アスピリン・ジェネリック
  • アスピリン・ジェネリック
  • アスピリン・ジェネリック

アスピリン・ジェネリック

特徴
アスピリン・ジェネリックはユーエスブイ社が販売している解熱鎮痛消炎剤、川崎病用剤です。
関節リウマチ、変形性関節炎、腰痛症、歯痛、川崎病などの治療に用いられています。

効果
アスピリン・ジェネリックの主成分であるアスピリンは、発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンの生合成を抑えることで炎症、腫れ、鎮痛、解熱などに効果があります。

副作用
頻度は不明ですが、主な副作用には食欲不振、悪心、発疹、頭痛、めまいなどがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは75mg/150mg/325mgの3種類が購入可能です。
  • 解熱
  • 鎮痛(関節リウマチ
  • 変形性関節症
  • 強直性脊椎炎
  • 関節周囲炎
  • 歯痛
  • 関節痛
  • 腰痛症
  • 筋肉痛
  • 捻挫痛
  • 打撲痛
  • 痛風
  • 頭痛
  • 月経痛)

有効成分:アスピリン/Aspirin 75mg・150mg・325mg

ご注文

アスピリン・ジェネリック 75mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
98錠
1,800
1,620(161錠あたり
48
カゴに入れる
196錠
3,600
3,080(151錠あたり
92
カゴに入れる

アスピリン・ジェネリック 150mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
98錠
2,700
2,430(241錠あたり
72
カゴに入れる
196錠
5,400
4,620(231錠あたり
138
カゴに入れる

アスピリン・ジェネリック 325mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
70錠
3,600
3,240(461錠あたり
97
カゴに入れる
140錠
7,200
6,160(441錠あたり
184
カゴに入れる

商品詳細

アスピリン・ジェネリックの特徴
アスピリン・ジェネリックはユーエスブイが販売している解熱鎮痛消炎剤、川崎病用剤です。

関節リウマチ、変形性関節炎、腰痛症、歯痛、川崎病などの治療に用いられています。

アスピリン・ジェネリックの効果
ロキソアスピリン・ジェネリックニンの主成分であるアスピリンは、発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンの生合成を抑えることで炎症、腫れ、鎮痛、解熱などに効果があります。

アセチルサリチル酸はシクロオキシゲナーゼをアセチル化することにより阻害しプロスタグランジンの産生を抑えます。

つまり、アラキドン酸と競合してシクロオキシゲナーゼを阻害するほかの非ステロイド性抗炎症剤とは異なる働きで抗炎症を抑える効果があります。

炎症、発熱作用を持つプロスタグランジンが抑えられることで抗炎症、解熱の症状を改善します。

また、シクロオキシゲナーゼは血小板の働きに関係するトロンボキサンの合成にも効果があると言われています。

アセチルサリチル酸は血小板の凝集を抑えて、血栓の形成を妨げることから、脳梗塞や虚血性心疾患を予防するために抗血小板剤として毎日少量のアセチルサリチル酸を処方することもあります。

アスピリン・ジェネリックの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは75mg/150mg/325mgの3種類の購入可能です。

その他
動脈硬化により脳梗塞・心筋梗塞といった病気になりやすいため、血液サラサラにするアスピリンを使用することが多いです。

低用量のため、副作用も少なく安心してご使用頂けます。

アスピリン・ジェネリックの関連ページ
片頭痛商品一覧
片頭痛

筋肉痛・肩こり商品一覧
筋肉痛・肩こり

解熱・鎮静商品一覧
解熱・鎮痛

痛風・高尿酸値商品一覧
痛風・高尿酸値

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アセチルサリチル酸 - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
症状に応じて服用方法が変わります。

服用量の目安
・関節リウマチ、変形性関節症、強直性脊椎炎、関節周囲炎、術後疼痛、歯痛、関節痛、腰痛症、筋肉痛、捻挫痛、痛風による痛み、頭痛、月経痛など
1日1.0g~4.5g、1回0.5g~1.5gを服用してください。

年齢や症状により服用量は増減します。

1日の最大服用量は4.5gなため、4.5gを超えないようにしてください。

・急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
痛みの発現時に1回0.5g~1.5gを服用してください。

原則とし1日2回までとしてください。

年齢や症状により服用量は増減します。

1日の最大服用量は4.5gなため、4.5gを超えないようにしてください。

空腹時の服用は避けてください。

・川崎病
急性期有熱期間は1日に体重1kgあたり30mg~50mgを3回に分けて服用してください。

解熱後の回復期から慢性期は1日に体重1kgあたり3mg~5mgを1回服用してください。

年齢や症状により服用量は増減します。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

アスピリン・ジェネリックを服用できない方
川崎病以外の方
・アスピリンまたはサリチル酸系製剤に対して過敏症の既往歴のある方

・消化性潰瘍の方

・重篤な血液異常の方

・重篤な肝障害、腎障害の方

・重篤な心機能不全の方

・アスピリン喘息またはその既往歴のある方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

川崎病の方
・アスピリンまたはサリチル酸系製剤に対して過敏症の既往歴のある方

・消化性潰瘍の方

・出血傾向のある方

・アスピリン喘息またはその既往歴のある方

・妊娠または妊娠高血圧症候群、授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、食欲不振、悪心、発疹、頭痛、めまい、胸やけ、嘔吐、胃痛、腹痛、胃腸障害、便秘、下痢、食道炎、口唇腫脹、吐血、胃部不快感、蕁麻疹、発疹、浮腫、鼻炎様症状など、貧血、そう痒、腎障害、血圧低下、血管炎があげられます。

また、重篤な副作用として、ショック、アナフィラキシー、脳出血などの頭蓋内出血、肺出血、消化管出血、中毒性表皮壊死症、再生不良性貧血、喘息発作の誘発、肝機能障害などがあげられます。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、アスピリン・ジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・抗血栓薬、抗凝固薬
血漿蛋白に結合したクマリン系抗凝固剤と置換して遊離させ、本剤の血小板凝集を抑える効果、消化管刺激による出血を起こす恐れがあります。

・抗血小板薬、血小板凝集抑制薬、血栓溶解薬
本剤は血小板凝集を抑える効果があるため、これら薬剤との併用により出血傾向が増強される恐れがあります。

・糖尿病用剤
本剤は血漿蛋白に結合した糖尿病用剤と置換して遊離させ、本剤の大量で血糖降下効果がある恐れがあります。

・メトトレキサート、リチウム
腎排泄が減少し血中濃度が上昇する恐れがあります。

・チアジド系利尿薬、サイアザイド系利尿薬
本剤の腎におけるプロスタグランジン生合成を抑える効果により、水、ナトリウムの排泄を減少させる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アスピリン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • 佐川さん(35歳)
    親知らずを抜いて、その後から痛みが続きました。しばらくしたら治ると医者には言われたのですが、ずっと痛い(笑)笑えないレベルになってきたので、アスピリン・ジェネリックを飲みました。そしたら、見事に痛みが消えてスッキリ!頭痛のときも飲みましたが、効果抜群でした。痛み全般にも使えるし、風邪にも使えるって重宝します。
  • ビックルさん(37歳)
    父もおじいちゃんも死因は心筋梗塞。オレもタバコ吸ってるから可能性は大なんだけど、血液がドロドロなのが悪いんかなぁと最近予防のために飲み始めました。不摂生も多いから大好きなラーメンくらいは控えなきゃなぁ...
  • りなさん(29歳)
    前に病院で処方してもらったことのある薬だったので購入しました。風邪の時とか腰痛がひいどい時に使っています。病院で処方されたものと同じ効果で使えているのでありがたいです。効果がしかっりあるので今後もお世話になります。
  • リュウマさん(33歳)
    風邪の症状に効果があって、利用者が増えていると記載されていたので私も購入しました。先日使う機会がありましたが、熱の症状を緩和してくれ、今までつかっていた市販の薬より良いと感じました。
  • sathiaさん(29歳)
    "生理前の頭痛が辛くて、市販の鎮痛剤を使用していたのですが続けて服用していたためか効能が薄れてきたように感じ、いい薬はないかと探していたところこちらのサイトでアスピリンを見つけました。副作用もないし、効能が薄れるというようなこともなくとても重宝しています。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ