レキップ・ジェネリック
  • レキップ・ジェネリック
  • レキップ・ジェネリック
  • レキップ・ジェネリック
  • レキップ・ジェネリック

レキップ・ジェネリック

更新日:
特徴
レキップ・ジェネリックはサンファーマ社が販売している抗パーキンソン薬です。
レキップのジェネリック医薬品で、パーキンソン病の治療に用いられています。

効果
レキップ・ジェネリックの主成分であるロピニロール塩酸塩は、低下したドパミン受容体の機能を向上させ症状を緩和する効果があります。

副作用
主な副作用には傾眠、悪心、発疹、そう痒、蕁麻疹、血管浮腫などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは0.25mg/0.5mgの2種類が購入可能です。
  • パーキソン病
  • むずむず脚症候群

有効成分:ロピニロール塩酸塩/Ropinirole Hydrochloride 0.25mg・0.5mg

ご注文

レキップ・ジェネリック 0.25mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
4,000
3,600(361錠あたり
108
カゴに入れる
200錠
8,000
6,480(321錠あたり
194
カゴに入れる

レキップ・ジェネリック 0.5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
6,000
5,400(541錠あたり
162
カゴに入れる
200錠
12,000
9,720(481錠あたり
291
カゴに入れる

レキップ・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
親のスネかじり虫さん(35歳)
頻繁に手足に違和感を感じ始めて、特に気にしてなかったんですけど、サイクルが短くなってきて、いよいよやばいと思い病院に行ったら脚症候群という聞いたこともないような病気と診断されました。なかなか薬も高いので、途方に暮れていたら、このレキシップジェネリックを紹介されました。使い始めて数日で良くなったのにびっくりしました!
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

レキップ・ジェネリックの特徴
レキップ・ジェネリックはサンファーマ社が販売している抗パーキンソン薬です。

レキップのジェネリック医薬品で、パーキンソン病の治療に用いられています。

レキップ・ジェネリックの効果
レキップ・ジェネリックの主成分であるロピニロール塩酸塩は、低下したドパミン受容体の機能を向上させ症状を緩和する効果があります。

パーキンソン病は身体の動作に係るドパミンが不足することが原因です。

主な症状である振戦(手や足の震え)やすくみが現れる原因は脳の黒質部分にあるドーパミン神経の減少です。

体を動かそうとする時、脳の大脳皮質から筋肉に送られる命令はこの神経の量によって変動するため量が減ってしまうと上手く動かせなくなります。

パーキンソン病は進行性の病気なので、時間の経過と共に不自由度は増していきます。

レキップ・ジェネリックの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは0.25mg/0.5mgの2種類の購入可能です。

その他
レキップ・ジェネリックは服用してもパーキンソン病の症状が現れる現象(ウェアリング・オフ現象:off時間とも呼ばれる症状)を初めて短縮させた治療薬と言われています。

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ロピニロール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日3回、水かぬるま湯で服用してください。

服用量の目安
1回0.25mgから始め、1週毎に1日量として0.75mgずつ増量し、4週目に1日量を3mg服用してください。

以後経過観察しながら、必要に応じ、1日量として1.5mgずつ1週間以上の間隔を空けて増量し、維持量を定めてください。

標準維持量は1日量に3mg~9mgです。

年齢や症状により服用量は増減します。

1日の最大服用量は15mgなので、15mgを超えないでください。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

レキップ・ジェネリックを服用できない方
・ロピニロール塩酸塩に対して過敏症の既往歴のある方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、傾眠、悪心、発疹、そう痒、蕁麻疹、血管浮腫、リビドー亢進、ジスキネジー、起立性低血圧、低血圧、嘔吐、腹痛、消化不良、便秘、末梢性浮腫などがあげられます。

また、重篤な副作用としては突発性睡眠、極度の傾眠、幻覚、妄想、悪性症候群があげられます。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

警告
前兆のない突発的睡眠および傾眠などがみられることがあります。

また突発的睡眠により自動車事故を起こした例が報告されているので、患者に本剤の突発的睡眠および傾眠などについてよく説明し、本剤服用中には、自動車の運転、機械の操作、高所作業等危険を伴う作業に従事させないよう注意してください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、レキップ・ジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ドパミン拮抗薬
両薬剤の効果が拮抗する恐れがあります。

・CYP1A2阻害薬
CYP1A2阻害効果により本剤の血中濃度が上昇する恐れがあります。

・エストロゲン含有製剤

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : レキップ

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

インド

口コミ・レビュー

  • 親のスネかじり虫さん(35歳)
    頻繁に手足に違和感を感じ始めて、特に気にしてなかったんですけど、サイクルが短くなってきて、いよいよやばいと思い病院に行ったら脚症候群という聞いたこともないような病気と診断されました。なかなか薬も高いので、途方に暮れていたら、このレキシップジェネリックを紹介されました。使い始めて数日で良くなったのにびっくりしました!
  • 横浜龍さん(45歳)
    足がムズムズする感じが年取ってから、実感してた。お医者さんと相談して、脚症候群現象といわれた。レキップという商品は効き目があるみたいで、買ってみました。効き目があるのはあるけれども、お金が大量に必要です。自分が貧乏のものなので、こういうような高い金額を負担することができない。ネットで調べてみたら、このレキップのジェネリック商品が出てきて、成分が同じで、効き目が同じと表示があります。試してみるために買ってきた。服用してからもう一か月に経てた。自分のむずむずがなくなってしまった。良かった。
  • 赤いサンゴ礁さん(44歳)
    パーキンソン病の薬を扱っていることを知って、ずっとお薬なびさんでレキップ・ジェネリックを買っています。病院で処方してもらうより安く手に入るので有り難いです。
  • スキネジさん(57歳)
    パーキンソン病をここ何年も患っており通院をしていましたが手間と交通費の事を考え個人輸入から入手しました。 レキップジェネリックを使って、筋肉のこわばりや手足の震えを抑えることが出来たため今回で2回目の注文となります。 症状がこのまま収まればいいのですが、悪化するようでしたらまた医者に診てもらう予定です。
  • しんさん(34歳)
    この時期になると何時も足がムズムズして歩くときも足が気になってしまう。医師に相談したらむずむず脚症候群と呼ばれ治療薬がかなり高かったです。お手頃な値段で手に入らないか調べた所レキップジェネリックを見つけ、試しに服用した所、多少のめまいはありましたが、あしのむずむずがなくなりました。今では友達にもおすすめしています。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ