メドロール(プレドニゾロン)
  • メドロール(プレドニゾロン)

メドロール(プレドニゾロン)

特徴
メドロールはファイザー社が開発した白く菱形の錠剤が特徴なステロイド薬です。
当サイトが取り扱っているメドロールは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。

効果
メドロールの主成分であるメチルプレドニゾロンはアレルギー症状やリウマチ疾患、血液疾患などの効果が期待できます。

副作用
主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。

成分量
日本国内においては2mg・4mgが処方されています。
当サイトではメドロール8mg・16mgが購入可能です。
  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 関節リウマチ

有効成分:メチルプレドニゾロン/Methylprednisolone 8mg・16mg

ご注文

メドロール(プレドニゾロン) 8mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
14錠
2,000
1,900(1351錠あたり
57
カゴに入れる
28錠
4,000
3,420(1221錠あたり
102
カゴに入れる

メドロール(プレドニゾロン) 16mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
14錠
3,000
2,850(2031錠あたり
85
カゴに入れる
28錠
6,000
5,130(1831錠あたり
153
カゴに入れる

商品詳細

メドロールの特徴
メドロールはファイザー社が開発した白く菱形の錠剤が特徴なステロイド薬です。

メドロールは糖質コルチコイド作用(炎症を抑制し免疫を弱める)と鉱質コルチコイド作用(ナトリウムの吸収を促進し、血圧を上昇させる)という2種類の効果があるのが特徴です。

メドロールの効果
メドロールの主成分であるメチルプレドニゾロンはアレルギー症状やリウマチ疾患、血液疾患などの効果が期待できます。

メドロールの抗炎症作用は、身体に炎症を起こす要因の1つであるホスホリパーゼA2の働きを関節的に阻害する働きがあるほか、炎症を起こす化学物質のPGやアラキドン酸も関節的に抑制することで結果的に炎症の症状を改善することができます。

また、免疫機能を抑制することで、アトピー性皮膚炎の原因である、免疫機能が過剰に働きすぎることで起こるアレルギー反応を抑制することができます。

メドロールは中時間作用型のため、服用してから約半日もすれば効果が抜けるための無料を調整しやすいことや、弱いステロイド薬のため高血圧や心不全のリスクが高い方も服用しやすいステロイド薬です。

メドロールの成分量
日本国内において、2mg・4mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは8mg・16mgの購入が可能です。

その他
比較的に副作用が起こりにくいのと中時間作用型であることなどから、眼科耳鼻科皮膚科など病院でも処方されることが多いです。

メドロールの関連ページ
関節リウマチの商品一覧
関節リウマチ

筋肉痛・肩こりの商品一覧
筋肉痛・肩こり

アトピー性皮膚炎の商品一覧
アトピー性皮膚炎

気管支喘息の商品一覧
気管支喘息

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
メチルプレドニゾロン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用方法
1日4~48mgを1~4回に分けて服用してください。

決して2回分を1度に飲まないでください。

なお、年齢や症状により適宜増減します。

服用量の目安
症状によって適宜増減してください。

ステロイド薬共通の使用量の目安として、必要最低限の使用に留めるようにしてください。

また、服用する前に以下のことを確認してから服用するようにしてください。
1.メドロールの服用中に水ぼうそうやはしかに感染すると、命に関わる可能性があるため、服用前に予防接種を受けているかを確かめ、これらの病気の既住歴がない方は感染を予防するようにしましょう。もし感染が疑われる場合は、ただちに医療機関で受診するようにしましょう。

2.メドロールを連用した後に、服用を急に中止することで、離脱症状が起こる場合があるため、服用を中止する場合は徐々に服用量を減らすなどしましょう。

3.B型肝炎ウイルスキャリアの方がフテロイド薬を服用すると、メドロールを服用するとウイルスが増量し肝炎を発症する場合があります。

4.メドロールを長期的に、あるいは大量に服用している場合、服用中止から6ヶ月以内の方は免疫機能が低下している場合があります。そのため、生ワクチンを接種するとワクチンによる感染症を起こしてしまう場合があるので生ワクチンの摂取はしないようにしてください。

使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

推奨用量
通常、成人は1日1〜12錠(主成分として4〜48mg)を1〜4回に分けて服用することが推奨されていますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。

食事の影響
薬の血中濃度が一定するのが望ましいため、時間がほぼ一定で胃の中が空っぽでないという意味で朝食後と言う指示が出されることが多いですが、医師に相談してからご利用ください。

アルコールの影響
メドロールはアルコールとの相互作用は現在報告されていませんが、薬とアルコールを同時に摂取すると、アルコール類の吸収や代謝が影響することで、薬の効果が出すぎてしまう、もしくは効果が弱まる可能性があるので避けたほうが安全です。

メドロールを服用できない方
・メドロールの成分メチルプレドニゾロンに過敏症(アレルギー)の既往歴のある方

次のような方はメドロールを原則服用できませんが、治療上必要な場合のみ慎重に服用します。

・有効な治療薬が存在しない感染症、全身の真菌症の患者さん

・消化性潰瘍、憩室炎の患者さん

・精神病の患者さん

・結核性疾患の患者さん

・単純ヘルペス性角膜炎の患者さん

・後のう白内障の患者さん

・緑内障の患者さん

・高血圧症の患者さん

・電解質異常の患者さん

・血栓症の患者さん

・最近おこなったばかりの内臓の手術創のある患者さん

・急性心筋梗塞を起こした患者さん

※使用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。

頻度不明の重大な副作用として、誘発感染症、感染症の増悪、血栓症、腹痛などがあげられます。

ワクチン株(検体から分離したウイルスを人工的に培養したもの)の異常増殖や、毒性が復帰する可能性があります。

万が一、上記にあげた症状などが表れた場合は直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、メドロールと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

CYP3A4阻害薬
・エリスロマイシン
・イトリゾール
・フロリードD
・シナシッド
・マーベロン
・イメンド
など

抗凝血剤
・ワーファリン
など

非脱分極性筋弛緩剤
・ミオブロック
・マスキュラックス
など

非ステロイド性解熱鎮痛剤
・ロキソニン
・ボルタレン
など

カリウム排泄型利尿剤
・フルイトラン
・ヒドロクロロチアジド
・ラシックス
など

サリチル酸誘導体
・アスピリン
など

バルビツール酸誘導体
・フェノバール
・アレビアチン/ヒダントール
・リファジン
・テグレトール
など

糖尿病治療薬、インスリン製剤
・グルコバイ
・ヘキストラスチノン
など

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : メドロール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • さん(26歳)
    アトピーがひどくてよく医者にいって処方してもらってたんですが、通販でも購入できるとのことでメドロールを購入しました。効果はちゃんと効いて、家にいて購入ができるから便利ですね。とても助かります。 
  • 工藤さん(29歳)
    ずっとアトピー持ちです。 仕事が忙しくなり、病院で処方して貰うことができなくなり、購入してみました。 アトピーの痒みも結構抑えられるので、購入して良かったです。
  • ミッキーさん(42歳)
    整骨院へは定期的に通ってますが、腰痛で寝付きも凄く悪くなってしまいました。痛みが取れるだけで有難いと思い、メドロールをネットで見つけ、安くて簡単に注文が出来たので、注文しました。実際に届いて服用は始めてますが、なんだか痛みが和らいだ気がします。腰痛で悩んでる方にはオススメです。
  • ようださん(45歳)
    軽い副腎疲労にかかり疲れやすくなり、それ依頼メドロールを使用してますが、体調管理がしやすくなりました。
  • まるさん(38歳)
    幅広く使用する事ができるお薬なので、この薬を1つ持っている事で安心します。 私は腰痛持ち、旦那はアトピー、アレルギー持ちなので、 私は夫婦2人で使用しています。 値段も安いので、有難いです。助かります。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ