プレマリン
  • プレマリン

プレマリン

更新日:
特徴
プレマリンはファイザー社が開発した女性ホルモン剤です。
錠剤とクリームがあり、錠剤タイプは体全体を改善し、白く丸形の錠剤が特徴です。
当サイトで取り扱っているプレマリンは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。

効果
プレマリンの主成分である結合型エストロゲンは、女性ホルモンを補うことで、ホルモンバランスを整え、更年期障害などの改善効果があります。

副作用
頻度は不明ですが、主な副作用には頭痛、めまい、腹痛、悪心などがあげられています。

成分量
日本国内においては0.625mgが処方されています。
当サイトでも0.625mg、28錠から購入可能です。
  • 更年期障害
  • 卵巣欠落症状
  • 卵巣機能不全症

有効成分:結合型エストロゲン/Conjugated Estrogens 0.625mg

ご注文

プレマリン 0.625mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
3,000
2,700(961錠あたり
81
カゴに入れる
56錠
6,000
5,130(911錠あたり
153
カゴに入れる
84錠
9,000
7,290(861錠あたり
218
カゴに入れる
112錠
12,000
9,180(811錠あたり
275
カゴに入れる
140錠
15,000
10,800(771錠あたり
324
カゴに入れる
280錠
30,000
18,900(671錠あたり
567
カゴに入れる

プレマリンを使用したお客様の声

良い評価
リンカさん(48歳)
市販のものよりも断然に効きます。 飲んでいた漢方が効かなくて諦めていたんですが、試しにホルモン剤を飲んだらだいぶ楽になりました。 身体的にも精神的にも落ち着きを取り戻しました。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

プレマリンの特徴
プレマリンはファイザー社が開発した女性ホルモン剤です。

錠剤とクリームがあり、錠剤タイプは体全体を改善し、白く丸形の錠剤が特徴です。

プレマリンの効果
プレマリンの主成分である結合型エストロゲンは、女性ホルモンを補うことで、ホルモンバランスを整え、更年期障害などの改善効果があります。

更年期障害は、女性の場合、卵巣機能低下によるエストロゲンの欠乏、エストラジオールの欠乏によりホルモンバランスが乱れ起こる症候群です。

更年期障害改善だけでなく不妊治療にも用いられており、自然な形で排卵や生理を起こすサポートをするとともに、月経前症候群による辛い症状を緩和する働きがあります。

卵巣欠落症状、卵巣機能不全、膣炎(老人、小児および非特異性)、機能性子宮出血に効果があり性の低下による、膣乾燥や不感症の方、尿(尿失禁など)にも効果があると言われています。

服用を続ける事で、骨粗鬆症予防にもなると言われています。

プレマリンの成分量
日本国内においては0.625mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでも0.625mg、28錠からの購入が可能です。

プレマリンの開発史
1940年に顔面紅潮および更年期の他の症状の治療薬として導入されました。

1972年に更年期症状に効果があり、おそらく骨粗しょう症に効果があることが判明し、その後1986年には骨粗しょう症の予防に効果があることがわかりました。

日本国内では1999年から処方されるようになり、世界では多くのジェネリック医薬品が販売されています。

その他
プレマリンは、古くから使用されている有名な女性ホルモン剤(卵胞ホルモン薬)で、幅広い女性症状の治療に用いられています。

膣乾燥や膣の炎症だけを治療したい方には、クリームをお薦めしています。

天然のホルモン剤ですので、安心してご使用頂けます。

プレマリンの関連ページ
更年期障害商品一覧
更年期障害

服用方法・使用方法

服用方法
1日1回、水かぬるま湯で服用してください。

服用量の目安
更年期症状など 
1日0.625gm~1.25mgを服用してください。

機能性子宮出血または膣炎 
1日0.625mg~3.75mgを服用してください。

年齢や症状などにより服用量は異なりますので、注意してください。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

プレマリンを服用できない方
・結合型エストロゲンとエストロゲンに対して過敏症の既往歴のある方

・乳がんの既往歴のある方

・血栓性静脈炎、肺塞栓症、またはその既往歴のある方

・重篤な肝障害のある方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
頻度は不明ですが、主な副作用は頭痛、めまい、腹痛、悪心、乳房痛、不正出血、嘔吐、食欲不振などがあげられます。

また、重篤な副作用としては血栓症があげられます。

血栓症の症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※血栓症とは?
血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞することです。血栓症は四肢、肺、心臓、脳、網膜などにあらわれることがあります。
下肢の急激な疼痛、腫脹、突然の息切れや胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力、麻痺、構語障害、急性視力障害などの症状があります。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、プレマリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・イプリフラボン
これらの薬の作用を増加させる恐れがあります。

・血糖降下剤
これらの薬は対糖能を低下させ、血糖を上昇させます。

・副腎皮質ホルモン
これらの薬の代謝を抑える恐れがあります。

参考サイト
商品詳細・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : プレマリン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • リンカさん(48歳)
    市販のものよりも断然に効きます。 飲んでいた漢方が効かなくて諦めていたんですが、試しにホルモン剤を飲んだらだいぶ楽になりました。 身体的にも精神的にも落ち着きを取り戻しました。
  • ふみえさん(42歳)
    更年期障害を抑えられるなら…何でも試したい! 届くまでちょっと時間がかかるけど…早くこれを使うのが楽しみ!更年期障害なんて私はなるはずがないって思ってたけど…。 いざなると本当に大変。汗が止まらないし…本当にきついです。
  • 振り向き不細工さん(36歳)
    ホルモンバランスを整えてくれる商品って以外に市販薬とかのだと全然効果ないっていうか売られてないんだよね。これほんと助かる。更年期予防にもなるみたいだから定期的に買ってます!
  • 芳美さん(32歳)
    友人がホルモン剤がとってもいいってことでこの薬を教えてくれました。 PMSがとってもひどかったののですが生理前でもとっても体調がよくなって気分の乱高下がなくなりました! 仕事もスムーズに行えています。
  • まみこさん(30歳)
    生理痛とかひどいし、肌荒れとか体重の増減も激しいし、このまま老けていくのが嫌なのでアンチエイジングにも効果のあるというこの薬にすごく興味が湧いて購入しました。 まさに運命的な出会いでした。私が気になっていた事全てが解決してしまったのですから。 ホルモンバランスの崩れって本当に様々な健康被害を及ぼすってことを知りました。 多くの人に知ってほしい薬だと思い書き込ませていただきました。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ