クレンブテロール(スピロテロール)
  • クレンブテロール(スピロテロール)

クレンブテロール(スピロテロール)

ウエストコースト社が製造開発しているスピロテロールは、有効成分クレンブテロール塩酸塩を有した気管支喘息の薬でスピロペントのジェネリック医薬品です。 この薬は、アドレナリンβ2受容体に作用し喘息や気管支炎、肺気腫、腹圧性尿失禁の治療に用いられています。 近年では、アドレナリンβ2受容体を活性化させる効果から、身体を脂肪燃焼させやすい環境にし、カタボリック作用を抑制する高い効果に注目され、ボディビルの世界では減量目的で使用されることが多くなりました。 アナボリック効果がありますが、非ステロイド薬になります。
  • 筋肉増強
  • ステロイド
  • 気管支喘息
  • 肺気腫
  • 腹圧性尿失禁

有効成分:クレンブテロール塩酸塩40mcg

ご注文

クレンブテロール(スピロテロール) 40mcg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
90錠
3,800
3,610(401錠あたり
108
カゴに入れる

商品詳細

スピロペントはウエストコースト社が製造開発しているクレンブテロール塩酸塩を有した気管支喘息の薬です。
この薬はアドレナリンのβ2受容体に作用し、喘息や気管支炎、肺気腫、腹圧性尿失禁の治療に用いられ、気管を広げて呼吸を楽にし、尿道の筋肉を収縮させる効果があります。
また、クレンブテロールがβ2受容体を刺激し活性化させる作用が、身体の脂肪を燃焼させやすく作用を持ち、カタボリック作用(筋肉がエネルギーとして分解される現象)を抑制する高い効果とアナボリック効果があることから、筋肉量を維持しながら、脂肪を落とす事が出来る事でボディビルの世界では減量を目的とした際に多く用いられています。
最速で理想の体を作りたい場合はオキシポロンで筋肉を増やし、スピロペントで身体を絞るのがポピュラーです。
アスリートの方は、非ステロイド薬になりますがβ作用薬はドーピング検査にて違法ですのでご注意下さい。
副作用が少なく、安全に使える薬ですので、筋肉を落とさずに減量をしたい方におススメです。
※その他メーカーや成分の異なるステロイドはコチラからご確認下さい。
※その他ステロイドを含まない筋肉増強作用のあるプロテインはコチラからご確認下さい。

服用方法・使用方法

下記疾患の気道閉塞性障害に基づく呼吸困難など諸症状の緩解
【気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎】
1回20Mcg(0.5錠)を1日2回朝と就寝前に服用して下さい。

【腹圧性尿失禁】
1回20Mcg(0.5錠)を1日2回朝と就寝前に服用して下さい。

【筋肉肥大と脂肪減少】
1日40Mcgを服用して2週間連続して服用し、2週間休むのサイクルを行って下さい。
合計6~8週までとなります。

副作用が重かったり、効き目が強すぎる場合はピルカッター などで半分にして服用して下さい。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

振戦、発疹、筋痙直、動悸、嘔気などの報告をうけています。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい

併用禁止薬

下部尿路が閉塞している方は下部尿路の閉塞を増悪させるおそれがありますので使用しないで下さい。
本剤に対して過敏症の既往歴のある方は使用しないで下さい。

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管して下さい。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 太郎ちゃんさん(36歳)
    体脂肪を燃焼させる目的で購入しました。 やはり食事制限、運動も取り入れないと痩せる事は出来ませんね。 筋量は減らしたくない、体脂肪だけ減らしたい為に、この商品を購入した感じです。 段々と脂肪が燃える気がします。 特に運動後の吸収を整える間は、継続的に体が燃えているのが続く感じでしょうか。 即効性はない為、じわじわ効いてくる感じです。
  • ちーちゃんママさん(34歳)
    喘息の発作が起きた時に飲んでいます。毎日飲んでる薬もありますが、突発的な発作だと、クレンブテロールの方が早く効く感じです。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ