配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

不安障害

不安障害とは

不安障害とは、不安感が異常な高まりを見せてしまうことで、日常生活に支障を来してしまう疾患です。
過剰な不安、恐怖によってストレスを感じてしまうことで、その中でも幾つかの疾患がカテゴライズされています。

【パニック障害】
・激しい動悸と共に死への恐怖に駆り立てられる。

【社会不安障害】
・度が過ぎる緊張で人と話せなくなる。

【全般性不安障害】
・様々なことが気になって夜も眠れない程の不安に陥る。

【各種恐怖症】
・高所恐怖症、閉所恐怖症、暗所恐怖症といった各種恐怖症なども不安障害に属しています。

「不安障害か?パニック障害か?自分の病状が解らない」という方もいますが、上のようなカテゴライズのために、大きな不安障害というくくりの中で存在しているという認識です。
「○○恐怖症」というものもありますが、不安障害は漠然としており、対象がはっきりしない恐れの感情です。
恐怖とは「ピエロが怖い」といった、はっきりした対象がある恐れの感情です。
不安症は、以前であれば「不安神経症」や単に「神経症」と呼ばれていましたが、医療の現場では「不安障害」の表記となっております。
また、障害という用語を用いることで患者さんの誤解を招く状況を考慮して「不安症」と呼称されることもあります。

不安障害とは

不安障害の原因と症状

不安障害の症状は、前述したように様々なものがありますが、その原因は未だにはっきりと解明されていません。
主だった原因としては、精神的ショック・悩み・ストレス・心配事といった要因があります。
・家族に不幸があった
・人間関係に悩みを抱えている
・ストレスの溜まる職場に入った
といったところから、交通事故を目の前で見てしまい、そこから「死」への思いが一気に高まり、常に死を考えてしまいパニック障害となってしまうなど、精神に対しての衝撃というのが大きな要因と言えるでしょう。
他にも、激務に追われて過労状態になってしまう。そしてそこから睡眠不足を引き起こし、不安障害に繋がってしまうケースもあります。
「仕事が忙しい」という日常的に起こりやすいところから、坂道を転がるようにして不安障害になる人も多いものです。
特に睡眠時間はとても重要で、人間にとって眠る時間が少ないということは、脳の休息時間が無くなるということですので、精神にも影響を及ぼす可能性も高くなっています。
また、不安障害は男性よりも女性の発症率が、2倍以上も高いと言われています。
これは女性の方が神経質な不安を持ちやすく、発症する症状も多いためです。

不安障害の原因と症状

不安障害の治療法

不安障害の治療法 不安障害の治療法の代表的なものとして薬物療法があります。
急激に不安にかられるパニック障害などは、脳からの信号の伝達に何らかの異常が見られるということですので、薬によって落ち着かせる必要があります。
不安障害の薬において代表的なものが3つあり、その1つが「デパス」です。
穏やかに作用する安定薬であり、有効成分に「エチゾラム」を取り込み、パニックを起こした際の脳の興奮状態を和らげます。
もう1つが「セディール」です。
有効成分は「タンドスピロン」となっており、抗不安薬として代表的な存在だったベンゾジアゼピン系の薬剤で見られた、筋肉の弛緩作用や依存症などといった副作用を大幅に減らした薬です。
最後の1つが「バスパー」です。
この薬に配合された有効成分は「ブスピロン」といい、脳のセロトニン受容体を選んで作用する「アザピロン系」と呼ばれる抗不安薬です。
体内時計などのバランスを整えるセロトニンに働きかけ、結果、気持ちを安定させる「ノルアドレナリン」「ドーパミン」といった神経伝達物質を安定させます。
上記のいずれも脳の興奮状態を鎮め、気持ちをリラックスさせる目的を持ったものです。
かつての抗不安薬にあった「効果は高いが依存度も高い」というイメージは無くなり、効いた上に後に残らない物が多く存在しています。

TOPに戻る