えば、うつ病など精神的な疾患を持つ患者さんの場合には抗不安薬を処方されている人もいるでしょう。
こういった薬には精神や筋肉を弛緩させる効果があるため、性的な興奮を感じにくく、また感じたとしても勃起につながらない事がよくあります。

ED治療薬の働き(メカニズム)

ED治療薬を使用すれば効果的に勃起不全症を治療出来るのですが、どの様な仕組みでED治療薬が効果を現して行くのかを見ていきましょう。
まず基礎的な事から言うとED治療薬というのは正式な呼び方では無く化学的に言えば、PDE5(PhosphoDiestErase type5)と言い、サイクリックGMPを分解する酵素の名称です。
これは、ホスホジエステル結合を分解する為の酵素の事で、ホスホディスエステラーゼ(PDE)と呼びます。
このPDEには全部で7タイプありますが、ペニスが勃起するという事に関連しているのはタイプ5であり、つまりホスホディスエステラーゼのタイプ5が、サイクリックGMPを分解するという訳です。
すなわち、ホスホディスエステラーゼのタイプ5がサイクリックGMPを分解しづらい様にすれば、勃起を維持出来る事になります。
そこでそれを意図的にブロッキングして、サイクリックGMPを動きやすくしたものが、世に言うED治療薬という事になり、一酸化窒素を十分に分泌出来る様になるのです。
以上が勃起不全症を治療する為のメカニズムであり、勃起不全症の治療薬を利用すれば十分に勃起する事が叶います。
ED治療薬の働き

ED治療薬は媚薬や精力剤とは違う

多くの男性が悩んでいるEDですが、今は良い治療薬が登場していますので、そうした薬を利用することで機能を手軽に改善できる時代となっています。
そして市販では媚薬や精力剤と呼ばれる商品が販売されていますが、これらは健康食品の類いであって、薬ではありません。
それゆえに薬のように即効性があるものではなく、続けていくことで体質を改善していくものが多くなっています。
勃起不全は勃起に必要な血流が十分に得られないことが原因としてあげられますが、薬は血流を改善するのに役立ってくれるものです。
そして、ずっと勃起の状態が続いてしまうものではなく、性的な刺激がなければ反応しません。
ED治療薬は催淫効果があるものではありませんし、性欲を高める薬とも違います。
ED治療薬は血流を改善することで勃起力を高めたり、持続時間をアップさせるのに役立つ薬です。
そしてサプリメントである精力剤では正しく使えば副作用の心配はありませんが、薬である治療薬は禁忌や副作用があります。
いわゆる精力剤や媚薬と呼ばれるものとは全く違うもので、利用には専門的な知識が必要です。

EDの予防方法

EDの予防方法 年を取ると男性の中には自分の物が勃起しないというEDに悩まされる人が増えていきます。
この原因として加齢によるものもありますが、精神的ストレスによって若い人でも悩まされる人が増えています。
しかし、治療を行う前に、まだ勃起することができているうちに予防することができるのです。
そもそもEDの原因は食生活や生活習慣の乱れ、飲酒や喫煙、過度のストレスが大きな要因となっています。
これらはすべてほかの病気の原因となる要因ですのでこれらをできる限り軽減することによって勃起力を維持することができ、健康な生活を送ることができるようになります。
また、Lアルギニンという成分が非常に効果があるということがわかっていますので、この成分が含まれている食品やサプリメントをできるだけ多く摂取するようにしましょう。
このように気を付けていても勃起力を失ってしまった場合は、ED治療薬を早めに服用する事が大切です。
TOPに戻る