コスベートGクリーム
  • コスベートGクリーム

コスベートGクリーム

更新日:
特徴
コスベートGクリームはAdcock Ingram社が開発したステロイド作用と抗菌作用を併せ持った塗るステロイド薬です。
当サイトが取り扱っているコスベートGクリームは、Adcock Ingram社が製造・販売している正規品です。

効果
コスベートGクリームは2つの成分を配合しており、炎症抑制作用と免疫抑制作用、殺菌作用の働きがあるため、一般的なステロイド薬とは異なり、化膿してしまった皮膚症状の治療にも使用することができます。
また、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹などへの効果が期待できます。

副作用
主な副作用には、過敏症、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。

成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。
当サイトではクロベタゾールプロピオン酸エステル0.05%/ゲンタマイシン0.1%が購入可能です。
  • 【ステロイド強】湿疹
  • 皮膚炎全般
  • 痒疹群
  • 乾癬
  • 薬疹
  • 紅皮症
  • ケロイド

有効成分:クロベタゾールプロピオン酸エステル/Clobetasol Propionate 0.05%
     ゲンタマイシン/Gentamicin sulfate 0.1%

ご注文

コスベートGクリーム 20g

内容量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
1,500
1,420(1,4201本あたり
42
カゴに入れる
2本
3,000
2,550(1,2751本あたり
76
カゴに入れる
3本
4,500
3,400(1,1331本あたり
102
カゴに入れる

コスベートGクリームを使用したお客様の声

良い評価
しんちゃんさん(28歳)
取り合えず効き目はあるので満足しています。 ダラダラと使用するのは、よろしくはないと思いますが、 治ったらやめるを繰り返しています。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

コスベートGクリームの特徴
コスベートGクリーム(ベトネベートGMスキンクリーム)はAdcock Ingram社が開発した皮膚症状の治療や細菌や真菌(カビ)が感染した部分にも使用できるステロイド外用薬です。

コスベートGクリームの効果
コスベートGクリームの主成分には、炎症を抑えるステロイド成分のクロベタゾールプロピオン酸エステルと、抗生物質のゲンタマイシンの2種類を配合しています。

そのため、炎症抑制作用と殺菌作用、抗真菌成分の働きがあるため、一般的なステロイド薬とは異なり、化膿してしまった皮膚症状の治療にも使用することができます。

ステロイド薬は炎症を起こすアラキドン酸という脂肪酸の働きを弱める作用があり、またこのアラキドン酸の活動を結果的に弱めるリポコルチンを増やすことで抗炎症作用が発揮され、皮膚症状を改善します。

また、細菌が生きていくために必要なタンパク質を生成するリボソームという細菌がタンパク質を合成するのに必要な器官の働きを阻害します。

リボソームの働きが阻害されたことで、細菌がタンパク質が合成できなくなることで死滅します。

抗真菌成分のミコナゾールは、真菌が生きるうえで必要な細胞の膜を作っているエルゴコステロールという物質が合成されるのを阻害します。

コスベートGクリームが有する2つの成分の働きにより、炎症を抑えて皮膚に感染した細菌や真菌をまとめて取り除く働きが期待できます。

コスベートGクリームの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトではクロベタゾールプロピオン酸エステル0.05%/ゲンタマイシン0.1%の購入が可能です。

その他
コスベートGクリームは、第5群で分けられるステロイド剤の外用薬の強さでは第1群(Strongest)の強さとなります。

コスベートGクリームの関連ページ
アトピー性皮膚炎商品一覧
アトピー性皮膚炎

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
クロベタゾール - Wikipedia
医療用医薬品 : ゲンタマイシン硫酸塩

服用方法・使用方法

使用方法
1日2回を適量を患部に直接塗布してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に使用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

長期的に使用することで全身性の副作用や局所的な副作用が強く生じる恐れがあるため、症状が改善したら過度な使用は控えてください。

また、皮膚感染による皮膚炎や湿疹などには使用しないようにしてください。

使用量の目安
症状によって適切な用量に調整してください。

ステロイド薬共通の使用量の目安として、必要最低限の使用に留めるようにしてください。

使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

コスベートGクリームを使用できない方
・細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症および動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみなど)の方

・デルモベートクリームの成分クロベタゾールプロピオン酸エステルに過敏症(アレルギー)の既往歴のある方

・鼓膜に穿孔のある湿疹製外耳道炎の方

・潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷のある方

・妊婦・産婦

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、過敏症、皮膚萎縮などの皮膚症状、皮膚の感染症などがあげられます。

頻度不明の重大な副作用として、眼圧亢進、緑内障、後のう白内障などがあげられます。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
現在報告されておりません。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : クロベタゾールプロピオン酸エステル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・インド

口コミ・レビュー

  • しんちゃんさん(28歳)
    取り合えず効き目はあるので満足しています。 ダラダラと使用するのは、よろしくはないと思いますが、 治ったらやめるを繰り返しています。
  • さん(28歳)
    定期的に購入させて貰っている薬の1つです。 私は小さい頃からアトピー持ちです。 病院に通院していましたが、時間などの手間を考えたら、 通販で購入する方が楽ですし、値段も安いので助かります。 個人的な意見ですが、こちらの薬は私には効き目抜群です。 塗った感じもべた付き感もなく、使い心地もとてもいいです。
  • いぐちさん(44歳)
    強効果と聞きましたが私は普通・・・。粗悪品ではないし2~3回使う程度なら普段使ってるのを控えて使うのはいいと思います。ただ私も失敗しましたがストロイドの決まりで顔とか肌の薄い部分は絶対に塗らないほうが良いですね。不安なら控えた方がいい程度がgood
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ