フェブリク
  • フェブリク

フェブリク

更新日:
特徴
フェブリクはサンファーマ社が開発した、痛風、高尿酸血症の治療薬です。
フェブリク錠のジェネリック医薬品で、黄色い丸形の錠剤が特徴です。

効果
フェブリクの主成分であるフェブキソスタットは、尿酸降下薬で、尿酸の生合成を抑え体内や尿中の尿酸を減らす効果があります。
そのため、尿酸生産過剰型の人や、尿路結石を合併している方にも向いています。

副作用
主な副作用には、関節痛、四肢不快感、下痢、倦怠感などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは40mg/80mgが購入可能です。
  • 痛風
  • 高尿酸血症

有効成分:フェブキソスタット/Febuxostat 40mg・80mg

ご注文

フェブリク 40mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
6,000
5,400(541錠あたり
162
カゴに入れる

フェブリク 80mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
4,500
4,280(851錠あたり
128
カゴに入れる
100錠
9,000
7,700(771錠あたり
231
カゴに入れる

商品詳細

フェブリクの特徴
フェブリクはサンファーマ社が開発した、痛風、高尿酸血症の治療薬です。

フェブリク錠のジェネリック医薬品で、黄色い丸形の錠剤が特徴です。

フェブリクの効果
フェブリクの主成分であるフェブキソスタットは、尿酸降下薬で、体内の尿酸を減らす効果があります。

ヒポキサンチンの構造異性体で、キサンチンオキシダーゼの阻害活性をすることにより、人体内でヒポキサンチンからキサンチンを経由し、尿酸を生産するのを抑え、血中や尿中の尿酸値を低下させます。

体内での尿酸の生産を抑え、高尿酸血症を改善することにより、痛風発作の発生を予防します。

痛風関節炎は、体内の尿酸量が増える事で発症する高尿酸血症で、血液中の溶けきれない尿酸が結晶となり、その結晶が関節に沈着する事で激しい痛みが生じる発作症状が現れます。

フェブキソスタットは、尿酸降下薬のうち尿酸生成抑制薬に分類され、高尿酸血症のうち尿酸産生過剰型の方に向いています。

フェブリクの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

当サイトでは40mg/80mgの購入が可能です。

その他
フェブキソスタットは、先行薬であるアロプリノールとの比較臨床試験の結果、アロプリノールよりも強い尿酸値低下作用を示すとの結果があります。

しかし、痛風発作と痛風結節面積に対する抑制作用は同程度です。

フェブリクの関連ページ
痛風・高尿酸値の商品一覧
痛風・高尿酸値

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
フェブキソスタット - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
食後に服用してください。

服用量の目安
1日1回、10mgから服用を開始してください。

その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量します。

維持料は1日1回、40mgで状態に応じて調節しますが、1日60mgを超えない範囲で調節を行ってください。

当サイトで取り扱っているフェブリクの用量は40mg/80mgの2つがありますが、40mg/80mgをピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

食事とアルコールの影響
食事の影響はほとんどありませんが、アルコールとの併用はしないでください。

フェブリクを服用できない方
・フェブキソスタットの成分に対して過敏症の既往歴のある方

・メルカプトプリン水和物または、アザチオプリンを服用中の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、関節痛、四肢不快感、下痢、倦怠感などがあげられます。

重度の腎機能障害のある方、肝機能障害のある方、またはその既往歴のある方は慎重に服用を行ってください。

フェブリクは尿酸降下薬であり、痛風関節炎を発症している時に服用すると痛風関節炎を憎悪させる恐れがあります。

痛風関節炎の症状が見られる場合は、症状が収まるまで服用を開始しないでください。

また、服用中に痛風関節炎が発現した場合には、フェブリクの用量を変更することなく服用を継続し、症状によりコルヒチン、非ステロイド性抗炎症薬、副腎皮質ステロイドなどを併用してください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、フェブリクと相性が悪く一緒に飲み合わせすることができないお薬です。

・メルカプトプリン水和物、アザチオプリン
骨髄抑制などの副作用を増強する可能性があります。

併用注意
併用注意薬は、フェブリクと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ビダラビン
幻覚、振戦、神経障害などのビダラビンの副作用を増強する可能性があります。

・ジダノシン
ジダノシンの血中濃度が上昇する可能性があります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : フェブリク

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • 幾三さん(62歳)
    痛風に効くと効き、毎月こちらの商品を購入しております。 住んでいるところから、医者までは遠いのでとても助かります。
  • 中居さん(49歳)
    痛風予防で購入しています。 半錠を間接が痛くなった時飲み、尿酸値が下がったかは検査してませんが、痛みが無くなりました。 効いたのかも? まだ2回~3回しか飲んでいませんが、最後1錠まるまる飲んだら、 副作用で吐き気、頭痛がしました。 量は守らないといけませんね。
  • かずさん(48歳)
    1番悪い時期に尿酸値が、12.0を超えるくらいの重症でしたが、 フェブタズを飲んで6ヶ月後の健康診断を受けた所、 標準値の7.0を下回る6.9という数値が出ました。 服用し始めの頃に痛風の発作が1度起き、その間手の先の痛み、足先の痛みの症状が出ました。 今は何の問題もなく過ごす事ができています。 フェブタズを通販で購入して正解でした。 地獄のような痛みは、もう2度と経験したくないので、この薬にはホントに感謝しています。 これからも愛用させて貰います。
  • ゆうたさん(41歳)
    高尿酸値血症で病院からこの薬を処方されていました。 仕事に追われて中々通院できなく、しかも費用が高く困っていた所、 こちらの薬を知って、服用するようになりました。 病院には、血液検査、経過観察の為に、6ヶ月に1回の割合で通院しています。 毎月通院していた事を考えると、とても楽です。 とても楽になりました。 これからも続けて服用していきます。
  • 竜馬さん(35歳)
    30代で痛風を発症するとは思いもしませんでした。 私の勝手なイメージですが、痛風は40代~50代の方がなる物だと思っていました。 6ヶ月間ほど服用し、結果尿酸値が9.0~7.2に下がりました。 今までの食生活ではなく、多少気を使っています。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ