チバセン・ジェネリック
  • チバセン・ジェネリック
  • チバセン・ジェネリック
  • チバセン・ジェネリック

チバセン・ジェネリック

更新日:
特徴
チバセンジェネリックはSandoz社が開発した、高血圧症の治療薬です。
チバセンのジェネリック医薬品で、黄色い丸形の錠剤が特徴です。

効果
チバセンジェネリックの主成分であるベナゼプリルは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。
これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。

副作用
主な副作用には、めまい、頭痛、咳、ALT上昇などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは5mg/10mgが購入可能です。
  • 高血圧症

有効成分:ベナゼプリル塩酸塩/Benazepril Hydrochloride 5mg・10mg

ご注文

チバセン・ジェネリック 5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
2,000
1,900(671錠あたり
57
カゴに入れる
56錠
4,000
3,420(611錠あたり
102
カゴに入れる

チバセン・ジェネリック 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
14錠
2,000
1,900(1351錠あたり
57
カゴに入れる
28錠
4,000
3,420(1221錠あたり
102
カゴに入れる

商品詳細

チバセンジェネリックの特徴
チバセンジェネリックはSandoz社が開発した、高血圧症の治療薬です。

チバセンのジェネリック医薬品で、黄色い丸形の錠剤が特徴です。

チバセンジェネリックの効果
チバセンジェネリックの主成分であるベナゼプリルは、アンジオテンシン変換酵素阻害薬と呼ばれる降圧薬です。

血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があり、これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。

アンジオテンシンⅡは、アンジオテンシンⅠが変換酵素によりⅡへと変換され受容体と結合し、心臓、血管、副腎へと作用します。

チバセンジェネリックは主に高血圧症の治療に用いられていますが、心臓病、腎臓病にも有効だと言われています。

高血圧を抑え、血圧を適切に保つことにより、脳卒中や心臓病、腎臓病の予防にも繋がります。

チバセンジェネリックの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは、5mg/10mgの購入が可能です。

その他
ACE阻害薬で、効き目がよく安全性も高いため、高血圧症の治療の第一選択薬として処方されています。

特に心不全や糖尿病のある方に向いています。

チバセンジェネリックの関連ページ
高血圧・狭心症の商品一覧
高血圧・狭心症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ベナゼプリル - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
1日1回、5~10mgを服用します。

年齢、症状に応じて調節しますが、重症高血圧症または腎障害を伴う高血圧症の方は2.5mgから服用開始することが望ましいと言われています。

当サイトで取り扱っているベナゼプリルの用量は5mg/10mgの2つですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

食事とアルコールの影響
ほとんど影響はありません。

チバセンジェネリックを服用できない方
・ベナゼプリルの成分に対して過敏症の既往歴のある方

・血管浮腫の既往歴のある方

・デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコールまたはポリエチレンテレフタレートを用いいた吸着器によるアフェレーシスを施行中の方

・アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜を用いた血液透析施行中の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・アリスキレンを服用中の糖尿病の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、めまい、頭痛、咳、ALT上昇などがあげられます。

重大な副作用ですと、頻度は不明ですが血管浮腫、高カリウム血症、肝炎、肝機能障害などがあげられます。

血管浮腫は、顔面、口唇、咽頭、下の腫脹などに症状としてあらわれることがあるため観察を十分に行い、異常を感じた場合はすぐに服用を中止してください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、チバセンジェネリックと相性が悪く一緒に飲み合わせすることができないお薬です。

・デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコール等
ショックを起こすことがあります。

・アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜を用いた血液透析
アナフィラキシーを発現することがあります。

これらの他にも併用禁忌があるため、参考サイトをご確認ください。

併用注意
併用注意薬は、チバセンジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・アリスキレン、アンジオテンシン変換酵素阻害剤
腎機能障害、高カリウム血症および低血圧を起こす恐れがあります。

・カリウム保持性利尿剤(ドロスピレノン、エチニルエストラジオール等)
血清カリウム値が上昇することがあるため、血清カリウム濃度に注意が必要です。

・非ステロイド性消炎鎮痛剤、インドメタシンなど
バルサルタンの降圧作用が減弱することがあります。

・カリジノゲナーゼ製剤
併用により、過度の血圧低下が引き起こされる可能性があります。

・リチウム製剤、炭酸リチウム
血中リチウム濃度が上昇し、リチウム中毒を起こすとの報告があります。

これらの他にも併用注意があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : チバセン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • リリコさん(50歳)
    高血圧の薬をずっと飲んでいました。今でも飲まないと血圧が上がってしまうので、手放せなくなってます。値段も抑えて使えるのでこれからも継続購入していきます。
  • 成田さん(48歳)
    血圧が高いという検査結果がでてしまったので、購入しました。 再度検査でいい結果がでればいいなと思っています。 10mgを購入して半分に割って、私は飲んでいます。
  • ゆうしさん(48歳)
    高血圧の私は薬を手放す事ができません。 チバセンは本当に血圧が下がります。 心臓への負担も軽くなる感じがあります。 高血圧の悩みを抱えている方には、最もお手頃な薬ではないんでしょうか? ずっと付き合っていかなければならない病気なので、少しでも値段が安いと有難いです。 これからも利用したいと思います。
  • 夏帆子さん(54歳)
    血圧を下げる為に使用していましたが、思った以上に効き目があり驚いています。 飲み始めの頃は、副作用でふらつき、目まいなどがありましたが、 ここ最近はそういった副作用もなく、安心して飲む事ができています。 高血圧の方は多少副作用あっても、効き目を得る事の方が満足だと思います。
  • スミレさん(51歳)
    食事療法で血圧が下がらなければ、チバセンを服用しようと思い、 取り合えず常備薬として購入してありました。 やはり食事療法だけでは、血圧があまり下がらず、チバセンを服用しています。 血圧も普通の方の標準値まで下がり、定期的な検査も行かず、 3ヶ月に1度病院に行き、診察して貰っています。 無駄にかかっていた病院の費用も無くなり、 薬の値段自体も通販の方が断然安いので、有難いです。 このまま服用し続けていきたいと思っているので、これからも愛用させて頂きます。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ