メタクト・ジェネリック
  • メタクト・ジェネリック
  • メタクト・ジェネリック
  • メタクト・ジェネリック

メタクト・ジェネリック

特徴
ピオグリットMFはサンファーマ社が開発した2型糖尿病の治療薬です。
日本でも処方されているメタクトのジェネリック医薬品で、薄い黄色の楕円形の錠剤が特徴です。

効果
ピオグリットMFの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。
メトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させると共に、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。

副作用
主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、眠気、けん怠感などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトではピオグリタゾン15mg/メトホルミン500mgが購入可能です。
  • 2型糖尿病

有効成分:ピオグリタゾン/Pioglitazone 15mg
     メトホルミン/Metformin 500mg

ご注文

メタクト・ジェネリック 515mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
3,000
2,700(541錠あたり
81
売切れ
100錠
6,000
4,860(481錠あたり
145
売切れ
150錠
9,000
6,480(431錠あたり
194
売切れ

商品詳細

ピオグリットMFの特徴
ピオグリットMFはサンファーマ社が開発した2型糖尿病の治療薬です。

日本でも処方されているメタクトのジェネリック医薬品で、薄い黄色の楕円形の錠剤が特徴です。

ピオグリットMFの効果
ピオグリットMFの主成分の、ピオグリタゾンはインスリン働きの低下を改善する、インスリン抵抗性改善薬です。

そのため、インスリンの働きが低下しているインスリン抵抗性の糖尿病の方にお薦めです。

肥満の方で糖尿病を引き起こす原因の1つは脂肪細胞が肥大化することによるインスリンの働きの低下です。

ピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、肥大化した脂肪細胞を小さくしてインスリンの働きを改善します。

インスリンの働きが改善されることで糖が取り込まれやすくなり、血糖値の上昇を抑えることができます。

もう1つの有効成分である、メトホルミンは2型糖尿病の改善薬として用いられ、インスリン抵抗性を改善し、インスリンの働きを向上させるビグアナイト系の有効成分です。

2型糖尿病とは、生活習慣や肥満などが原因で血糖値の上昇を抑えるインスリンの働きが上手く行われなくなってしまった状態です。

メトホルミンは肝臓に作用することで糖を作り出す糖新生という働きを抑え、血糖値を減少させる効果があります。

また、筋肉へ糖を取り込む働きを促して血統値を下げたり、腸管でのグルカゴンというホルモンの働きを抑えて糖の吸収を抑える効果もあります。

これら3つの作用でメトホルミンは血糖値を減少します。

ピオグリットMFの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトではピオグリタゾン15mg/メトホルミン500mgの購入が可能です。

その他
メタクトと同等の効果をもちながら、メタクトに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

ピオグリタゾンやメトホルミン単体の治療薬の服用で効果が十分に確認できない場合に初めて服用してください。

ピオグリットMFの関連ページ
糖尿病・高血糖値治療薬一覧
糖尿病・高血糖値薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
メトホルミン - Wikipedia
ピオグリタゾン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
朝食後

服用量の目安
1日1錠を朝食後に服用してください。

推奨用量
女性は浮腫が多く生じる恐れがあるため、本剤に含まれるピオグリタゾンとしての用量は15mgからの服用が推奨されています。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

ピオグリットMFを服用できない方
・本剤の成分やビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方

・乳酸アシドーシスの既往歴のある方

・腎臓機能障害のある方

・透析を行っている方

・肝臓機能障害のある方

・心血管系、肺機能に重度の障害がある方や、低酸素血症が生じやすい方

・過度にアルコールを摂取している方

・脱水症状、下痢、嘔吐などの胃腸障害のある方

・高齢者

・糖尿病性昏睡や前昏睡、重症ケトーシス、1型糖尿病の方

・重症感染症、手術前後、重症な外傷のある方

・飢餓状態、衰弱状態、栄養不良状態、副腎機能不全の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、貧血、白血球数減少、血圧上昇、眠気、けん怠感などがあげられます。

その他に、重大な副作用として、乳酸アシドーシス、低血糖、黄疸、横紋筋融解症、浮腫、急激な体重増加、動悸、息切れなどが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ピオグリットMFと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ヨード造影剤
乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

・腎毒性の強い抗生物質
脱水症状を起こし、乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

・利尿剤、SGLT2阻害剤
脱水症状を起こし、乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

・糖尿病用薬、インスリン製剤、スルホニルウレア剤、チアゾリジン系薬剤、GLP-1受容体作動薬、モノアミン酸化酵素阻害剤、サリチル酸剤、アスピリン、β-遮断剤など
低血糖が生じる恐れがあります。

・アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、卵胞ホルモン、利尿剤、フェノチアジン系薬剤など
血糖減少作用が弱まる恐れがあります。

・シメチジン、ドルテグラビル、バンデタニブ
メトホルミンの血中濃度が上昇し、効果が強まる恐れがあります。

・糖尿病用薬、スルホニルウレア系薬剤、ビグアナイド系薬剤、ブホルミン塩酸塩、速効型インスリン分泌促進薬、DPP-4阻害剤、アログリプチン安息香酸塩、シタグリプチンリン酸塩水和物、GLP-1アナログ製剤、インスリン製剤など
低血糖状態が生じる恐れがあります。

・β-遮断剤、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、フィブラート系の高脂血症治療剤など
ピオグリットMFのインスリン抵抗性改善作用に影響が生じる恐れがあります。

・リファンピシンなどのCYP2C8を誘導する薬剤
ピオグリタゾンのAUCが減少する恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : メタクト

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • バルタンさん(54歳)
    前伊に使用してた物より、飲んだ食後から午前中くらいまでは、良く効いているのかな?と思います。 午後まで持たないのは、油断して食べ過ぎているからもしれないので、調整中です。
  • 亮輔さん(45歳)
    この薬は私には必須の薬なので、自宅で受け取る事ができるのは非常に助かります。 病院に行く時間を作るのがどうしても難しい時があります。 そんな時にお薬なびさんの存在を知り、 非常に有難く思っています。 また注文させて頂きます。
  • 超建次さん(57歳)
    仕事のため診察時間が取れず、病院と同じ薬をときどき頼んでいます。 副作用もなく、低血糖になり過ぎず、 私にはこの薬が1番今まで合っているようです。 1日1錠服用するだけなので楽です。 またリピートさせて頂きます。 今度とも宜しくお願いします。
  • 潤平さん(50歳)
    仕事上不規則な生活の上、運動も全くしていなかったので、 糖尿病だと健康診断で言われてしまいました。 仕事上中々病院に行く時間が持てないので、お薬なびさんで購入する事にしました。 服用し始めてから間もないですが、少しずつではありますが、 改善された感じはします。 再度購入をしようと思っています。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ