ナディック・ジェネリック
  • ナディック・ジェネリック

ナディック・ジェネリック

更新日:
特徴
ナディックジェネリックはアポテックス社が開発した、本能性高血圧症、狭心症、頻脈性不整脈の治療薬です。
ナディックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
ナディックジェネリックの主成分であるナドロールは、心拍を抑え心臓を休ませる効果があります。
心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。

副作用
主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは40mgが購入可能です。
  • 高血圧症
  • 狭心症
  • 頻脈性不整脈

有効成分:ナドロール/Nadolol 40mg

ご注文

ナディック・ジェネリック 40mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
3,470
3,120(311錠あたり
93
カゴに入れる

ナディック・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
元々そわそわと落ち着きがない為、それを改善するために1日1錠服用してます。 100錠でこの価格はかなりお買い得です。 初めて使用した時は、目まいを感じましたが、 継続的に使用していくと血圧も順調に下がり、 目まい、ふらつきと言った事もなくなりました。 服用方法をしっかり守っていけば、とてもいい薬だと思います。 これからも服用し続けます。
悪い評価
Hiroさん(52歳)
何種類か購入して試しましたが、なんとなく血圧が低くなっているという程度でした。 個人的なものもありますが、私には効果がなかったようです。 ただ心臓の動悸が幾分穏やかになった気がして、 楽な気持ちで日々を過ごせるようになりました。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ナディックジェネリックの特徴
ナディックジェネリックはアポテックス社が開発した、本態性高血圧、狭心症、頻脈性不整脈の治療薬です。

ナディックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

ナディックジェネリックの効果
ナディックジェネリックの主成分であるナドロールは、交感神経β受容体遮断薬に分類される医薬品です。

特に、β1-アドレナリン受容体遮断選択性が高く、心血管疾患の治療に用いられています。

ナドロールは、心拍を抑え心臓を休ませる作用があります。

心臓にある交感神経のB受容体を遮断することにより、心臓の拍動が抑えられ、その結果血圧を下げる効果があります。

心臓の負担が抑えられることから、高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、虚血性心疾患または拡張型真剣症にもとづく慢性心不全、頻脈性心房細動の治療に用いられています。

高血圧を抑え、血圧を適切に保つことにより、脳卒中や心臓病、腎臓病の予防にも繋がります。

ナディックジェネリックの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

当サイトでは40mgの購入が可能です。

その他
B遮断薬(ベータブロッカー)は心臓だけに選択的に作用し、気管支への影響が少なく、喘息を誘発する危険性は低いと考えられています。

日本国内では2011年に慢性心不全への適応が認められました。

※スマートドラッグ輸入規制対象商品
ナディックジェネリックは2018年中に輸入規制の対象となる可能性が高い商品です。

規制対象となりますと、個人輸入で購入ができなくなるため、お早めにご購入ください。

ナディックジェネリックの関連ページ
高血圧・狭心症の商品一覧
高血圧・狭心症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
プロパノールアミン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
1回30~60mgを1日1回服用します。

なお、年齢、症状に応じて調節しながら服用してください。

食事とアルコールの影響
ほとんど影響はありません。

ナディックジェネリックを服用できない方
・ナドロールの成分に対して過敏症の既往歴のある方

・高度の徐脈、房室ブロック、洞房ブロック、洞不全症候群のある方

・糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方

・心原性ショックのある方

・肺高血圧による右心不全のある方

・うっ血性心不全のある方

・異型狭心症の方

・末治療の褐色細胞腫の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。

重大な副作用ですと、心不全、完全房室ブロック、高度徐脈、洞不全症候群などがあげられます。

服用中は定期的に心機能検査を行い、このような副作用が生じた場合は減量または服用を中止してください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ナディックジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・クラスⅠ抗不整脈剤、ジソピラミド、プロカインアミド
過度の心機能抑制が現れることがあるため、減量するなど慎重に服用してください。

・強心配糖体、ジゴキシン、ジギトキシン
心刺激伝導障害が現れることがあります。

・カルシウム拮抗剤、ベラパミル
過度の血圧低下や心刺激伝導障害、心機能抑制が現れることがあります。

・麻酔剤
過度の血圧低下や心機能抑制が現れる恐れがあります。

・リドカイン
リドカインの血中濃度が上昇することがあるため、減量するなど慎重に服用してください。

・アドレナリン製剤
血圧上昇、徐脈等が起こる恐れがあるため、血圧や脈拍に注意してください。

これらの他にも併用注意があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書を参考にしています。
医療用医薬品 : ナディック

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール

口コミ・レビュー

  • Hiroさん(52歳)
    何種類か購入して試しましたが、なんとなく血圧が低くなっているという程度でした。 個人的なものもありますが、私には効果がなかったようです。 ただ心臓の動悸が幾分穏やかになった気がして、 楽な気持ちで日々を過ごせるようになりました。
  • 匿名希望さん(40歳)
    元々そわそわと落ち着きがない為、それを改善するために1日1錠服用してます。 100錠でこの価格はかなりお買い得です。 初めて使用した時は、目まいを感じましたが、 継続的に使用していくと血圧も順調に下がり、 目まい、ふらつきと言った事もなくなりました。 服用方法をしっかり守っていけば、とてもいい薬だと思います。 これからも服用し続けます。
  • 匿名希望さん(40歳)
    飲むと落ち着きます。 副作用も特に感じていません。 心臓の動悸が幾分穏やかになった気がして、 楽な気持ちで日々を過ごせるようになりました。 購入して本当に良かったです。 これからも愛用させて頂きます。
  • 匿名希望さん(40歳)
    服用し始めて大分時間が経ちますが、量がたくさん入っているので、割安感があります。 1日1錠服用していますが、1本で3ヶ月は持ちます。 お陰様で耐えられない位の動悸から解放されました。 これからも服用し続けるので、今後とも購入させて頂きます。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ