パキシル・ジェネリック
  • パキシル・ジェネリック

パキシル・ジェネリック

更新日:
特徴
パロキセチンはザイダスカディラ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。
パキシルのジェネリック医薬品です。

効果
パロキセチンの主成分であるパロキセチン塩酸塩水和物は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。
脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。

副作用
主な副作用は、めまい、倦怠感、口喝、発汗などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは20mg/40mgが購入可能です。
  • 【SSRI】
  • うつ病
  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • 社会不安障害
  • 外傷後ストレス障害

有効成分:パロキセチン塩酸塩水和物/Paroxetine Hydrochloride Hydrate 20mg・40mg

ご注文

パキシル・ジェネリック 20mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
3,000
2,700(901錠あたり
81
カゴに入れる
60錠
6,000
4,860(811錠あたり
145
カゴに入れる

パキシル・ジェネリック 40mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
5,000
4,500(1501錠あたり
135
カゴに入れる

商品詳細

パロキセチンの特徴
パロキセチンはザイダスカディラ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬で白い丸形の錠剤が特徴です。

パキシルのジェネリック医薬品です。

パロキセチンの効果
パロキセチンの主成分であるパロキセチン塩酸塩水和物は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です

うつ病ではセロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の働きが弱ってしまっています。

セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ、心の安定や安らぎをもたらせ、心のバランスを保つ役割を担っています。

セロトニンが不足してしまうと心のバランスが取れなくなり、不安感や悲観的な気分、眠れない、イライラしてしまいやすくなるなどの症状が現れます。

パロキセチン塩酸塩水和物は、不足したセロトニンの働きを強めることで、心のバランスを保つことができるようになり、不安感や悲観的などの感情が前向きになり、うつ症状が改善されます。

パロキセチンの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは、20mg/40mgの購入が可能です。

その他
主成分であるパロキセチン塩酸塩水和物は、うつ病や不安障害の他、パニック障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害の治療薬としても用いられています。

パロキセチンの関連ページ
抗不安薬の一覧
不安障害・抗不安薬

うつ病

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
パロキセチン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日1回夕食後に服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

服用量の目安
当サイトで扱っているパロキセチンの用量は20mgです。

うつ病・うつ状態の場合、1回10〜20mgより開始し、1週ごとに10mg/日ずつ増量しますが、1日40mgを超えない範囲で増減してください。

社会不安障害、1回10mgより開始し、1週ごとに10mg/日ずつ増量しますが、1日40mgを超えない範囲で増減してください。

パニック障害、1回10mgより開始し、1週ごとに10mg/日ずつ増量しますが、1日30mgを超えない範囲で増減してください。

強迫性障害、1回20mgより開始し、1週ごとに10mg/日ずつ増量しますが、1日50mgを超えない範囲で増減してください。

外傷後ストレス障害、1回10〜20mgより開始し、1週ごとに10mg/日ずつ増量しますが、1日40mgを超えない範囲で増減してください。

推奨用量
推奨されている服用量は症状の種類や状況によって異なります。

服用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

パロキセチンを服用できない方
・パロキセチンの服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・MAO阻害剤を服用している方

・ピモジドを服用している方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、めまい、倦怠感、口喝、発汗などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、アナフィラキシーショック横紋筋融解症などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※横紋筋融解症とは?
横紋筋融解症は、横紋筋細胞が融解し筋細胞内の成分が血中に流出する症状です。
骨格筋が壊死を起こし筋細胞中の成分が血液中に浸出し、筋肉が傷害されて筋肉痛や脱力感等の症状があらわれ、次第に疼痛や麻痺・筋力減退・赤褐色尿などの症状が発現します。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、パロキセチンと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・MAO阻害剤
セロトニン症候群があらわれることがあります。

・ピモジド
QT延長,心室性不整脈などの心血管系の副作用が発現するおそれがあります。

併用注意
併用注意薬は、パロキセチンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・セロトニン作用を有する薬剤、トラマドール塩酸塩、リネゾリド、選択的セロトニン再取り込み阻害剤など
セロトニン症候群などの、セロトニン作用による症状があらわれるおそれがあります。

・三環系抗うつ剤、イミプラミン塩酸塩、リスペリドンなど
これらの薬剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。

・抗不整脈剤、プロパフェノン塩酸塩、フレカイニド酢酸塩
これら薬剤の作用が増強されるおそれがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : パキシル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • 泰恵さん(32歳)
    気持ち的には楽になったかな?というくらいでした。 常に理由がない不安で頭がいっぱいだったのですけど今は普通に仕事が進められるようになっています。
  • 小路さん(36歳)
    以前ブラック会社に勤めていた時にうつ病になりまして。 会社をやめてしばらく落ち着いていたんですが、また社会復帰を果たし少し不安定になることがあります。 今の会社はホワイトなんですが、どうしても過去を思い出してしまうんですよね。 病院へ行くには過去を思い出して辛くなるので、通販で購入しました。
  • 日野さん(36歳)
    うつ病と診断されました。病院で薬を処方してもらったりしていたのですが、なかなか治らず治療費だけが加算されていって困ってました。これを見つけて使ってみたところ、病院で処方されていたものと同じような効果があったし、気分が少しも楽になりました。継続していくのに、こっちのほうがいいので、今後はこちらで買っていきます。
  • ブン太さん(32歳)
    人間関係に疲れてうつ病っぽくなっていました。薬で治るのか疑問でしたが使ってみたところ症状が落ち着いてると思います。自分は落ち込んで考えるぎてしまうのですが、最近はそこまで落ち込むこともなく、気分が悪くなることも減りました。今後も使っていきます。
  • メイさん(25歳)
    双子の2才児を育児中のためなかなか病院へも行けず困っていたところ通販サイトを発見しました。 最近はかなり症状は良くなったと思っていたのですが念のために購入しました
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ