クレストール・ジェネリック
  • クレストール・ジェネリック

クレストール・ジェネリック

更新日:
特徴
ロスマックはマクレオーズ社が開発した脂質異常症の治療薬です。
日本でも処方されているクレストールのジェネリック医薬品で、錠剤タイプが特徴です。

効果
ロスマックの主成分であるロスバスタチンは体内でコレステロールの生成を阻害し、脂質異常症の治療と予防に効果があります。

副作用
主な副作用は、そう痒症、発疹、蕁麻疹、腹痛、便秘、下痢、筋肉痛、頭痛、口内炎、肝機能異常などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは5mgが購入可能です。
  • 脂質異常症

有効成分:ロスバスタチン/Rosuvastatin 5mg

ご注文

クレストール・ジェネリック 5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
4,550
4,100(821錠あたり
123
カゴに入れる
100錠
9,100
7,350(731錠あたり
220
カゴに入れる

商品詳細

ロスマックの特徴
ロスマックはマクレオーズ社が開発した脂質異常症の治療薬です。

日本でも処方されているクレストールのジェネリック医薬品で、錠剤タイプが特徴です。

ロスマックの効果
ロスマックの主成の、ロスバスタチンは体内でコレステロールの生成を阻害し、脂質異常症の治療と予防に効果があります。

コレステロールは、体内に摂取された糖質、脂質、タンパク質などが分解されてできるアセチルCoAという物質によって生成されます。

アセチルCoAがコレステロールへと変換される際にHMG-CoA還元酵素という酵素が働きます。

ロスバスタチンはこの酵素の働きを阻害し、コレステロールの生成を抑えます。

悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる働きや中性脂肪を減少させる効果もあります。

酵素阻害薬には他にもリピトールという薬が有名ですが、さらに効果が強いことで知られています。

脂質異常症は自覚症状がほとんどありませんが、放置してしまうことで動脈硬化などの重大な疾患を引き起こす恐れがあります。

ロスマックの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは5mgの購入が可能です。

その他
クレストールと同等の効果をもちながら、クレストールに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

ロスマックの関連ページ
脂質異常症治療薬一覧
脂質異常症薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ロスバスタチン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用量の目安
当サイトで取り扱っているロスマックの用量は5mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

初期は1日1回2.5mgを服用してください。

早期にコレステロール値を減少させたい場合には5mgから服用を開始してください。

服用を開始してから4週目以降にコレステロール値の減少が十分ではない場合には、10mgまで増量することが可能です。

家族性高コレステロール血症などの重症な場合に限り1日最大20mgまで増量することが可能です。

しかし、年齢や症状に応じて適宜増減してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
成人には1日1回2.5mgから服用を始めることが推奨されています。

症状に応じて、最大20mgまで用量を増加することが可能です。

服用する用量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

ロスマックを服用できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

・肝臓の代謝機能が低下している方

・シクロスポリンを服用中の方

・腎臓機能に異常が見られる方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、そう痒症、発疹、蕁麻疹、腹痛、便秘、下痢、筋肉痛、頭痛、口内炎、肝機能異常などがあげられます。

その他に、頻度不明な重大な副作用として、横紋筋融解症、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、肝炎、黄疸、血小板減少、間質性肺炎、末梢神経障害、多形紅斑などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、ロスマックと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・シクロスポリン
ロスマックのAUCが約7倍上昇したという報告があります。

・フィブラート系薬剤、ベザフィブラートなど
横紋筋融解症が生じやすくなります。

併用注意
併用注意薬は、ロスマックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ニコチン酸
横紋筋融解症が生じやすくなります。

・アゾール系抗真菌薬、イトラコナゾールなど
横紋筋融解症が生じやすくなります。

・マクロライド系抗生物質、エリスロマイシンなど
横紋筋融解症が生じやすくなります。

・クマリン系抗凝血剤、ワルファリン
抗凝血作用が強まる恐れがあります。

・制酸剤
ロスマックの血中濃度が約半分に減少する恐れがあります。

・ロピナビル、リトナビル
ロスマックのAUCが上昇する恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : クレストール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • けいちゃんさん(38歳)
    ネットで色々と健康の記事を見ていたら自分のっ生活を振り返ってみて急に怖くなってきたのでこの商品を急いで買ってみました。 これからは運動もして普段の食生活も見直していきたいと思います。
  • 神山さん(44歳)
    今回初めて購入しました。 コレステロールの生成を阻害する事を期待しています。 健康診断でいるもギリギリメタボなので、何とか脱出したいです。 次回の結構診断までにどうなっているか期待!
  • ともぴーさん(49歳)
    初めて今回購入させて貰いました。 今までは病院で処方して貰っていた薬を服用していましたが、 毎度毎度病院に行くのにも時間を取られてしまい、 結局予約時間に行ったとい頃で、直ぐに診察、処方を貰える訳ではないです。 通販では時間も取られる事もないので、助かります。 服用してみてまだよく分かりませんが、副作用もないので安心して服用する事ができます。 期待を込めて★5つにさせて貰います。 今回購入した分を服用し終えた段階で良ければ、 また購入させて貰います。
  • 良貴さん(43歳)
    半信半疑の状態で購入させて貰いました。 実際に服用してみた感想として正直に言わせて頂きます。 この薬は凄いですね。 コレステロールの数値が下がりました。 糖尿病の薬はずっと服用し続けなければならないので、 薬の値段も安いので本当に助かります。 後は私のダイエット次第ですね。笑 頑張りたいと思います。
  • 和真さん(52歳)
    なかなかコレステロール値が下がらなかったので、しばらくの間服用し続けました。 血液検査の結果は、中脂肪、コレステロール値が標準に戻りました。 私にはこのお薬が合っているようなので、このまま服用し続けたいと思います。 それに値段も安い為、経済的にも費用を抑える事ができるので、 ホントに有難い事です。 助かっています。 なので今度ともお薬なびさんを利用させて貰います。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ