パリエット
  • パリエット

パリエット

更新日:
特徴
パリエットはエーザイ社が開発した、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎の治療薬です。
当サイトで取り扱っているパリエットは、エーザイ社が製造・販売している正規品です。

効果
パリエットの主成分であるラベプラゾールは、胃酸の分泌を抑える作用があります。
胃酸を抑えることにより胃炎や潰瘍の治りが良くなり痛みをやわらげる効果もあります。
また、さまざまな胃病変の原因菌であるヘリコバクターピロリの除菌を行います。

副作用
主な副作用には、便秘、下痢、軟便、めまいなどがあげられます。

成分
日本国内においては5mg/10mg/20mgが処方されています。
当サイトでは20mgが購入可能です。
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎

有効成分:ラベプラゾールナトリウム/Rabeprazole Sodium 20mg

ご注文

パリエット 20mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
2,500
2,250(801錠あたり
67
カゴに入れる
56錠
5,000
4,050(721錠あたり
121
カゴに入れる

パリエットを使用したお客様の声

良い評価
田村さん(39歳)
胃がキリキリすることがあって購入しました。前に逆流性食道炎になったことがあってそれ以降ずっとそんな感じでした。病院に行く手間もはぶけて助かってます。初めて購入しましたが、自分には薬の効果が効いてくれているのでこれからの購入していこうと思います。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

パリエットの特徴
パリエットはエーザイ社が開発した、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎の治療薬です。

胃酸を抑える薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。

パリエットの効果
パリエットの主成分であるラベプラゾールは、プロトンポンプ阻害薬に分類され、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に第一選択されることの多い薬です。

ラベプラゾールは、プロドラックであり酸分泌細胞の酸性領域で活性体となり、プロトンポンプの活性を阻害することで胃酸の分泌を抑えます。

また、さまざまな胃病変の原因菌であるヘリコバクターピロリの除菌を行います。

この場合、他の2種類の抗生物質と併用することで、パリエットで胃酸を少なくし、胃内での抗生物質の効き目がよくなり、除菌成功率が高まります。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎が適応症です。

胃潰瘍や急性胃炎は胃酸の分泌が多くなり胃壁を傷つけてしまうことで、痛みや炎症を起こします。

ラベプラゾールは胃酸の分泌を抑えるとともに、消化酵素の分泌も抑えるため、胃酸が逆流することで引き起こされる逆流性食道炎の改善にも効果があります。

パリエットの成分量
日本国内においては、5mg/10mg/20mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは20mgの購入が可能です。

その他
ラベプラゾールは、臨床試験で胃潰瘍の治癒率95.2%、十二指腸潰瘍の場合で98.1%、逆流性食道炎の場合で90.9%と高い治癒率が得られています。

臨床的に十分な有効性が認められているお薬です。

パリエットの関連ページ
胃炎・肝臓病の商品一覧
胃炎・肝臓病

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ラベプラゾール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
食前に服用してください。

服用量の目安
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍の場合、1回10mgを1日1回服用します。

病状により1回20mgを1日1回服用することができます。

なお、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの服用にしてください。

逆流性食道炎の場合、1回10mgを1日1回服用します。

病状により1回20mgを1日1回服用することができます。

なお逆流性食道炎の場合は8週間までの服用にしてください。

当サイトで取り扱っているラベプラゾールは20mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで半分量として服用することができます。

食事とアルコールの影響
食後に服用すると、成分の吸収率が悪くなり、効果が出るまでの時間が遅くなります。

パリエットを服用できない方
・ラベプラゾールの成分に対して過敏症の既往歴のある方

・アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を服用中の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、便秘、下痢、軟便、めまいなどがあげられます。

重大な副作用ですと、ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症、間質性肺炎などがあげられます。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、パリエットと相性が悪く一緒に飲み合わせすることができないお薬です。

・アタザナビル硫酸塩
アタザナビルの作用が減弱する恐れがあります。

・リルピビリン塩酸塩
リルピビリン塩酸塩の作用を減弱する恐れがあります。

併用注意
併用注意薬は、パリエットと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ジゴキシン、メチルジゴキシン
相手薬剤の血中濃度が上昇することがあります。

・イトラコナゾール、ゲフィチニブ
相手薬剤の血中濃度が低下する恐れがあります。

・水酸化アルミニウムゲル・水酸化マグネシウム含有の制酸剤
パリエットの単独服用に比べ制酸剤同時服用、制酸剤服用1時間後服用で、平均血漿中濃度曲線下面積がそれぞれ8%、6%低下したとの報告があります。

・メトトレキサート
メトトレキサートの血中濃度が上昇することがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書を参考にしています。
医療用医薬品 : パリエット

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • 田村さん(39歳)
    胃がキリキリすることがあって購入しました。前に逆流性食道炎になったことがあってそれ以降ずっとそんな感じでした。病院に行く手間もはぶけて助かってます。初めて購入しましたが、自分には薬の効果が効いてくれているのでこれからの購入していこうと思います。
  • NAOさん(37歳)
    逆流性食道炎で服用しています。 いつも注文している薬ではなく、今回はパリエットを購入してみました。 効果は今まで服用していた物と何も変わりません。 安定の効果があります。 もう少し効くと期待していたのですが残念です。
  • ゆかさん(39歳)
    逆流性食道炎と診断され、結構前から病院で薬を処方されてました。 病院に行く前も時間が掛かるし、病院に行ってからも待ち時間が長く、 時間ももったいないなっと思い、今回初めて通販を利用して薬を購入させて貰いました。 通販の方が多少値段も安く、とても良く効きます。 就寝する前に必ず1錠服用しています。
  • 一喜さん(46歳)
    役流性食道炎ですが、病院でパリエットを処方して貰っていました。 ですが最近仕事が忙しく、病院に行く時間も取れず、 通販で病院で処方して貰っていた薬を購入する事ができるので助かっています。 胃のむかつき、もたれ感が和らぎます。
  • 陽平さん(44歳)
    逆流性食道炎があり、度々胃部不快感、吐き気に襲われ、 その度に病院でパリエットを処方して貰っていましたが、 さすがに病院に行くのが面倒…。 と言う事でネットで調べてみたら、お薬なびさんに辿り着く、 病院で処方されていた薬を見つけ、購入させて貰いました。 私の場合吐き気を感じるようになってパリエットを服用すると、 大体3日くらいで状態は良くなります。 実際に病院で処方して貰うより、通販で購入する方が安く済むので、 これからも購入させて貰います。 効果も全く同じなので、安心して服用する事ができるので助かります。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ