プレドニゾロン
  • プレドニゾロン
  • プレドニゾロン

プレドニゾロン

更新日:
特徴
プレドニゾロンはAspen社が開発した白く丸い錠剤が特徴なステロイド薬です。
当サイトが取り扱っているプレドニゾロンは、Aspen社が製造・販売している正規品です。

効果
プレドニゾロンの主成分であるステロイド成分はアレルギー症状や関節リウマチなどのリウマチ性疾患の治療への効果が期待できます。

副作用
主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトではプレドニゾロン1mg/5mg/25mgの3種類が購入可能です。
  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 関節リウマチ

有効成分:プレドニゾロン/Prednisolone 1mg・5mg・25mg

ご注文

プレドニゾロン 1mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
1,550
1,480(141錠あたり
44
カゴに入れる
300錠
3,300
3,980(131錠あたり
119
カゴに入れる

プレドニゾロン 5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
60錠
1,800
1,710(281錠あたり
51
カゴに入れる
180錠
5,400
4,620(251錠あたり
138
カゴに入れる

プレドニゾロン 25mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
2,000
1,900(631錠あたり
57
カゴに入れる
90錠
6,000
5,130(571錠あたり
153
カゴに入れる

商品詳細

プレドニゾロンの特徴
プレドニゾロンはAspen社が開発した白く丸い錠剤が特徴なステロイド薬です。

プレドニゾロンの効果
プレドニゾロンの主成分であるステロイド成分はアレルギー症状や関節リウマチなどのリウマチ性疾患の治療への効果が期待できます。

プレドニゾロンの抗炎症作用は、身体に炎症を起こす要因の1つであるホスホリパーゼA2の働きを関節的に阻害する働きがあるほか、炎症を起こす化学物質のPGやアラキドン酸も間接的に抑えることで結果的に炎症の症状を改善することができます。

また、アトピー性皮膚炎の原因である、免疫機能の過剰な働きすぎることで起こるアレルギー反応を抑える効果があります。

プレドニゾロンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトではプレドニゾロン1mg・5mg・25mgの購入が可能です。

その他
プレドニゾロンは、第5群で分けられるステロイド剤の外用薬の強さでは第4群(Weak)の強さとなります。

効き目がマイルドなため、ステロイドで心配される副作用が軽減されています。

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
プレドニゾロン - Wikipedia

服用方法・使用方法

使用方法
1日5~60mgを1~4回に分けて服用してください。

なお年齢や症状により適切な用量に調整します。

使用量の目安
症状によって適切な用量に調整してください。

ステロイド薬共通の使用量の目安として、必要最低限の使用に留めるようにしてください。

また、服用する前に以下のことを確認してから服用するようにしてください。
1.プレドニゾロンの服用中に水ぼうそうやはしかに感染すると、命に関わる可能性があるため、服用前に予防接種を受けているかを確かめ、これらの病気の既住歴がない方は感染を予防するようにしましょう。もし感染が疑われる場合は、ただちに医療機関で受診するようにしましょう。

2.プレドニゾロンを連用した後に、服用を急に中止することで、離脱症状が起こる場合があるため、服用を中止する場合は徐々に服用量を減らすなどしましょう。

3.B型肝炎ウイルスキャリアの方がフテロイド薬を服用すると、プレドニゾロンを服用するとウイルスが増量し肝炎を発症する場合があります。

4.プレドニゾロンを長期的に、あるいは大量に服用している場合、服用中止から6ヶ月以内の方は免疫機能が低下している場合があります。そのため、生ワクチンを接種するとワクチンによる感染症を起こしてしまう場合があるので生ワクチンの摂取はしないようにしてください。

使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

プレドニゾロンを使用できない方
・プレドニゾロンの成分プレドニゾロンに過敏症(アレルギー)の既往歴のある方

次のような方はプレドニゾロンを原則服用できませんが、治療上必要な場合のみ慎重に服用します。

・有効な治療薬が存在しない感染症、全身の真菌症の方

・消化性潰瘍の方

・精神病の方

・結核性疾患の方

・単純ヘルペス性角膜炎の方

・後のう白内障の方

・緑内障の方

・高血圧症の方

・電解質異常の方

・血栓症の方

・最近行ったばかりの内臓の手術創のある方

・急性心筋梗塞を起こしたことがある方

※使用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、過敏症、月経異常、消化器系、呼吸器系、精神神経系などに症状が現れる場合があります。

頻度不明の重大な副作用として、誘発感染症、感染症の増悪、血栓症、腹痛などがあげられます。

また、少量15mg以下であればさほど問題はありませんが、30mg以上の長期服用は副作用が出やすくなります。

万が一、上記にあげた症状などが表れた場合は直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、プレドニゾロンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

バルビツール酸誘導体
・フェノバール
・アレビアチン/ヒダントール
・リファジン

サリチル酸誘導体
・アスピリン
・バファリン

糖尿病治療薬
・ジベトス
・アベマイド
・ジメリン

利尿剤
・ラシックス
・ダイアモックス
・フルイトラン

活性型ビタミンD3製剤
・ワンアルファ/アルファロール

非脱分極性筋弛緩剤
・ミオブロック
・マスキュラックス

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : プレドニゾロン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • おっちゃんさん(42歳)
    鼻炎がひどくて購入。基本の成分は調べたほうがよい。こういうのはなんとなく買ってやっぱり効かない…となるのはアホですので、病院でもらった薬の成分表を見るくらいはしてみては?
  • はじめさん(42歳)
    犬用のものではじめてこちらの商品と出会いました。 あたし自信も元々肌が弱いのですが、30半ばを越えたときにストレスからかアトピーが酷くなり、そのときにこの商品を薦められました。はじめ、愛犬に使用したことがあった商品なので凄く抵抗がありましたが、人間用でも使用できるのだと知り、驚きました。 治療効果はとても高いと思いますが、ただ掛かりつけのお医者さんに言われましたが、とても強いので、使い方はちゃんと理解してから使うことをおススメします。
  • とものりさん(29歳)
    アレルギー性鼻炎に長年悩まされて手術もしましたがなかなか良くならなかったんですが、これを飲み始めてからは鼻の通りが前より良くなった気がします
  • なおきさん(34歳)
    毎年この時期に利用しています。 自分は花粉症が酷く、市販の薬だと眠くなってしまうので、こちらを利用しています。 自分には、病院に行く手間が省けるのが最高です。
  • キューピーさん(33歳)
    元々私はアレルギー体質です。 暑くなると合性のせいか、湿疹が酷くなり、 皮膚科では塗り薬しか処方されず、湿疹の範囲が広がったため購入しました。 病院に行けない時にと思いましたが、こちらで購入できれば病院も行かずに済みます。 これからも愛用していくつもりです。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ