アリピプラゾール(エビリファイ)
  • アリピプラゾール(エビリファイ)

アリピプラゾール(エビリファイ)

更新日:
1番人気!!
特徴
アリピプラゾールはインタスファーマ社が開発した、抗精神薬で統合失調症の治療薬です。
エビリファイのジェネリック医薬品で、薄いピンク色で丸形の錠剤が特徴です。

効果
アリピプラゾールの主成分であるアリピプラゾールは、ドパミン・システム・スタビライザーと呼ばれドパミンを安定させ、過剰分泌や極端に減少する事がないよう、過剰な時は蓋をし少ない時は分泌を調整する効果があります。

副作用
主な副作用には、不眠、めまい、頭痛、悪心、嘔吐、下痢などがあげられます。

成分
日本国内においては3mg/6mg/12mg/24mgが処方されています。
当サイトでは15mgが購入可能です。
  • DSS
  • 統合失調症

有効成分:アリピプラゾール/Aripiprazole 15mg

ご注文

アリピプラゾール(エビリファイ) 15mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
5,500
4,950(491錠あたり
148
カゴに入れる
200錠
11,000
9,400(471錠あたり
282
カゴに入れる
300錠
16,500
13,360(441錠あたり
400
カゴに入れる

アリピプラゾール(エビリファイ)を使用したお客様の声

良い評価
さん(44歳)
病院に行かず購入する事ができるので有難いです。 100錠入っていてこの値段は安過ぎます。 今まで飲んでいたエビリファイと効き目は変わりません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

アリピプラゾールの特徴
アリピプラゾールはインタスファーマ社が開発した、抗精神薬で統合失調症の治療薬です。

エビリファイのジェネリック医薬品で、薄いピンク色で丸形の錠剤が特徴です。

アリピプラゾールの効果
アリピプラゾールの主成分であるアリピプラゾールは、ドパミン・システム・スタビライザーと呼ばれドパミンを安定させ、過剰分泌や極端に減少する事がないよう、過剰な時は蓋をし少ない時は分泌を調整する効果があります。

統合失調症は、脳内でドパミンやセロトニンが過剰に分泌されたことで様々な症状が現れます。

ドパミンの過剰による陽性症状では、幻覚や幻聴、本来ないものが、あるように感じるのが代表的な症状です。

主に自分は誰かに見張られている、みんなが自分を見て笑っている、自分は誰かに操られているといった現実と妄想の境界がなくなってします。

陰性症状では、人との会話が困難になり、意欲がなくなったり無関心、無感情になり周囲の人との係わりも無くなっていってしまいます。

これは脳内でドパミンやセロトニンが過剰に分泌されたことにより、症状が現れています。

ドパミンは気持ちを緊張させたり興奮させたりする働きがあり、過剰に分泌されてしまうと陽性症状が現れます。

セロトニンは別名幸福ホルモンと呼ばれており、心の安定と安らぎに関与していると言われ、これが過剰に分泌されてしまうと陰性症状が現れます。

またセロトニンの受容体にも働きかける効果があり、過剰な分泌を抑えるだけでは効果が少なく、ドパミンを同時に抑える事で効果が発揮されます。

脳内のホルモンバランスを整える事で、心が安定し症状が改善されます。

アリピプラゾールの成分量
日本国内においては3mg/6mg/12mg/24mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは15mgの購入が可能です。

その他
エビリファイと同等の効果をもちながら、エビリファイに比べて価格を抑えて購入することができるため、コストパフォーマンスに優れています。

アリピプラゾールの関連ページ
統合失調症商品一覧
統合失調症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アリピプラゾール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用方法
1日1回または2回、水かぬるま湯で服用してください。

服用量の目安
1日6mg~24mgを1回または2回に分けて服用してください。

1日の最大摂取量は30mgですので、30mgを超えないようにしてください。

症状や年齢により服用量の調節を行ってください。

推奨用量
開始用量は1日6mg~12mgが推奨されています。

定常状態になるまで約2週間ほどかかるため、2週間以内は増量しないでください。

食事とアルコールの影響
食事の影響は受けませんが、アルコールは中枢神経を抑える効果を増強させてしまう恐れがあるため、控えるようにしてください。

アリピプラゾールを服用できない方
・アリピプラゾールに対して過敏症の既往歴のある方

・昏睡状態の方

・バルビツール酸誘導体、麻酔剤などの中枢神経抑制剤の強い影響下にある方

・アドレナリンを投与中の方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、不眠、めまい、頭痛、悪心、嘔吐、下痢、便秘、高血圧、睡眠障害、片頭痛、鼻炎、視力障害、体重増加、食欲不振、などがあげられます。

重篤な副作用として頻度は不明ですが、悪心症候群、アナフィラキシー、低血糖、痙攣などがあります。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

警告
糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡などの重大な副作用が発現するおそれがあるので、本剤服用中は高血糖の徴候、症状に注意してください。

特に、糖尿病またはその既往歴もしくはその危険因子を有する方は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ服用することとし、服用にあたっては、血糖値の測定等の観察を十分に行ってください。

服用にあたっては、あらかじめ上記の副作用が発現する場合があることを、患者およびその家族に十分に説明し、口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感等の異常に注意し、このような症状があらわれた場合には、直ちに服用を中断し、医師の診察を受けるよう、指導してください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、アリピプラゾールと相性が悪く一緒に飲み合わせすることができないお薬です。

・アドレナリン
アドレナリン作動性α、β受容体の刺激剤であり、本剤のα受容体遮断効果によりβ受容体刺激効果が優位となり、血圧降下作用が増強されます。

併用注意
併用注意薬は、アリピプラゾールと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・中枢神経抑制剤
中枢神経を抑える恐れがあります。

・降圧剤
降圧効果を増強させる恐れがあります。

・ドパミン作動薬
ドパミン受容体を遮断する恐れがあります。

・CYP2D6阻害薬、CYP3A4阻害薬
CYP2D6、CYP3A4を阻害し、本剤の血中濃度を上昇させる恐れがあります。

・CYP3A4誘導薬
本剤の主要代謝酵素であるCYP3A4の誘導により本剤の血中濃度が低下する恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アリピプラゾール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・インド

口コミ・レビュー

  • さん(44歳)
    病院に行かず購入する事ができるので有難いです。 100錠入っていてこの値段は安過ぎます。 今まで飲んでいたエビリファイと効き目は変わりません。
  • 武田さん(49歳)
    4分の1から服用し始め、今は2分の1服用しています。 ちゃんと効き目を感じる事ができます。 薬の値段も非常に安く、病院に行く手間、時間、費用を考えたら、 通販を利用して購入する事は大正解です。 リピートしたいです。
  • 匿名希望さん(40歳)
    就寝する前に半分にして服用しています。 起きてからまた半分服用するようにしています。 この薬を服用してからは、体の調子が本当にいいです。 リピート確定です!
  • 匿名希望さん(40歳)
    やる気、集中力が湧かない状態から、 徐々にではありますが意欲が出てきたような気がします。 このまま取り合えず服用を続けたいと思います。
  • 匿名希望さん(40歳)
    イライラが激しい為、自分を落ち着かせるために購入しました。 効き目は抜群見たいです。私には合っているようです。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ