オングリザ
  • オングリザ

オングリザ

オングリザはサクサグリプチン水和物を有した、2型糖尿病の治療薬です。 スルホニルウレア系などの、従来のインスリン分泌促進薬とは作用が違い、この薬はインスリンの分泌を促す、インクレチンというホルモンを分解してしまう、酵素の働きを阻害する事で、インクレチンが活性化し、血糖を減少させます。 この薬は、血糖が高い時にはインスリンの分泌を促し、血糖を下げてくれますが、低い時は必要以上に分泌を促す事がないので、低血糖のリスクが減っています。
  • 2型糖尿病

有効成分:サキサグリプチン水和物5mg

ご注文

オングリザ 5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
7,000
6,300(2251錠あたり
189
カゴに入れる
56錠
14,000
11,340(2021錠あたり
340
カゴに入れる

商品詳細

オングリザはサクサグリプチンを有した、2型糖尿病の治療薬です。
従来のインスリン分泌促進薬、スルホニルウレア系などの薬とは作用が違い、GLP-1(インクレチン)という、インスリンの分泌を促すホルモンを分解する酵素を阻害し、血糖のコントロールをしてくれます。
食事を取ることで、GLP-1という、消化間のホルモンが分泌され、膵臓に対してインスリンの分泌を促します。
さらに、GLP-1は膵臓からのグルカゴンの分泌を抑えることで、肝臓での糖の生成を抑制します。
GLP-1はこのような働きで、糖分を減少させ、糖分が高い場合に作用するので、低い時はインスリンの分泌を促すことはせず、必要以上に血糖を下げる事はしません。
この薬は、有効成分サキサグリプチンが、GLP-1を分解する酵素、DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ4)を選択的に阻害します。
その結果として、GLP-1の働きが活性化し、インスリンの働きを強まり、血糖が減少します。
また、血糖に対し、依存的に作用しますので、薬の効き過ぎによる低血糖のいリスクは低くなっています。
単独での効果が穏やかなので、他の治療薬と併用する事が多く、全ての糖尿病の治療薬と併用する事が出来ます。
※その他メーカーや成分の異なる糖尿病・高血糖値に効果のある薬はコチラからご確認下さい。

服用方法・使用方法

1日1錠(5mg)を服用して下さい。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

めまい、動悸、鼻咽頭炎、便秘、GTP上昇、発疹などの報告を受けています。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい

併用禁止薬

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方は、使用しないで下さい。
重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の方は、輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきではありません。
重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方は、インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適していません。

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管して下さい。

メーカー

発送国

香港・シンガポール

口コミ・レビュー

  • さん(49歳)
    糖尿病治療薬の中では、自分にとっても敵していたと考えています。 しかしこの薬に辿り着くまでには苦労しました。 中々自分に合った薬を見つける事が出来ず、 購入しては数ヶ月試しっと言う感じでした。 値段も非常に安いので有難いです。 糖尿病今後ずっと付き合っていかなければならない薬なので、 少しでも費用を抑える事ができ、助かります。 これからもずっとお薬なびさんで購入させて頂きます。 今後とも宜しくお願いします。
  • 藤もんさん(55歳)
    血液検査で糖尿病と診断されました。 私は。暴飲暴食運動不足が原因です。 運動はできる範囲で行っています。 基本的に食事は野菜中心に取るように心がけています。 オングリザの効き目があるようで、大分血糖値が下がってきました。 今度ともオングリザを愛用させて貰います。 今後とも宜しくお願いします。
  • 高田さん(48歳)
    いつも服用している薬です。 これまでは病院で処方されていた薬を服用していましたが、 通販でも購入できる事が分かり、2ヶ月くらい前から購入、服用し始めました。 オングリザを服用し始めてからは、今まで通り身体の調子も良く、 血糖値も安定していますし、値段も安いので良いですね。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ