アロプリノール(ザイロリック)
  • アロプリノール(ザイロリック)
  • アロプリノール(ザイロリック)
  • アロプリノール(ザイロリック)

アロプリノール(ザイロリック)

アロプリノールはザイロリックのジェネリック薬で、尿酸の産出を抑えて痛風による発作を予防したり、高尿酸血症の治療を行います。有効成分がプリン体から尿酸が生成されるために必要な酵素であるキサンチンオキシダーゼの働きを阻害し、血液中の尿酸の生成を抑えます。
  • 痛風
  • 高尿酸血症

有効成分:アロプリノール300mg

ご注文

アロプリノール(ザイロリック) 300mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
4,000
3,600(721錠あたり
108
カゴに入れる
100錠
8,000
6,480(641錠あたり
194
カゴに入れる

商品詳細

アロプリノール300mgはザイロリックのジェネリック薬で、尿酸の産出を抑えて痛風による発作を予防したり、高尿酸血症の治療を行います。
食事や飲酒などから体内に摂取されたプリン体はいくつかの代謝を経て尿酸となりますが、プリン体の過剰摂取などにより血液中の尿酸値が異常に高くなった状態を高尿酸血症と言います。
また、関節に溜まった尿酸は結晶化して激痛を伴う炎症を引き起こしますが、この状態が痛風です。
高尿酸血症はしばし痛風の原因となります。
有効成分でもあるアロプリノールは、プリン体から尿酸が生成されるために必要な酵素であるキサンチンオキシダーゼの働きを阻害し、血液中の尿酸の生成を抑えます。
このことからアロプリノールはキサンチンオキシダーゼ阻害薬とも呼ばれています。
アロプリノールは一般的には副作用が少ない薬で、世界中で痛風発作の予防や高尿酸血症の治療に長く用いられています。
吹いてきた風が当たるだけでも激痛が起こる、というのが痛風という日本語名の由来であるとも言われるように、痛風は大変つらい症状です。
ジェネリック薬ならではのリーズナブルな価格のアロプリノールは、ビールや魚卵など、普段からプリン体を多く摂取するような食生活を送っている方には予防の意味も込めて特にオススメ出来る商品です。
※他メーカー商品や成分の違う痛風・高尿酸値の商品一覧はコチラをご確認下さい。

服用方法・使用方法

通常、食後に1日の限度量を300mgとし2~3回に分けて水またはぬるま湯で服用して下さい。

副作用

発疹・じん麻疹・かゆみ・食欲不振・下痢などの報告を受けています。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい

併用禁止薬

持病やアレルギーをお持ちの方は、使用を禁止しております。
また他に治療を受けている方は、掛かりつけの医師にご相談下さい。

保管方法

高温多湿を避けて、涼しい場所で保管して下さい。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 本田さん(54歳)
    リピート購入です。 値段がまず安いです。 痛風予防として、お酒を飲む前には大変助かっています。 痛み始めの数日間の使用で、大事にならずに済んでいます。
  • なりまんさん(41歳)
    医者にこのままだと痛風になると言われ、予防の為に購入しました。 今のところ問題なく使えています。 来週の結果次第でまた注文するか決めてみます!
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ