テグレトール・ジェネリック
  • テグレトール・ジェネリック

テグレトール・ジェネリック

更新日:
特徴
カラゼピンはMyfarma ilac San社が開発した抗てんかん薬です。
日本でも処方されているテグレトールのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
カラゼピンの主成分であるカルバマゼピンは、てんかん発作を抑える働きがあります。
また、てんかんに伴う精神症状、躁うつ病、統合失調症による興奮状態、三叉神経痛の治療にも用いられます。

副作用
主な副作用は、血管炎、血管浮腫、皮膚障害、血液障害、腎臓障害、精神神経障害、消化器障害、内分泌障害、代謝障害などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは200mgが購入可能です。
  • てんかん
  • 躁うつ病
  • 三叉神経痛

有効成分:カルバマゼピン/Carbamazepine 200mg

ご注文

テグレトール・ジェネリック 200mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
25錠
2,000
1,900(761錠あたり
57
カゴに入れる
50錠
4,000
3,610(721錠あたり
108
カゴに入れる
75錠
6,000
5,130(681錠あたり
153
カゴに入れる

商品詳細

カラゼピンの特徴
カラゼピンはMyfarma ilac San社が開発した抗てんかん薬です。

日本でも処方されているテグレトールのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

カラゼピンの効果
カラゼピンの主成分であるカルバマゼピンは、抑制状態の脳の神経細胞に興奮シグナルが侵入するのを阻害する働きがあります。

脳は常に興奮と抑制のバランスが均衡状態を保っていますが、てんかんの方は脳が過剰に興奮状態になり、電気信号が大量に流れることで発作が引き起こされます。

脳を興奮させるシグナルはナトリウムチャネルと呼ばれる部分を通って脳細胞に入り込みます。

カルバマゼピンにはこのナトリウムチャネルの働きを抑える効果があり、神経細胞に興奮シグナルが侵入するのを抑え、てんかん発作の予防が可能です。

カラゼピンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは、200mgの購入が可能です。

その他
テグレトールと同等の効果をもちながら、テグレトールに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

全発薬のテグレトールは国内で1966年から使用されている歴史ある抗てんかん薬ですが、部分発作の治療においては現在も第一選択薬として扱われています。

しかし、欠神発作やミオクロニー発作の予防に関しては効果がないとされています。

発送倉庫によって製造がTERRAと印字されていたり、デザインが多少変わる場合があります。

TERRA社とMyfarma ilac San社は業務提携をしたパートナー会社です。

カラゼピンの関連ページ
てんかん・ADHD治療薬一覧
てんかん・ADHD薬

統合失調症治療薬一覧
統合失調症薬

うつ病治療薬一覧
うつ病薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
カルバマゼピン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
カラゼピンは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
当サイトで扱っているカラゼピンの用量は200mgです。

てんかん発作、てんかんに伴う精神症状、躁うつ、統合失調症の興奮状態の場合、1日200~400mgを初期用量として1~2回に分けて服用し、その後効果が得られるまで徐々に増量してください。

効果が得られる目安量は600mgとなり、症状によっては1日1200mgまで増量することが可能です。

三叉神経痛の場合、1日200~400mgを初期用量として数回に分けて服用してください。

通常は600mgまでを服用することが推奨されていますが、症状によっては1日800mgまで増量することが可能です。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
推奨されている服用量は症状の種類や状況によって異なります。

服用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

服用の注意点
・心不全、心筋梗塞などの心疾患や房室ブロックのある方は心機能が悪化する恐れがあります。

・排尿困難や眼圧亢進のある方は抗コリン作用によって症状が悪化する恐れがあります。

・高齢者は生理機能が低下しているため減量して服用してください。

・肝臓や腎臓に障害のある方は血中濃度を確認し慎重に服用してください。

・甲状腺機能低下症のかたは甲状腺ホルモン濃度が低下する恐れがあります。

・服用中の急激な服用量の減量や中止はてんかん重積症状が生じる恐れがあるので、服用を中止する場合は徐々に減量を行い経過を確認してください。

・服用中は定期的に肝臓機能、腎臓機能、血液状態の検査を行ってください。

・集中力、注意力、反射運動能力の低下や眠気が生じる場合があるため、自動車の運転などは控えてください。

・統合失調症の興奮状態の治療で服用の際には抗精神病薬で効果が確認できない場合に初めて服用してください。

・抗てんかん剤の服用により発作が悪化する恐れがあるため、小発作の方が本剤を服用する際には注意してください。

・悪心・嘔吐、めまい、眠気、運動失調、複視などの症状は過剰服用の可能性が高いのでこれらの症状が生じた際には徐々に減量してください。

カラゼピンを服用できない方
・カルバマゼピンや三環系抗うつ剤の服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・重度の血液障害のある方

・第2度以上の房室ブロック、高度の徐脈のある方

・ボリコナゾール、リルピビリン、タダラフィルを服用中の方

・ポルフィリン症の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、血管炎、血管浮腫、皮膚障害、血液障害、腎臓障害、精神神経障害、消化器障害、内分泌障害、代謝障害などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、再生不良性貧血、白血球減少、血小板減少、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、貧血、赤芽球癆、皮膚粘膜眼症候群、SLE様症状、黄疸、急性腎不全、PIE症候群、間質性肺炎、血栓塞栓症、アナフィラキシー、うっ血性心不全、房室ブロック、洞機能不全、徐脈、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、無菌性髄膜炎、悪性症候群などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※皮膚粘膜眼症候群とは?
急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、カラゼピンと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・ボリコナゾール、タダラフィル、リルピビリン
これらの薬の血中濃度が減少し効果が弱まる恐れがあります。

併用注意
併用注意薬は、カラゼピンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・MAO阻害剤
相互に薬の効果が強まる恐れがあります。

・アルコール
相互に薬の効果が強まる恐れがあります。

・利尿剤
低ナトリウム血症、SIADHが生じる恐れがあります。

・エファビレンツ、テオフィリン、アミノフィリン
相互に成分の血中濃度が低下する恐れがあります。

・抗不安剤、睡眠導入剤、抗てんかん剤、三環系抗うつ剤、精神神経用剤、クマリン系抗凝血剤、黄体・卵胞ホルモン剤、HIVプロテアーゼ阻害剤
これらの薬の効果が弱まる恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : テグレトール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 935さん(42歳)
    コスパの良さからこちらの商品を愛用させていただいております!
  • 熊木さん(31歳)
    以前同じ成分の薬を処方されていたことがあったのでこの薬を飲んでいます。 海外からの通販で最初は不安でしたが、同じ症状の方と話した時も通販を利用するのが主流だと聞いたので私もそうする事にしました。 飲んでみて全く問題はありませんね。
  • 藤谷さん(44歳)
    こちらのメルビンはコスパも良いですし、私には特に合っています。 ただ、やはり手元に届くまでもう少しばかり時間を早めることができると非常に嬉しいのですが…。
  • YUさん(45歳)
    この薬を飲むと頭がスッキリします。 そでだけでも効果があるので有難いです。 今後の継続も検討したいと考えています。
  • モウモウさん(48歳)
    てんかん持ちには有難いお薬です。 突然の発生で周囲の人に迷惑を掛ける事が多く、 この薬で発作を予防する事ができてとても満足しています。 確かに併用はしていますが、本当にあると安心な薬だと思います。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ