トップグラフ軟膏(プロトピック)
  • トップグラフ軟膏(プロトピック)

トップグラフ軟膏(プロトピック)

トップグラフ軟膏は、タクロリムス水和物を有したアトピー性皮膚炎の治療薬です。 日本では、プロトピック軟膏という名前で広く知られているお薬です。 タクロリムスは、皮膚の免疫系の働きを低下させることで、皮膚の炎症が静めアトピー性皮膚炎の症状が改善します。 対症療法になりますので、原因そのものを治す事は出来ませんが、症状を抑える事で皮膚を良い状態に保ち、悪循環を断ちます。 ステロイドではありませんが、ステロイドの3群と同程度の効き目を持っています。
  • アトピー性皮膚炎

有効成分:タクロリムス水和物0.1%

ご注文

トップグラフ軟膏(プロトピック) 10g

内容量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
2,500
2,380(2,3801本あたり
71
カゴに入れる
2本
5,000
4,280(2,1401本あたり
128
カゴに入れる
3本
7,500
5,720(1,9061本あたり
171
カゴに入れる

商品詳細

トップグラフ軟膏(プロトピック)はタクロリムス水和物を有したアトピー性皮膚炎の治療薬です。
有効成分のタクロリムスは、もともと臓器移植後の拒絶反応を予防する薬として使用されてましたが、強力な免疫を抑制する作用を利用し、新たにアトピー性皮膚炎の薬として開発されたのが、このプロトピックです。
タクロリムスは、活性化したT細胞(Tリンパ球)の働きを強力に抑える事で、過剰に反応している免疫作用を抑える事により、皮膚の炎症が静まり皮膚の症状が改善されます。
ステロイド剤との違いは、皮膚の防御機能に悪影響がなく血管の拡張や皮膚萎縮、多毛などの副作用がありませんが、対症療法になるので病気の原因を治す事は出来なく症状を改善する事で、悪循環を防ぎ皮膚を良い状態にする薬です。
トップグラフ軟膏は、ステロイド剤ではありませんがステロイド剤の3群と同程度の効果を持ってます。皮膚が薄くステロイドを使いづらい、顔や首に多く使用されてます。
潰瘍や酷い傷口、粘膜や外陰部などへの使用は体内への吸収率が高くなり、原則禁忌となりますのでご注意下さい。

服用方法・使用方法

1日1~2回、患部に適量をトプして下さい。
1回あたりの最大塗布量は5gとして下さい。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

ほてり感、そう痒感、細菌性感染症、皮膚乾燥などの報告を受けています。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい

併用禁止薬

潰瘍、明らかに局面を形成している糜爛への使用はしないで下さい。
高度の腎障害、高度の高カリウム血症のある方は腎障害、高カリウム血症が増悪する可能性がありますので、使用しないで下さい。
魚鱗癬様紅皮症を呈する疾患(Netherton症候群等)の方は経皮吸収が高く、本剤の血中濃度が高くなり、腎障害等の副作用が発現する可能性がありますので、使用しないで下さい。
妊婦又は妊娠している可能性のある方、授乳中の方は使用しないで下さい。
小児等への使用は医師に相談の上で使用して下さい。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方は、使用しないで下さい。
PUVA療法等の紫外線療法を実施中の方は使用しないで下さい。

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管して下さい。

メーカー

発送国

香港・シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • さきさん(24歳)
    顔の皮膚が特に弱く、今まで皮膚科に通っていました。 痒みがあるので薬がなく荒れている時は、 赤みも酷く、爪を立てて痒みを我慢したりとても辛いです。 皮膚科へ行くのは時間も金額もかかるのでこちらの薬は手放せないです。 今の所こちらの薬で皮膚も落ち着いているので、無くなる前にまた購入します。
  • みこるんさん(40歳)
    息子がアトピーなんですが、痒みが出た時に塗ってあげると症状が治まります。寝てる時にかきむしっちゃったりする時も、寝る前に塗ってあげるとかきむしることはありません。とても重宝しています。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ