リピディル・ジェネリック
  • リピディル・ジェネリック

リピディル・ジェネリック

更新日:
特徴
リパンシールはアボット社が開発した脂質異常症の治療薬です。
日本でも処方されているリピディルのジェネリック医薬品で、赤いカプセル型の錠剤が特徴です。

効果
リパンシールの主成分であるフェノフィブラートは、中性脂肪の値を下げ善玉コレステロールの値を増加さることで脂質異常症を改善します。

副作用
主な副作用は、肝臓機能障害、発疹、そう痒症、蕁麻疹、消化器障害、貧血、頭痛、めまいなどがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは200mgが購入可能です。
  • 脂質異常症

有効成分:フェノフィブラート/Fenofibrate 200mg

ご注文

リピディル・ジェネリック 200mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
3,600
3,240(1081錠あたり
97
カゴに入れる
60錠
7,200
5,830(971錠あたり
174
カゴに入れる
90錠
10,800
8,160(901錠あたり
244
カゴに入れる

リピディル・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
工藤さん(40歳)
中性脂肪とかコレステロールとかを気にする歳になってきてビビってしまい購入。健康診断とかも数値を見ると危ないなと思っていたのですが、飲み始めて数値が下がってきました。値段もそんなに高くないし、なにより効果として数値が落ちてくれているので、これからも使用していこうと思います。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

リパンシールの特徴
リパンシールはアボット社が開発した脂質異常症の治療薬です。

日本でも処方されているリピディルのジェネリック医薬品で、赤いカプセル型の錠剤が特徴です。

リパンシールの効果
リパンシールの主成分の、フェノフィブラートは中性脂肪の値を下げ善玉コレステロールの値を増加さることで脂質異常症を改善します。

フェノフィブラートは肝臓にあるPPARαという器官を活性化させる働きと同時に、LPLという酵素の働きを促すことで、中性脂肪を分解していきます。

また、中性脂肪を生成する際に必要なアセチルCoAカルボキシラーゼという酵素の働きを抑えます。

フェノフィブラートのもう1つの働きとして善玉コレステロールが生成されるために必要なタンパク質を増加させます。

これらの働きによりリパンシールは脂質異常症を改善します。

リパンシールの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは200mgの購入が可能です。

その他
リピディルと同等の効果をもちながら、リピディルに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

リパンシールの関連ページ
脂質異常症治療薬一覧
脂質異常症薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
Fenofibrate - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日1回食後

服用量の目安
当サイトで取り扱っているリパンシールの用量は200mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

1回106.6~160mgを1日1回食後に服用してください。

しかし、年齢や症状に応じて適宜減量してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
成人には1日1回106.6~160mgを食後に経口投与することが推奨されています。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

リパンシールを服用できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

・重篤な肝臓機能障害のある方

・腎臓機能障害のある方

・胆のう疾患のある方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、肝臓機能障害、発疹、そう痒症、蕁麻疹、消化器障害、貧血、頭痛、めまいなどがあげられます。

その他に、頻度不明な重大な副作用として、横紋筋融解症、膵炎などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、リパンシールと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・HMG-CoA還元酵素阻害薬、プラバスタチンナトリウム、シンバスタチン、フルバスタチンナトリウムなど
急激な腎臓機能悪化が生じる横紋筋融解症を引き起こす恐れがあります。

併用注意
併用注意薬は、リパンシールと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・抗凝血剤、ワルファリン
抗凝血剤の効果が強まる恐れがあります。

・スルホニル尿素系血糖降下薬、グリベンクラミド、グリメピリド、など
動悸、冷や汗、強い空腹感などが生じる低血糖症を引き起こす恐れがあります。

・陰イオン交換樹脂剤、コレスチラミン
リパンシールの成分吸収が遅まったり減少する恐れがあります。

・シクロスポリン
腎臓機能に悪影響が生じる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : リピディル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 工藤さん(40歳)
    中性脂肪とかコレステロールとかを気にする歳になってきてビビってしまい購入。健康診断とかも数値を見ると危ないなと思っていたのですが、飲み始めて数値が下がってきました。値段もそんなに高くないし、なにより効果として数値が落ちてくれているので、これからも使用していこうと思います。
  • ケンさん(47歳)
    初めて購入させて貰いましたが、薬の色が異常に赤い!衝撃的です。w 運動も取り入れて次の検査まで頑張りたいと思います。
  • 匿名希望さん(40歳)
    夫婦で服用させて頂いています。 値段も安く、病院に行く手間も省けるので、楽で良いです。 しっかり効き目があるので嬉しいです。 ひとまず安心です。 当たり前に効いてくれると本当に助かりますね。 副作用は感じた事がありませんが、私達夫婦は必ず食事を取ってから服用するようにします。 そうする事で少しでも副作用が少なくなるっと聞いた事があります。 私達夫婦の身体に合っているのか? これからも愛用します。
  • 匿名希望さん(40歳)
    血液検査の結果が数値が下がり、これからも飲み続けようと思います。 病院で薬を処方して貰うと、病院の行き、帰りの交通費、診察だ、処方代と掛かってしまいますが、 通販では薬のみのなので、お財布にも優しい値段です。 お薬なびさんで購入して正解です。 副作用もないので安心です。
  • 匿名希望さん(40歳)
    初めて購入させて頂きました。 錠剤の色が赤なので何だこりゃ?ホントに効き目あるの?と疑いました。 服用した感じ、副作用もなく、安心して服用出来ています。 検査の日まで飲みた続けたいと思います。 運動も取り得て頑張ります!
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ