リバビリン
  • リバビリン

リバビリン

更新日:
特徴
リバビリンはMepro Pharma社が開発した、C型慢性肝炎ウイルス血症の改善薬です。
抗ウイルス薬で、白いカプセル型が特徴です。

効果
主成分であるリバビリンは、ウイルスに取り込まれ、ウイルスの複製を阻害し、免疫を調整することで抗ウイルス作用を示します。
単剤での効果は不十分ですが、インターフェロンなどの他の抗ウイルス薬と併用することで治療に効果があります。

副作用
主な副作用には、発熱、倦怠感、頭痛、貧血、かゆみなどがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは200mgが購入可能です。
  • 肝臓病
  • C型肝炎

有効成分:リバビリン/Ribavirin 200mg

ご注文

リバビリン 200mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
40錠
4,230
3,900(971錠あたり
117
カゴに入れる
80錠
8,460
7,300(911錠あたり
219
カゴに入れる
160錠
16,920
13,060(811錠あたり
391
カゴに入れる

リバビリンを使用したお客様の声

良い評価
ナカヤマさん(45歳)
C型肝炎でインターフェロン受けてます。肝炎の治療代は高いため、リバビリン だけでも安くできないかと思い、こちらで買いました。服用に関しては、かかり 付けの医師に相談しています。今のところ問題なく服用できているので、しばら く利用させてもらいます。
悪い評価
じーさん(56歳)
肝機能のC型肝炎ウイルスにかかってしまったため予防、再発防止を目的にリバビリンを購入。 40錠で4000円以下ということもありお財布に優しく非常に助かってます! 最近では肝炎の症状が落ち着いてきており、お医者さんからは肝臓の働きが良くなっていると言われ安心しました。 また、無くなったら再注文します。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

リバビリンの特徴
リバビリンはMepro Pharma社が開発した、C型慢性肝炎ウイルス血症の改善薬です。

抗ウイルス薬で、白いカプセル型が特徴です。

リバビリンの効果
主成分であるリバビリンは、C型肝炎ウイルスの遺伝子(RNA)複製に必要なRNAポリメラーゼ酵素を阻害することでRNAの複製を妨げます。

さらにRNAウイルスの複製を阻害するだけでなく、免疫を調節することで抗ウイルス作用を示します。

ウイルス量が多い難治例に広く適用可能で、さらにC型代償性肝硬変に対する適応も追加承認されました。

単剤での効果は不十分ですが、インターフェロンなどの他の抗ウイルス薬と併用することで治療に効果があります。

併用することにより、リバビリンはRNAの複製を妨げ、インターフェロンなどの抗ウイルス薬がウイルスを排除するのを助け、肝機能の改善します。

リバビリンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは200mgの購入が可能です。

その他
当初は抗インフルエンザ薬として開発されましたが、実用化されず1990年代にC型肝炎の治療薬として実用化されました。

日本では錠剤がコペガス、カプセルがレベトールという商品名で販売されており、同一成分のリバビリンを含有しています。

リバビリンの関連ページ
胃炎・肝臓病の商品一覧
胃炎・肝臓病

検査キット
検査キット

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
リバビリン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日2回朝食、夕食後に服用してください。

服用量の目安
体重60kg以下の方は1日600mg、朝食後200mg、夕食後400mgを服用します。

体重60kgを超え80kg以下の方は1日800mg、朝食後400mg、夕食後400mgを服用します。

体重80kgを超える方は1日1000mg、朝食後400mg、夕食後600mgを服用します。

服用開始前ヘモグロビン濃度が14g/dl未満のC型代償性肝硬変の方は服用量が異なります。

その場合、体重60kg以下の方は1日400mg、朝食後200mg、夕食後200mgを服用します。

体重60kgを超え80kg以下の方は1日600mg、朝食後200mg、夕食後400mgを服用します。

体重80kgを超える方は、1日800mg、朝食後400mg、夕食後400mgを服用します。

詳しい服用方法は参考サイトをご確認ください。

食事とアルコールの影響
ほとんど影響はありません。

リバビリンを服用できない方
・妊娠、妊娠している可能性のある方、または授乳中の方

・リバビリンの成分または他のヌクレオシドアナログに対して過敏症の既往歴のある方

・コントロールの困難な心疾患のある方

・異常ヘモグロビン症の方

・慢性腎不全またはクレアチニンクリアランスが50ml/分以下の腎機能障害のある方

・重度のうつ病、自殺念慮または自殺企画等の重度の精神病状態にある方、またはその既往歴のある方

・重篤な肝機能障害の方

・自己免疫性肝炎の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発熱、倦怠感、頭痛、貧血、かゆみなどがあげられます。

重大な副作用ですと、無顆粒球症、血小板減少、再生不良性貧血、抑うつなどがあげられます。

警告
・リバビリンでは催奇形性が報告されているため、妊婦または妊娠している可能性のある方は服用しないこと。

・リバビリンでは催奇形性及び精巣・精子の形態変化等が報告されているため、妊娠する可能性のある女性及びパートナーが妊娠する可能性のある男性が服用する場合には避妊を行ってください。

・リバビリンでは精液中への移行が否定できないことから、パートナーが妊婦の男性が服用する場合にいは、警告厳守すること

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、リバビリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ヌクレオシドアナログ(ジダノシン、アバカビル硫酸塩等)
併用により乳酸アシドーシス、肝不全が報告されていることから、リバビリンは乳酸アシドーシス、肝不全を増強する可能性があります。

・ジドブジン
リバビリンはジドブジンの効果を減弱させる恐れがあります。

・アザチオプリン
骨髄機能抑制が起こる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : レベトール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

口コミ・レビュー

  • ナカヤマさん(45歳)
    C型肝炎でインターフェロン受けてます。肝炎の治療代は高いため、リバビリン だけでも安くできないかと思い、こちらで買いました。服用に関しては、かかり 付けの医師に相談しています。今のところ問題なく服用できているので、しばら く利用させてもらいます。
  • ウルトラQさん(50歳)
    リバビリンはC型肝炎の治療薬として有名ですが、一般的なウイルスにも抗ウイルス薬として効果を発揮します。副作用もあるので管理が厳重に、ですね。私は肝炎で医者にも通っていますが、距離もあるため何かのときのために個人輸入でも購入しました。この値段で病院でも処方してもらえると有り難いですね。笑
  • 田中太郎さん(48歳)
    万が一の予備で購入しました。必要だって思った時に無くて焦ったりするのが嫌なので、予備で持っておく事にしました。もちろん消費期限があるので、消費期限になったら割り切って捨てようと思ってるので、またリピート購入させて頂きます。売り切れにならない事を祈ってます。
  • とみさん(49歳)
    C型肝炎でインターフェロン療法をしつつ、リバビリンも医者で処方してもらったのを機にリバビリンの併用で症状が楽になるので、予備にと思い通販で購入しました。通販だと価格が安いのと、最大160錠大量購入できるのでお得かなと思いました。もちろん体重変動による服用量の調節などはかかりつけの医師に相談しているので、安心して服用できますし。
  • モーニングさん(39歳)
    トラックストアーでは販売していませんので助かります。 肝機能の改善に役に立つことを期待しています☆
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ