クレンブテロール(スピロテロール)
  • クレンブテロール(スピロテロール)

クレンブテロール(スピロテロール)

更新日:
特徴
スピロテロールはウエストコースト社が開発した気管支炎や気管支喘息の治療薬です。
日本でも処方されているスピロペントのジェネリック医薬品で、錠剤タイプが特徴です。

効果
スピロテロールの主成分であるクレンブテロール気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。
腹圧性尿失禁の治療にも用いられます。
また、筋肉の分解を抑える効果もあり、筋肉増強剤として服用する方もいます。

副作用
主な副作用は、発疹、そう痒、頭痛、しびれ感、興奮、不眠、めまい、眠気、血圧上昇、下痢などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは40mcgが購入可能です。
  • 筋肉増強
  • ステロイド
  • 気管支喘息
  • 肺気腫
  • 腹圧性尿失禁

有効成分:クレンブテロール/Clenbuterol 40mcg

ご注文

クレンブテロール(スピロテロール) 40mcg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
90錠
3,800
3,610(401錠あたり
108
カゴに入れる

クレンブテロール(スピロテロール)を使用したお客様の声

良い評価
筋肉めんさん(37歳)
筋肉を落とさずに脂肪を落とせる薬だということが分かり、即購入しました。 まだ使用し始めて1週間になるので、効果自体はまだ分かりませんが、 今後の期待を込めて星5つにして置きます。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

スピロテロールの特徴
スピロテロールはウエストコースト社が開発した気管支炎や気管支喘息の治療薬です。

日本でも処方されているスピロペントのジェネリック医薬品で、錠剤タイプが特徴です。

スピロテロールの効果
スピロテロールの主成分のクレンブテロールは、気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。

気管支喘息は気管支に炎症が起こり空気が通る道が狭まることによって引き起こされます。

気管支はβ2受容体という交感神経が刺激されることによって拡張します。

クレンブテロールはこのβ2受容体を刺激する効果があり、気管支を拡張して喘息の症状を緩和します。

β2受容体は膀胱にも存在し、刺激されることで筋肉が緩み、腹圧性尿失禁の改善にも効果があります。

クレンブテロールには筋肉の分解を抑える効果もあり、筋肉増強剤として服用する方もいます。

脂肪を分解する酵素の分泌を助け、筋肉量が減りづらくなるため、服用して運動を行うことで効率の良いダイエット効果が期待できます。

スピロテロールの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは40mcgの購入が可能です。

その他
現在は吸入ステロイド剤などを使用して喘息の症状を緩和させることが主流となっていますが、吸入剤だけでは症状が改善されなかったり、吸入剤の使用が難しい方にお薦めです。

スピロテロールの関連ページ
気管支喘息治療薬一覧
気管支喘息薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
クレンブテロール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
気管支喘息、気管支炎、肺気腫の場合、朝と就寝前

腹圧性尿失禁の場合、朝と夕方

服用量の目安
当サイトで取り扱っているスピロテロールの用量は40mcgでが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

1回20mcgを1日2回服用してください。

しかし、年齢や症状によって適宜増減してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
成人には1回20mcgを1日2回経口投与することが推奨されています。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

服用の注意
・甲状腺機能亢進症の方は症状が悪化する恐れがあります。

・高血圧の方は症状が悪化する恐れがあります。

・心疾患のある方は動悸や不整脈が生じる恐れがあります。

・糖尿病の方は症状が悪化する恐れがあります。

・高齢の方は生理機能が低下しているため減量して服用してください。

スピロテロールを服用できない方
・クレンブテロールに対し過敏症の既往歴のある方

・下部尿路が閉塞している方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・4歳以下の乳児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発疹、そう痒、頭痛、しびれ感、興奮、不眠、めまい、眠気、血圧上昇、下痢などがあげられます。

頻度不明な重篤な副作用として、低カリウム血症などの症状が現れる恐れがあります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、スピロテロールと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・カテコールアミン製剤、アドレナリン、イソプロテレノールなど
不整脈や心停止を引き起こす恐れがあります。

・利尿剤、フロセミド、ステロイド剤、キサンチン誘導体、アミノフィリン水和物、ベタメタゾンなど
低カリウム血症による不整脈を引き起こす恐れがあります。

参考サイト
商品のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : スピロペント

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • よっちゃんさん(35歳)
    ジムに通いはじめてこういった商品を色々試しています。 まだ使用していませんが、プロテインのたぐいが苦手な自分には錠剤のほうが合います。
  • 筋肉めんさん(37歳)
    筋肉を落とさずに脂肪を落とせる薬だということが分かり、即購入しました。 まだ使用し始めて1週間になるので、効果自体はまだ分かりませんが、 今後の期待を込めて星5つにして置きます。
  • 太郎ちゃんさん(36歳)
    体脂肪を燃焼させる目的で購入しました。 やはり食事制限、運動も取り入れないと痩せる事は出来ませんね。 筋量は減らしたくない、体脂肪だけ減らしたい為に、この商品を購入した感じです。 段々と脂肪が燃える気がします。 特に運動後の吸収を整える間は、継続的に体が燃えているのが続く感じでしょうか。 即効性はない為、じわじわ効いてくる感じです。
  • ちーちゃんママさん(34歳)
    喘息の発作が起きた時に飲んでいます。毎日飲んでる薬もありますが、突発的な発作だと、クレンブテロールの方が早く効く感じです。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ