セロクエル・ジェネリック
  • セロクエル・ジェネリック
  • セロクエル・ジェネリック

セロクエル・ジェネリック

特徴
セロクエル・ジェネリックはアクタビス社が販売している、抗精神薬で統合失調症の治療薬です。
セロクエルのジェネリック医薬品で、25mgがオレンジ色で100mgが黄色の小さい丸形の錠剤が特徴です。

効果
セロクエル・ジェネリックの主成分であるクエチアピンフマル酸塩は、セロトニン受容体への効果が長く有効であるため、統合失調の症状以外にも抑うつや躁状態などの精神症状の改善に効果があります。

副作用
主な副作用には、不眠、神経過敏、傾眠、けん怠感、不安などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは25mg/100mgの2種類が購入可能です。
  • MARTA
  • 統合失調症

有効成分:クエチアピンフマル酸塩/Quetiapine Fumarate 25mg・100mg

ご注文

セロクエル・ジェネリック 25mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
60錠
3,500
3,320(551錠あたり
99
カゴに入れる

セロクエル・ジェネリック 100mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
90錠
8,000
7,200(801錠あたり
216
カゴに入れる

商品詳細

セロクエル・ジェネリックの特徴
セロクエル・ジェネリックはアクタビス社が販売している、抗精神薬で統合失調症の治療薬です。

セロクエルのジェネリック医薬品で、25mgがオレンジ色で100mgが黄色の小さい丸形の錠剤が特徴です。

セロクエル・ジェネリックの効果
セロクエル・ジェネリックの主成分であるクエチアピンフマル酸塩は、セロトニン受容体への効果が長く有効であるため、統合失調の症状以外にも抑うつや躁状態などの精神症状の改善に効果があります。

脳の情報伝達系の異常により発症する統合失調症には、陽性と陰性の2つの症状がありますが、これには神経伝達物質のドパミンとセロトニンが関係しており、この物質と結合するドパミン受容体、セロトニン受容体の働き遮断することで症状の改善を促します。

クエチアピンは特に、セロトニン受容体への調和が高く、無気力、意識低下が生じる陰性症状の改善に高い効果を発揮し、これらの受容体以外にも、アドレナリンやヒスタミンといった様々な受容体にも作用することから、多受容体作動薬とも呼ばれています。

また、震戦や筋肉硬直・痙攣などといった錐体外路系の副作用も出にくく、情緒安定化、再発予防にも効果が期待出来るので、長期の維持療法にも適した治療薬と言えます。

セロクエル・ジェネリックの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは25mg/100mgの2種類の購入が可能です。

その他
統合失調症における陽性症状に対しては効果は低く、急性増悪例には特に不向きとされていますので、症状を正しく把握し適正時に服用してください。

セロクエル・ジェネリックの関連ページ
統合失調症商品一覧
統合失調症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
クエチアピン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用方法
1日2回または3回、水かぬるま湯で服用してください。

服用量の目安
1日150mg~600mgを1回または2回に分けて服用してください。

1日の最大摂取量は750mgですので、750mgを超えないようにしてください。

症状や年齢により用量が増減するので注意してください。

推奨用量
開始用量は1回25mgが推奨されています。

食事とアルコールの影響
食事の影響は受けませんが、アルコールは中枢神経を抑える効果を増強させてしまう恐れがあるため、控えるようにしてください。

セロクエル・ジェネリックを服用できない方
・アリピプラゾールに対して過敏症の既往歴のある方

・昏睡状態の方

・バルビツール酸誘導体、麻酔剤などの中枢神経抑制剤の強い影響下にある方

・アドレナリンを投与中の方

・糖尿病または糖尿病の既往歴のある方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、不眠、神経過敏、傾眠、けん怠感、不安、頭痛、めまい、アカシジア、振戦、頻脈、便秘、食欲不振、悪心などがあげられます。

重篤な副作用として頻度は不明ですが、高血糖、悪心症候群、低血糖、痙攣、肝機能障害などがあります。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

警告
著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡などの重大な副作用が発現する場合があるので、本剤服用中は、血糖値の測定等の観察を十分に行ってください。

服用にあたっては、あらかじめ上記の副作用が発現する場合があることを、患者およびその家族に十分に説明し、口渇、多飲、多尿、頻尿等の異常に注意し、このような症状があらわれた場合には、直ちに服用を中断し、医師の診察を受けるよう、指導してください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、セロクエル・ジェネリックと相性が悪く一緒に飲み合わせすることができないお薬です。

・アドレナリン
アドレナリン作動性α、β受容体の刺激剤であり、本剤のα受容体遮断効果によりβ受容体刺激効果が優位となり、血圧降下作用が増強されます。

併用注意
併用注意薬は、セロクエル・ジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・中枢神経抑制剤
中枢神経を抑える恐れがあります。

・CYP2D6阻害薬、CYP3A4阻害薬
CYP2D6、CYP3A4を阻害し、本剤の血中濃度を上昇させる恐れがあります。

・CYP3A4誘導薬
本剤の主要代謝酵素であるCYP3A4の誘導により本剤の血中濃度が低下する恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : セロクエル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 犬猫さん(29歳)
    僕としたことが、、 注文が遅れてしまって薬を切らしてしまいました。 届くまで不安で、職業訓練にも行けなかった。
  • かずさん(47歳)
    2ヶ月分この値段の安さは、とても私に取って有難い事です。 病院に行く手間も省けるので助かります。 休薬期間をもうけると、またある程度効いてくれるようです。 眠気の持ち越しがすこしありますが、よく眠れています。
  • マッキーさん(44歳)
    効果は高いようです。 逆に私には効果があり過ぎるので注意が必要です。 1錠まるまる服用すると、私はフラフラにふらついてしまいます。 眠剤としてはとても役に立つお薬です。 しかし翌日もフラフラした感覚が残る事もあるので、 注意して服用するようにしています。
  • 匿名希望さん(40歳)
    良く効きます。心が落ち着きます。 日中少しだけボーッとする感じがある時があります。 それ以外は全く気にならず、副作用もありません。 これからも愛用させて貰います。
  • 匿名希望さん(40歳)
    良く時tまで必ず持ち越すくらいに強力に効きます。 1錠でも意識がもうろうとするので、飲んだ後はベットに直ぐに入るようにしています。 またリピートします。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ