ベシケア
  • ベシケア
  • ベシケア
  • ベシケア

ベシケア

特徴
ベシケアはアステラス製薬社が開発した過活動膀胱や切迫性尿失禁の改善薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。
当サイトが扱っているベシケアはアステラス製薬社が製造・販売している正規品です。

効果
ベシケアの主成分であるコハク酸ソリフェナシンは、神経の興奮を抑え、過活動膀胱から起こる症状の改善に効果があります。

副作用
主な副作用は、血液障害、リンパ系障害、心臓障害、めまい、睡眠障害、胃腸障害、神経障害、精神障害、皮膚障害などがあげられます。

成分量
日本国内においては2.5mg/5mgが処方されています。
当サイトでは10mgが購入可能です。
  • 尿意切迫感
  • 頻尿
  • 切迫性尿失禁

有効成分:コハク酸ソリフェナシン/Solifenacin Succinate 10mg

ご注文

ベシケア 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
10,000
9,000(3001錠あたり
270
カゴに入れる

商品詳細

ベシケアの特徴
ベシケアはアステラス製薬が開発した過活動膀胱や切迫性尿失禁の改善薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。

ベシケアの効果
ベシケアの主成分のコハク酸ソリフェナシンは、神経の興奮を抑え、過活動膀胱から起こる症状の改善に効果があります。

過活動膀胱は過剰な副交感神経の興奮によって膀胱が縮み、尿意切迫感や頻尿、切迫性尿失禁などの症状が引き起こされます。

副交感神経はアセチルコリンという神経物質が原因で活発になりますが、コハク酸ソリフェナシンにはアセチルコリンの働きを阻害する効果があります。

副交感神経の興奮が抑えられることで膀胱の縮みが解消され、過活動膀胱の症状が改善していきます。

ただし、過活動膀胱そのものの原因を解消するのではなく、一時的に対処できる薬です。

ベシケアの成分量
日本国内において、2.5mg/5mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは10mgの購入が可能です。

その他
ベシケアで働きを抑えることのできるアセチルコリンは、汗を発生させる働きがあるため、多汗症の改善薬としても用いられます。

ベシケアの関連ページ
頻尿・尿失禁治療薬一覧
頻尿・尿失禁薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ソリフェナシン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用量の目安
当サイトで取り扱っているベシケアの用量は10mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

1回5mgを1日1回服用してください。

年齢や症状により服用量の調節を行ってください。

1日に服用できる最大用量は10mgです。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
成人には1回5mgを1日1回経口投与することが推奨されています。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

服用の注意
・前立腺肥大症など下部尿路閉塞疾患の方は尿閉を引き起こす恐れがあります。

・潰瘍性大腸炎の方は中毒性巨大結腸を引き起こす恐れがあります。

・甲状腺機能亢進症の方は交感神経興奮症状が悪化する恐れがあります。

・肝臓機能障害や腎臓機能障害の方は本剤の血中濃度が上昇する恐れがあります。

・認知症や認知機能障害の方は症状が悪化する恐れがあります。

・パーキンソン病や脳血管障害の方は症状が悪化したり、精神神経に異常が生じる恐れがあります。

・高齢の方は生理機能が低下しているため減量して服用してください。

・排尿困難の方は専門的な検査を行ってください。

・過活動膀胱の症状を判断できない認知症や認知機能障害の方は本剤の服用しないでください。

・眼調節障害や傾眠が生じる場合があるため、高いところでの作業や自動車の運転などの危険を伴う作業を行う際には注意してください。

・本剤の服用によって効果が確認できない場合には、服用を中止し適切な治療を医師へ相談してください。

ベシケアを服用できない方
・コハク酸ソリフェナシンに対し過敏症の既往歴のある方

・尿閉の方

・閉塞隅角緑内障の方

・幽門部、十二指腸、腸管が閉塞している方や麻痺性イレウスの方

・腸アトニーや胃アトニーの方

・重症筋無力症の方

・重篤な心疾患の方

・重篤な肝臓機能障害の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、血液障害、リンパ系障害、心臓障害、めまい、睡眠障害、胃腸障害、神経障害、精神障害、皮膚障害などがあげられます。

頻度不明な重篤な副作用として、アナフィラキシー、尿閉、肝機能障害、麻痺性イレウス、幻覚、せん妄、急性緑内障発作などの症状が現れる恐れがあります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ベシケアと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・抗コリン剤、三環系抗うつ剤、フェノチアジン系薬剤、モノアミン酸化酵素阻害剤
口内乾燥、便秘、排尿困難などが生じる恐れがあります。

・アゾール系抗真菌剤、イトラコナゾール、フルコナゾール、ミコナゾール
口内乾燥、便秘、排尿困難などが生じる恐れがあります。

・リファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピン
ベシケアの効果が弱まる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ベシケア

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • ヤギさん(48歳)
    病院で毎月処方して貰っていましたが、通院するのが面倒になり、購入させて貰いました。 効き目についてはやや弱めかな?という感想です。 頻尿は明らかに改善されます。 野んないと夜2回はトイレに行きますが、飲んでおけば朝までぐっすり寝ることができます。
  • 匿名希望さん(40歳)
    男女兼用なので夫婦で服用しています。 私達夫婦は必ず寝る1時間前に服用しています。 寝る前に服用する事で、夜中トイレに起きる事は無くなり、 朝まで爆睡する事ができます。 ベシケアを服用する前は、夫は夜中に3回もトイレに行っていました。 私は夜中に2回トイレに行っていました。 その後なかなか眠れない事がありました。 夫は無かったみたいですが。 値段は安いのに、効果があるので、有難い事です。 これからも夫婦共に購入させて貰います。
  • 匿名希望さん(40歳)
    今までは夜中に起きてトイレに行く事はありませんでしたが、 1ヶ月くらい前から、夜中トイレに行きたくなり、 1回起きる事がありましたが、ここ最近は夜中2回も起きてしまいます。 ベシケアを服用し始めてからは、夜中起きてトイレに行く事はなくなり、 朝までぐっすり寝る事ができます。 睡眠を邪魔されずに済むので、本当に助かります。 値段も高くないので有難いです。 これからも愛用させて頂きます。
  • 匿名希望さん(40歳)
    年齢のせいかトイレに行く回数が増えたと感じます。 それに家族にも、トイレに行く回数増えたね。っと言われたので、 色々ネットで調べてみたら、頻尿と言う事がわまりました。 ベシケアを見つけ、試しに購入してみました。 1日1錠服用し、2週間目になります。 トイレに行く回数もかなり減りました。 このまま服用し続けて見たいと思います。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ