オングリザ
  • オングリザ

オングリザ

特徴
オングリザはアストラゼネカ社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。
当サイトが取り扱っているオングリザは、アストラゼネカ社が製造・販売している正規品です。

効果
オングリザの主成分であるサキサグリプチンはインスリンの働きを強め血糖値を減少させる効果があります。

副作用
主な副作用は、低血糖、めまい、頭痛、便秘、下痢、発疹、そう痒症、蕁麻疹、動悸悪心、消化不良、口内炎などがあげられます。

成分量
日本国内においては2.5mg/5mgが処方されています。
当サイトでは5mgが購入可能です。
  • 2型糖尿病

有効成分:サキサグリプチン/Saxagliptin 5mg

ご注文

オングリザ 5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
7,000
6,300(2251錠あたり
189
カゴに入れる
56錠
14,000
11,340(2021錠あたり
340
カゴに入れる

商品詳細

オングリザの特徴
オングリザはアストラゼネカ社が開発した2型糖尿病治療薬で、丸形の錠剤が特徴です。

オングリザの効果
オングリザの主成分のサキサグリプチンはインスリンを分泌するホルモンの分解を行う酵素の働きを阻害し、血糖値の上昇を抑えます。

生活習慣病の1つである糖尿病はインスリンの分泌が不足していたり、働きが低下することによって血糖値が上昇してしまう病気です。

インクレチンというホルモンは、体内でインスリンの分泌を促し、量を増やしますが、DPP-4という酵素によって分解されてしまいます。

サキサグリプチンにはこのDPP-4の働きを阻害する作用があり、インスリンが増加することで血糖値の減少に効果があります。

従来の糖尿病治療薬とは異なりインスリンの過剰分泌を抑えるため、低血糖が生じづらい安全な薬です。

オングリザはインスリンの代わりになる薬ではないため、1型糖尿病の方には効果がありません。

オングリザの成分量
日本国内において、協和発酵キリン株式会社から2.5mg/5mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでも5mgの購入が可能です。

その他
2013年に販売が始まった新しい糖尿病治療薬です。

食事療法や運動療法を行っても改善されなかった場合に初めて服用してください。

オングリザの関連ページ
糖尿病・高血糖値治療薬一覧
糖尿病・高血糖値薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
Saxagliptin - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
オングリザは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
当サイトで取り扱っているオングリザの用量は5mgです。

1回5mgを1日1回服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を一度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
成人には5mgを1日1回経口投与することが推奨されています。

しかし、服用者の状態に合わせて1回2.5mgに減量することが可能です。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

オングリザを服用できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

・糖尿病性昏睡や前昏睡、重症ケトーシス、1型糖尿病の方

・手術前後、重症感染症、重篤な外傷のある方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、低血糖、めまい、頭痛、便秘、下痢、発疹、そう痒症、蕁麻疹、動悸悪心、消化不良、口内炎などがあげられます。

その他に、頻度不明の重大な副作用として、急性膵炎、アナフィラキシー、血管浮腫、皮膚剥脱、腸閉塞、類天疱瘡などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、オングリザと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・スルホニルウレア剤、速効型インスリン分泌促進剤、α-グルコシダーゼ阻害剤、ビグアナイド系薬剤、メトホルミン塩酸塩、ブホルミン塩酸塩、チアゾリジン系薬剤、ピオグリタゾン塩酸塩、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害薬、インスリン製剤
低血糖が生じる恐れがあります。

・β-遮断薬、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、フィブラート系薬剤など
血糖値のさらなる低下が生じる恐れがあります。

・アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなど
血糖値が上昇する恐れがあります。

・CYP3A4/5阻害剤、イトラコナゾールなど
オングリザの血中濃度が上昇する恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
商品のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : オングリザ

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール

口コミ・レビュー

  • さん(51歳)
    いつも服用しています。 血糖値上昇をいつもより抑えることができています。 病院からではなく、最近はお薬なびさんを利用するようになりました。 病院に行かずに薬が手に入るのは有難い事です。 これからもお世話になります。
  • さん(49歳)
    糖尿病治療薬の中では、自分にとっても敵していたと考えています。 しかしこの薬に辿り着くまでには苦労しました。 中々自分に合った薬を見つける事が出来ず、 購入しては数ヶ月試しっと言う感じでした。 値段も非常に安いので有難いです。 糖尿病今後ずっと付き合っていかなければならない薬なので、 少しでも費用を抑える事ができ、助かります。 これからもずっとお薬なびさんで購入させて頂きます。 今後とも宜しくお願いします。
  • 藤もんさん(55歳)
    血液検査で糖尿病と診断されました。 私は。暴飲暴食運動不足が原因です。 運動はできる範囲で行っています。 基本的に食事は野菜中心に取るように心がけています。 オングリザの効き目があるようで、大分血糖値が下がってきました。 今度ともオングリザを愛用させて貰います。 今後とも宜しくお願いします。
  • 高田さん(48歳)
    いつも服用している薬です。 これまでは病院で処方されていた薬を服用していましたが、 通販でも購入できる事が分かり、2ヶ月くらい前から購入、服用し始めました。 オングリザを服用し始めてからは、今まで通り身体の調子も良く、 血糖値も安定していますし、値段も安いので良いですね。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ