リピトール・ジェネリック
  • リピトール・ジェネリック
  • リピトール・ジェネリック

リピトール・ジェネリック

更新日:
特徴
アトルリップはシプラ社が開発した脂質異常症の治療薬です。
日本でも処方されているリピトールのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。

効果
アトルリップの主成分であるアトルバスタチンは体内でコレステロールの生成を阻害し、脂質異常症の治療と予防に効果があります。

副作用
主な副作用は、発疹、そう痒症、発赤、皮膚乾燥、肝臓機能障害、消化器障害、筋骨格系障害、めまい、頭痛などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは5mg/10mg/20mgが購入可能です。
  • 脂質異常症

有効成分:アトルバスタチン/Atorvastatin 5mg・10mg・20mg

ご注文

リピトール・ジェネリック 5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
2,000
1,800(601錠あたり
54
カゴに入れる
60錠
4,000
3,240(541錠あたり
97
カゴに入れる

リピトール・ジェネリック 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
3,000
2,700(901錠あたり
81
カゴに入れる
60錠
6,000
4,860(811錠あたり
145
カゴに入れる

リピトール・ジェネリック 20mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
4,000
3,600(1201錠あたり
108
カゴに入れる
60錠
8,000
6,480(1081錠あたり
194
カゴに入れる

リピトール・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
コロッケさん(38歳)
今年の健康診断で要注意と言われてしまいました。揚げ物とか脂っこいものが好きなんですよ。酒は飲まないんですけど、米も好きで毎日バクバク食べてます。さすがに要注意と言われたら気になるので、試しにコレ飲んでいます。これで少しは改善して欲しいです。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

アトルリップの特徴
アトルリップはシプラ社が開発した脂質異常症の治療薬です。

日本でも処方されているリピトールのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。

アトルリップの効果
アトルリップの主成の、アトルバスタチンは体内でコレステロールの生成を阻害し、脂質異常症の治療と予防に効果があります。

コレステロールは、体内に摂取された糖質、脂質、タンパク質などが分解されてできるアセチルCoAという物質によって生成されます。

アセチルCoAがコレステロールへと変換される際にHMG-CoA還元酵素という酵素が働きます。

アトルバスタチンはこの酵素の働きを阻害し、コレステロールの生成を抑えます。

脂質異常症は自覚症状がほとんどありませんが、放置してしまうことで動脈硬化などの重大な疾患を引き起こす恐れがあります。

アトルリップの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは5mg/10mg/20mgの購入が可能です。

その他
リピトールと同等の効果をもちながら、リピトールに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

アトルリップの関連ページ
脂質異常症治療薬一覧
脂質異常症薬

人気のジェネリック医薬品
アトル

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
Atorvastatin - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用量の目安
当サイトで取り扱っているアトルリップの用量は5mg/10mg/20mgの3ですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

1日1回10mgを服用してください。

しかし、年齢や症状に応じて適宜増減してください。

重症の方は1日20mgまで増量することが可能です。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

アトルリップを服用できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

・肝臓の代謝機能が低下している方

・テラプレビル、オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビルを服用中の方

・腎臓機能に異常が見られる方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発疹、そう痒症、発赤、皮膚乾燥、肝臓機能障害、消化器障害、筋骨格系障害、めまい、頭痛などがあげられます。

その他に、頻度不明な重大な副作用として、横紋筋融解症、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、肝炎、黄疸、アナフィラキシー、無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症、皮膚粘膜眼症候群などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※皮膚粘膜眼症候群とは?
急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、アトルリップと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・テラプレビル
アトルバスタチンの血中濃度が上昇し、生命に関わる危険が生じる恐れがあります。

・オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビル
アトルバスタチンの血中濃度が上昇し、生命に関わる危険や副作用が生じやすくなります。

・フィブラート系薬剤、ベザフィブラート
横紋筋融解症が生じやすくなります。

併用注意
併用注意薬は、アトルリップと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ニコチン酸製剤、ニセリトロールなど
横紋筋融解症が生じやすくなります。

・免疫抑制剤、シクロスポリン
横紋筋融解症が生じやすくなります。

・アゾール系抗真菌薬、イトラコナゾールなど
横紋筋融解症が生じやすくなります。

・クラリスロマイシン
アトルバスタチンの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・HIVプロテアーゼ阻害剤、メシル酸ネルフィナビルなど
アトルバスタチンのAUCが上昇する恐れがあります。

・経口避妊薬
経口避妊薬の血中濃度が上昇する恐れがあります。

・ジゴキシン
ジゴキシンの血中濃度が上昇する恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : リピトール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • コロッケさん(38歳)
    今年の健康診断で要注意と言われてしまいました。揚げ物とか脂っこいものが好きなんですよ。酒は飲まないんですけど、米も好きで毎日バクバク食べてます。さすがに要注意と言われたら気になるので、試しにコレ飲んでいます。これで少しは改善して欲しいです。
  • 細貝さん(42歳)
    今まで食事のことなど一切気にしたことなかったので、今年の人間ドックの数値から急に悪くなってしまいました。 運動はなかなかする機会がないので健康的な食事に切り替える事と、この薬を飲んで様子を見ようと思います。
  • 駿さん(44歳)
    健康診断の結果でコレステロール値が基準値よりも高かったから… 仕方がなく飲み始めました。 どれほどまでにこの商品が効果があるのかはわからないですが… とりあえず、食生活を変えるのはなかなか難しいので、3ヵ月後の検査にむけて毎日飲み続けたいと思います。
  • だんけさん(36歳)
    健康診断で引っかかってしまったので購入しました。 病院で処方されたので、同じものをと思い探したところ、見つけられたので病院に行くのが面倒だったので今後はコチラを利用したいと思います。
  • さん(56歳)
    問題なく服用する事ができています。 副作用も全くありませんし、値段も安く助かります。 服用する以前、今では全然違います。 体の調子がとても良いです。 私は購入してからずっと、ピルカッターで半分に割って服用しています。 それでも効果は十分にあります。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ