メインテート(コンコール)
  • メインテート(コンコール)

メインテート(コンコール)

更新日:
特徴
コンコールはMSD社が開発した、本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮の治療薬です。
メインテートのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
コンコールの主成分であるビソプロロールフマル塩酸は心拍を抑え心臓を休ませる効果があります。
心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。

副作用
主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは5mgが購入可能です。
  • 高血圧症
  • 狭心症
  • 心室性期外収縮

有効成分:ビソプロロールフマル塩酸/Bisoprolol Fumarate 5mg

ご注文

メインテート(コンコール) 5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
2,200
1,980(661錠あたり
59
カゴに入れる

メインテート(コンコール)を使用したお客様の声

良い評価
JPさん(49歳)
飲み始めて8ヶ月目に入りました。 最近はマルチビタミンと一緒に飲んでいます。 良く眠れるし、たまにきていた嫌な心拍も忘れる程体調が安定しています。 良い飲み合わせが出来て良かったです。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

コンコールの特徴
コンコールはMSD社が開発した、本態性高血圧、狭心症、心室性期外収縮の治療薬です。

メインテートのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

コンコールの効果
コンコールの主成分であるビソプロロールフマル塩酸は、交感神経β受容体遮断薬に分類される医薬品です。
特に、β1-アドレナリン受容体遮断選択性が高く、心血管疾患の治療に用いられています。

ビソプロロールフマル塩酸は、心拍を抑え心臓を休ませる作用があります。

心臓にある交感神経のβ受容体を遮断することにより、心臓の拍動が抑えられ、その結果血圧を下げる効果があります。

心臓の負担が抑えられることから、高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、虚血性心疾患または拡張型真剣症にもとづく慢性心不全、頻脈性心房細動の治療に用いられています。

高血圧を抑え、血圧を適切に保つことにより、脳卒中や心臓病、腎臓病の予防にも繋がります。

コンコールの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

当サイトでは5mgの購入が可能です。

その他
β遮断薬(ベータブロッカー)は心臓だけに選択的に作用し、気管支への影響が少なく、喘息を誘発する危険性は低いと考えられています。

日本国内では2011年に慢性心不全への適応が認められました。

コンコールの関連ページ
高血圧・狭心症の商品一覧
高血圧・狭心症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ビソプロロール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮の場合、1日1回5mg(1錠)を服用します。

なお、年齢や症状により用量を調節してください。

虚血性心疾患、または拡張型心筋症に基づく慢性心不全の場合、1日1回0.625mgから服用を開始します。

1日1回0.625mgの用量を2週間以上服用し、忍容性がある場合には1日1回1.25mgに増量します。

その後忍容性がある場合は4週間以上の間隔で段階的に増量し、忍容性がない場合は減量を行ってください。

用量の増減は0.625mg、1.25mg、2.5mg、3.75mg、5mgとして必ず段階的に行い、いずれの用量においても1日1回服用します。

なお、年齢、症状により服用開始用量は低用量に、増量幅は更に小さくしても問題はありませんが、1日1回5mgを超えないでください。

頻脈性心房細動の場合、1日1回2.5mgから服用を開始し、効果が不十分な場合には1日1回5mgに増量します。

なお、年齢、症状により調整を行いますが、1日1回5mgを超えないでください。

食事とアルコールの影響
ほとんど影響はありません。

コンコールを服用できない方
・ビソプロロールフマル塩酸の成分に対して過敏症の既往歴のある方

・高度の徐脈、房室ブロック、洞房ブロック、洞不全症候群のある方

・糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方

・心原性ショックのある方

・肺高血圧による右心不全のある方

・強心薬または血管拡張薬を静脈内服用する必要のある心不全の方

・非代償性の心不全の方

・重度の末梢循環障害のある方

・末治療の褐色細胞腫の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。

重大な副作用ですと、心不全、完全房室ブロック、高度徐脈、洞不全症候群などがあげられます。

服用中は定期的に心機能検査を行い、このような副作用が生じた場合は減量または服用を中止してください。

警告
慢性心不全の方が使用する場合には、慢性心不全治療の経験が十分にある意思のもとで使用してください。

慢性心不全の方が使用する場合には、服用初期および増量時に症状が悪化することに注意し、慎重に用量調節を行ってください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、コンコールと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・交感神経系に対し抑制的に作用する薬剤(レセルピン等)
過剰の交感神経抑制作用が現れることがあります。

・血糖降下剤(インスリン製剤等)
血糖降下作用が増強することがあります。
また、低血糖症状をマスクすることがあります。

・クラスⅠ抗不整脈剤、及びクラスⅢ抗不整脈剤
角の心機能抑制が現れることがあります。

・非ステロイド性抗炎症剤(インドメタシン等)
コンコールの降圧作用が減弱する可能性があります。

・降圧作用を有する薬剤
降圧作用が増強することがあります。

これらの他にも併用注意があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : メインテート

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • JPさん(49歳)
    飲み始めて8ヶ月目に入りました。 最近はマルチビタミンと一緒に飲んでいます。 良く眠れるし、たまにきていた嫌な心拍も忘れる程体調が安定しています。 良い飲み合わせが出来て良かったです。
  • 匿名希望さん(40歳)
    2回目の購入となります。 30錠で2ヶ月になりますので、とても お得感があり満足です。 以前、ノルバスクを服用していた時期がありましたが、 医師の判断で休止しています。 また血圧が上昇気味で心配になり、こちらのジェネリックを知り、 服用する事にしました。 安価で重宝しています。 精神的に楽に感じます。 今後とも宜しくお願いします。 また購入させて頂きます。
  • 匿名希望さん(40歳)
    最近仕事が忙しくなり、病院に行く時間がない為、購入しています。 鼓動が激しく、あ、こりゃヤバイという時に飲んでいます。 車を運転する事が多い仕事ですが、性格的にカッとしやすく、 血圧の上がり方も湯沸かし器なので、この薬でしのんでいます。
  • 匿名希望さん(40歳)
    以前からメインテートジェネリックにお世話になっています。 今回初めてお薬なびさんで購入させて貰いました。 定期的に通院するのは苦痛です。 血圧も安定しているし、良好な状態です。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ