アロプリノール(ザイロリック)
  • アロプリノール(ザイロリック)
  • アロプリノール(ザイロリック)
  • アロプリノール(ザイロリック)

アロプリノール(ザイロリック)

更新日:
特徴
アロプリノールはSandoz社が開発した、痛風、高尿酸血症の治療薬です。
ザイロリックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
主成分であるアロプリノールは、尿酸降下薬で、体内の尿酸を減らす効果があります。
尿に排出される尿酸が減少するため、尿路結石を合併している方にも向いています。

副作用
主な副作用には、発疹、食欲不振、胃部不快感、全身倦怠感、脱毛などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは300mgが購入可能です。
  • 痛風
  • 高尿酸血症

有効成分:アロプリノール/Allopurinol 300mg

ご注文

アロプリノール(ザイロリック) 300mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
4,000
3,600(721錠あたり
108
カゴに入れる
100錠
8,000
6,480(641錠あたり
194
カゴに入れる

アロプリノール(ザイロリック)を使用したお客様の声

良い評価
りょういちさん(51歳)
リピート購入です。 年一くらいは激痛…泣 現在はその気配はありません。 なので効果はあると思います。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

アロプリノールの特徴
アロプリノールはSandoz社が開発した、痛風、高尿酸値の治療薬です。

ザイロリックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

アロプリノールの効果
主成分であるアロプリノールは、尿酸降下薬で、体内の尿酸を減らす効果があります。

ヒポキサンチンの構造異性体で、キサンチンオキシダーゼの阻害活性をすることにより、人体内でヒポキサンチンからキサンチンを経由し、尿酸を生産するのを抑え、血中や尿中の尿酸値を低下させます。

体内での尿酸の生産を抑え、高尿酸血症を改善することにより、痛風発作の発生を予防します。

高尿酸血症に対する尿酸をコントロールする薬は尿酸合成阻害を行うものと、尿酸排泄促進を行うものに分かれますが、アロプリノールは尿酸合成阻害に分類されます。

アロプリノールは体内に入ると即座にオキシプリノールへと代謝されます。

そして腎臓から排泄されるため、腎機能に応じた用量調節を行う必要があります。

アロプリノールの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

当サイトでは300mgの購入が可能です。

その他
高齢者高血圧患者において、アロプリノールを服用した方は、脳卒中・心筋梗塞・急性冠症候群などの心血管リスクの低下が認められたと言われています。

また、適応症ではありませんが、尿酸排泄亢進による低尿酸血症の治療にも用いられることがあります。

尿酸排泄亢進により尿酸尿路結石をきたすことがあるためです。

アロプリノールの関連ページ
痛風・高尿酸値の商品一覧
痛風・高尿酸値

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アロプリノール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
食後に服用してください。

服用量の目安
1日200~300mgを2~3回に分けて食後に服用します。

症状や年齢に応じて服用量を調節しながら服用してください。

当サイトで取り扱っているアロプリノールの用量は300mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

食事とアルコールの影響
食事の影響はほとんどありませんが、アルコールとの併用はしないでください。

アロプリノールを服用できない方
・アロプリノールの成分に対して過敏症の既往歴のある方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発疹、食欲不振、胃部不快感、全身倦怠感、脱毛などがあげられます。

肝疾患のある方、またはその既往歴のある方は慎重に服用を行ってください。

また、服用初期に尿酸の移動により、痛風発作の一時的な増強がある可能性があるため、服用中に痛風が増悪した場合は、コルヒチン、インドメタシンなどを併用してください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、アロプリノールと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・メルカプトプリン、アザチオプリン
骨髄抑制などの副作用が増強します

・ビダラビン
ビダラビンの作用を増強し、幻覚、振戦、神経障害などが発現したとの報告があるため、副作用の発現に注意してください。

・クマリン系抗凝血剤、ワルファリンカリウム
クマリン系凝血剤の作用を増強させるとの報告があります。

・クロルプロパミド
クロルプロパミドの作用を増強する恐れがあります。

これらの他にも併用注意があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ザイロリック

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • りょういちさん(51歳)
    リピート購入です。 年一くらいは激痛…泣 現在はその気配はありません。 なので効果はあると思います。
  • 本田さん(54歳)
    リピート購入です。 値段がまず安いです。 痛風予防として、お酒を飲む前には大変助かっています。 痛み始めの数日間の使用で、大事にならずに済んでいます。
  • なりまんさん(41歳)
    医者にこのままだと痛風になると言われ、予防の為に購入しました。 今のところ問題なく使えています。 来週の結果次第でまた注文するか決めてみます!
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ