メプチン
  • メプチン

メプチン

メプチンは、気管支喘息の症状緩和に用いられる治療薬です。 有効成分のプロカテロールは、気管平滑筋に存在するβ2受容体という交感神経を刺激することで気管支を広げ、気道の狭小化を改善する効果があることから、β2受容体刺激薬とも呼ばれています。 この治療効果により、気管支喘息以外にも風邪や喉頭炎・COPD・肺結核などの呼吸器疾患による呼吸困難・気管支の痙攣といった治療など幅広く利用されているお薬です。 錠剤以外にも顆粒・シロップ・ドライシロップなどのお薬も開発されています。
  • 気管支喘息
  • 慢性気管支炎
  • 肺気腫
  • 急性気管支炎
  • 喘息様気管支炎

有効成分:プロカテロール塩酸塩水和物25mcg

ご注文

メプチン 25mcg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
4,000
3,600(361錠あたり
108
カゴに入れる
200錠
7,200
6,500(321錠あたり
195
カゴに入れる

商品詳細

メプチンは、大塚製薬が製造販売する気管支喘息の症状緩和に用いられる治療薬です。
気管支喘息以外にも肺気腫・喘息様気管支炎・急性気管支炎・慢性気管支炎などの治療にも用いられます。
気管支喘息を始めとする喘鳴・息切れ・呼吸困難といった発作は、気管支筋が緊張により収縮したり、炎症による腫れで気道が狭くなることで症状を引き起こしますが、有効成分のプロカテロールは気管平滑筋に存在するβ2受容体という交感神経を刺激することで気管支を広げ、気道の狭小化を改善します。
この治療効果により、風邪や喉頭炎・COPD・肺結核などの呼吸器疾患による呼吸困難・気管支の痙攣といった治療にも用いられるなど幅広く利用されています。
メプチンは別名「β2受容体刺激薬」とも呼ばれており、気管支にのみ作用するように作られているため、動悸や血圧上昇といった副作用が少ないという特徴があります。
気管支喘息は老若男女問わず、誰でも発症しえる病気であるため、年齢や症状に合わせて利用できるよう、錠剤以外にも顆粒・シロップ・ドライシロップなどのお薬も開発されています。
※他メーカー商品や成分の違う気管支喘息の商品一覧はコチラをご確認下さい。

服用方法・使用方法

1回2回、朝と就寝前に2錠服用して下さい。
なお、年齢及び症状により適宜増減します。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

主な副作用として、動悸、指や手のふるえ、頭痛、不眠、吐き気が出る場合があります。
滅多にない症状ですが、低カリウム血症、ショック、アナフィラキシーが出る場合があります。
これらの症状が出た場合には、直ぐに掛かりつけのお医者さんに相談して下さい。
また、過剰な服用により血液中のカリウム分が減少し、不整脈を引き起こす可能性がありますので容量は必ずお守り下さい。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい。

併用禁止薬

プロカテロールに対して過敏症の既往歴がある方は服用できません。

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管して下さい。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん(40歳)
    大変効果には満足しています。 発作が和らいでいます。 とにかく発作が無くなったのが嬉しい! ゆっくり寝る事ができ、本当に良かったです! 注文して正解でした。またリピートさせて貰います。
  • 匿名希望さん(40歳)
    ジワジワ効いてくる感じですね。 吸入ほどの即効性は感じませんが、しっかり効きます。 対応も早いし、思ったより届くのも早く、有難いです。
  • 匿名希望さん(40歳)
    呼吸困難感が軽減します。 ヒューヒューはなくなり、楽になります。 副作用も特に問題なく、安心できますね。 値段が安いので、お財布にも優しく、助かります。
  • 匿名希望さん(40歳)
    夜中にぜいぜいする事が多い、苦しくなり夜中に起きる事が多い、毎日辛かったのですが、 メプチンにしてからは、ぜいぜいが無くなり、夜中に起きる事もなく、 ぐっすり朝まで寝る事ができ、助かります。 就寝する1時間前に2錠飲んでから寝ると良いですよ。 これはおススメ!
  • 匿名希望さん(40歳)
    子供の頃から喘息持ちです。 大人になった今でも喘息はあり、メプチンは手放せないです。 時間がなく病院に行く時間がないので、通販で購入できて大変助かっています。 またリピします。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ