配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

白内障とは

白内障とは

白内障とは 白内障とは、水晶体と呼ばれる「眼球のレンズ」が文字通り白く濁ってしまい、視力の低下を招く病気です。
加齢によって症状が出る場合が一般的であり、症状が早い方は40歳からで、80歳を超える方は殆どの場合、なんらかの白内障であるとも言われています。
老犬や老猫の目が濁ってくるのも白内障の症状です。
この病気は、そのまま放置さえすることがなければ、基本的に失明することはありません。
ただ、痛みもなく、視界がぼやけるということをただの老化だと思って放っておくという「悪化の原因」を作りやすい病気でもありますので、適切な処置が重要なのです。

白内障の症状

白内障には、特徴的な症状があります。
病名に「白」の一文字が入っているので、視界が白くなる病気と思われるかもしれませんが、そうした場合もあるとは言え、すべてが白くなるというわけではありません。
眼球の水晶体が濁ってしまうにあたり、眼の中に光が十分に届かなくなり、物が薄暗く見えるのです。
・物がぼやけて観にくくなる
・光にまぶしさを感じすぎる
・眼のかすみ
・物が2重にだぶって見える
といった症状があり、進行するにつれてこれらの症状が重なっていくこともあります。
視力の低下として考えてしまい、メガネの作り直しなどを最初に行う方もいるのですが、当然ながら視力矯正では改善されません。
白内障の症状

自覚しにくい白内障

自覚しにくい白内障 白内障は、肉眼では判別は出来ません。
特に一般の方による白内障の判断は不可能と言ってよく、よほど症状が進行しなければ解りません。
白内障は痛みなどの自覚症状がなく、何となく物がぼやけるという高齢化の症状と勘違いしやすいということも含め、眼というのは両目を使ってものを認識するものですので、片方の眼が白内障になってしまっても、さほど不便なく生活が送れてしまうということもあり、それが長期間の放置に繋がってしまうのです。
「病院に行かなければわからない」「しかし、病院に行くまでもない」という流れが出来易いのが白内障です。
特に、眼科が生活圏内にない方や交通の便が悪いところにお住いの方などは、白内障の進行のリスクがあると言っても良いでしょう。

白内障の薬や手術について

眼の水晶体が白く濁ることで、視力の低下を招くのが白内障です。
「白内障になったら絶対に手術をしなければ成らないのだろうか?」と思ってしまう方も多いかと思いますが、日常生活に問題がなければ、即座に手術をしなくても構いません。
白内障はその初期段階においては、点眼薬で進行を食い止めることが出来るからです。
水晶体の濁りそのものや、視力を回復させることは出来ないのですが、あくまで初期の白内障の進行を遅らせるのであれば、点眼薬は有効であり、そうした治療方法も一般的です。
たんぱく質によって構成されているのが、眼球の水晶体です。
白内障とはたんぱく質の異常(変性)でもありますので、そうした変性を抑える必要があります。
何故こうした変性が起こるか?というのは、はっきりと解っていないのですが「キノイド」と呼ばれる物質が、白内障に関わりがあるという学説、通称「キノイド学説」があります。
水晶体の代謝経路に何等かの異常が見られた時に、アミノ酸からキノイド物質(キノン体)が生み出されます。
このキノイド物質が、水晶体のたんぱく質と結合を果たすことによって、水晶体が白く濁る「白内障」となるという学説です。
そうしたキノイド学説に基づき、白内障の発症を送られる点眼液に、以下のものがあります。

N-アセチルカルノシン目薬

C-NAC(クララスティル) 白内障に有効な薬であり「クララスティル」「C-NAC」といった名称で販売されています。
白内障の原因は、水晶体タンパク質とアスコルビン酸塩が交差結合する事で、水晶体が硬くなり色の変化が起きることを言います。
L-カルノシンは、房水で抗酸化の作用を持つ成分として働き、白内障の主な原因であるタンパク質の酸化を防ぎます。
また、手術無しに白内障の改善が見られる点眼薬として、海外では第一選択薬となりますが、日本国内ではまだ承認されていません。
1日2回の点眼を6ヶ月継続した場合の被験者結果、9割の方に視力の向上と水晶体の改善が見られました。
一時的な目の充血やかすみ眼など、副作用の報告はありますが、長期間の使用にも耐えうる薬です。
白内障以外にも角膜の不具合や老眼などの様々な眼の症状にも利用出来ます。

カタリンK目薬(ピレノキシン製剤)

カタリンK目薬(ピレノキシン製剤) 初期の白内障に有効な薬であり「カタリンK」「カリーユニ」といった名称で販売されています。
点眼することによって、キノイド物質がたんぱく質と結びつくことを防ぎ、白内障の症状の進行を食い止めます。
副作用がほとんどみられない薬であり、長期間の使用にも耐えうる薬です。
錠剤を溶かして用いる「カタリン点眼液」顆粒を水に溶かして用いる「カタリンK点眼液」というもののほかに、有効性成分が液体の中にあらかじめ入っている、通常の目薬のような「カリーユニ点眼液」もあります。

タチオン目薬(グルタチオン製剤)

タチオン目薬(グルタチオン製剤) 古くは1967年から発売されている点眼液であり「タチオン」などの名称があります。
白内障が発生する前段階として、眼球の水晶体にある「グルタチオン」という物質の量が減っているということが解りました。
そこから「グルタチオンを増やせば、水晶体の濁りを食い止めることが出来るのでは」という考えが導き出され、初期の白内障にグルタチオンを点眼させ、たんぱく質の変性が抑えられるという結果が出来たのです。
その役割は「白内障の予防」であると共に、コラーゲンの合成を促し、角膜上皮の細胞を治すという働きもあります。
そのため、初期の白内障の方の進行を遅らせる他、角膜の傷を治すためにも使われるため、角膜炎、角膜上皮剥離、角膜潰瘍という病気に用いられます。
また、グルタチオン自体は人間の細胞の中に存在する物質のために、異物ではなく、安全性も高くなっているのも特徴であり、副作用も少なくなっています。

白内障に関わりのある病気

白内障に関わりのある病気 白内障で最も多いとされているのが、加齢性白内障です。
80歳以上の年齢になると、ほぼ全ての人が白内障による視力低下になると言われています。
加齢の他でも別の病気による白内障も存在します。
ひとつが糖尿病です。
糖尿病の合併症として発症する白内障は「真性糖尿病白内障」と「仮性糖尿病白内障」の2種類があり、多くの場合は仮性糖尿病白内障とされています。
真性糖尿病白内障は、長期に及ぶ糖尿病の期間(血糖値の高い状態が続いている)ことが原因であると言われ、若い方でも高血糖が続くことにより発症し、進行スピードも速いと言われていますが、まだ詳しいことは解っていません。
白内障の手術となる時にでも、糖尿病の方は合併症のリスクも増えるため、手術の前に血糖値を厳重にコントロールする必要があります。
自覚の見えづらい白内障は、医師の診断と初期症状でクララスティルの点眼で対応したいところです。

白内障の手術について

白内障の手術について 実際に「白内障」と診断された場合、まず最初に行うのが点眼薬による治療ですが、これは初期~中期症状に限ります。
もし白内障が進行してしまっていたとしたら、唯一の治療方法は手術しかありません。
白濁してしまった水晶体を取り除き、人工レンズ(眼内レンズ)を移植します。
移植、というと大変なイメージもありますが、今は機械の発達により、10分前後で手術は終わります。
また、以前は眼球の傷口も大きかったため、白濁は取り除くことが出来ても傷口の影響で乱視になってしまったりと、デメリットもありました。
これも最新技術により、視力の回復も早くなり、生活に支障が出ることはありません。
眼内レンズに細かい傷をつけることによって、レンズの光の屈折を調節する、いわゆる「レーシック手術」と呼ばれるものがありますが、すでにこうした屈折矯正手術を受けられている方は白内障の手術も受けるということになると、傷の上に傷を重ねることにより、眼内レンズの度数にずれが生じてしまうことにもなります。
クリニックによっては、こうしたズレも込みで手術をしてくれるところもありますので、短時間の手術で後遺症も抑えられ、手術への敷居は低くなっている中、クリニック選びも重要になってきています。
TOPに戻る