ザンタック・ジェネリック
  • ザンタック・ジェネリック

ザンタック・ジェネリック

更新日:
特徴
ザンタックジェネリックは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、急性胃炎、慢性胃炎などの治療薬です。
ザンタックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
ザンタックジェネリックの主成分であるラニチジンは、胃酸の分泌を抑える作用があります。
胃酸を抑えることにより胃炎や潰瘍の治りが良くなり、痛みをやわらげる効果もあります。

副作用
主な副作用には、便秘、下痢、発疹、めまいなどがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは150mgが購入可能です。
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 急性胃炎

有効成分:ラニチジン塩酸塩/Ranitidine Hydrochloride 150mg

ご注文

ザンタック・ジェネリック 150mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
60錠
2,400
2,160(361錠あたり
64
カゴに入れる
120錠
4,800
3,880(321錠あたり
116
カゴに入れる

ザンタック・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
つっちーさん(39歳)
逆流性食道炎で定期的に購入して、常備しています。 病院に通っていた時に処方されていた薬と同じなので、 価格の方も病院に通っていた時よりも安く多くいてとても助かっています。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ザンタックジェネリックの特徴
ザンタックジェネリックは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、急性胃炎、慢性胃炎などの治療薬です。

ザンタックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

ザンタックジェネリックの効果
ザンタックジェネリックの主成分であるラニチジンは、ヒスタミン受容体拮抗薬に分類され、胃潰瘍の治癒率の高い医薬品です。

胃粘膜のヒスタミン受容体を遮断し、胃酸の分泌を抑えます。

また、消化酵素であるペプシンの分泌も抑えるため、痛みや炎症やわらげる効果があります。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血、逆流性食道炎、急性胃炎、慢性胃炎などが適応症です。

胃潰瘍や急性胃炎は胃酸の分泌が多くなり胃壁を傷つけてしますことで、痛みや炎症を起こします。

ラニチジンは胃酸の分泌を抑えるとともに、消化酵素の分泌も抑えるため、胃酸が逆流することで引き起こされる逆流性食道炎の改善にも効果があります。

潰瘍などによる胃の痛みは症状が一時的に治まっても再発する可能性が高いため、痛みがなくなった後も再発予防として長期的に服用し続ける必要がある場合もあります。

ザンタックジェネリックの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは150mgの購入が可能です。

その他
ラニチジンは1981年から販売され、1987年には処方薬として世界最大の売上を達成したお薬です。

副作用が少なく、治癒率が高いことが人気の理由です。

ザンタックジェネリックの関連ページ
胃炎・肝臓病の商品一覧
胃炎・肝臓病

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ラニチジン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
朝食後、就寝前に服用してください。

服用量の目安
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血、逆流性食道炎の場合、1回150mgを1日2回服用します。

また、1回300mgを1日1回服用することもできます。

なお、年齢、症状により調節をして服用を行ってください。

急性胃炎、慢性胃炎の憎悪期場合、1回75mgを1日2回服用します。

1回150mgを1日1回服用することもできます。

食事とアルコールの影響
朝食後に服用する場合は食後、30分~1時間以内に服用するようにしてください。

ザンタックジェネリックを服用できない方
・ラニチジンの成分に対して過敏症の既往歴のある方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、便秘、下痢、発疹、めまいなどがあげられます。

重大な副作用ですと、ショック、アナフィラキシー、再生不良性貧血、肝機能障害などがあげられます。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ザンタックジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・クマリン系抗凝血剤、ワルファリンカリウム
これらの薬剤のプロトロンビン時間に変動をきたしたとの報告があります。

・トリアゾラム
トリアゾラムの吸収が増大する可能性があるため、異常が認められた場合には服用量の調節や、服用中止などの処置を行ってください。

・アタザナビル、ゲフィチニブ
これらの薬剤の吸収が低下する可能性があるため、異常が認められた場合には服用量の調節や、服用中止などの処置を行ってください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書を参考にしています。
医療用医薬品 : ザンタック

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • つっちーさん(39歳)
    逆流性食道炎で定期的に購入して、常備しています。 病院に通っていた時に処方されていた薬と同じなので、 価格の方も病院に通っていた時よりも安く多くいてとても助かっています。
  • きょーこさん(29歳)
    私は偏頭痛持ちでよく鎮痛剤を飲む事がありますが、 薬の成分が強く、胃が痛く、荒れてしまい、結局辛い思いをしていました。泣 市販の胃薬と一緒に服用していましたが、そこまで改善されず…。 ザンタックを購入して飲むようになり、痛み、荒れがなくなりました。 ザンタックを購入してホントに良かったです。 何より値段が安いので、経済的にも負担だ少なく、助かります。 これからも愛用させて頂きます。
  • トムさん(40歳)
    値段がとても安かったので、試しに購入させて貰ったのがきっかけで、 何度もリピート購入させて貰っています。 私はこれまで色々な薬を試しに服用してきましたが、 私の身体の体質的に、この薬が1番効き目があるように感じます。
  • 恵介さん(35歳)
    小さい頃から胃が弱く、強い薬を服用した際は、 必ず胃が荒れてしまい、痛くなります。 大人になってからも胃が強くなる訳ではなく、薬を飲むのが嫌で嫌で仕方ないです。 なのでいっつも市販の胃薬と一緒に服用していましたが、 あまり痛み、荒れが改善されず、苦しんでいました。 そんな時に薬なびさんで薬を見ていたら、ザンタックに出会い、試しに購入した感じです。 確かにこの薬と一緒に服用する事で、今まで改善されなかった事が、 直ぐに改善され、この薬に早く出会いたかったなぁ~と思い、 いっつも持ち歩くようにしている薬の1つです。 これからも愛用させて頂きます。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ