セレスタミン・ジェネリック
  • セレスタミン・ジェネリック

セレスタミン・ジェネリック

更新日:
特徴
セレスタミンジェネリックはJean Marie社が開発した、抗ヒスタミン薬とステロイド薬の2つの成分を配合したアレルギー治療薬です。

効果
セレスタミンジェネリックの主成分であるd-クロルフェニラミンとベタメタゾンは、花粉症などのアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎を改善する働きが期待できます。

本来、花粉症の症状を抑える医薬品としては抗ヒスタミン薬、抗アレルギーが一般的に使用されますが、症状がが重い場合にこのセレスタミンジェネリックが使われます。

副作用
主な副作用には、発疹、眠気、口の乾き、腹痛、肝機能障害などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトではd-クロルフェニラミン2mg/ベタメタゾン0.25mgが購入可能です。
  • 蕁麻疹
  • アレルギー性鼻炎
  • 湿疹
  • 薬疹

有効成分:d-クロルフェニラミン/d-Chlorpheniramine Maleate 2mg
     ベタメタゾン/Betamethasone 0.25mg

ご注文

セレスタミン・ジェネリック 2.25mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
1000錠
13,000
11,700(111錠あたり
351
カゴに入れる

商品詳細

セレスタミンジェネリックの特徴
セレスタミンジェネリックはJean Marie社が開発した、抗ヒスタミン薬とステロイド薬の2つの成分を配合したアレルギー治療薬です。

セレスタミンジェネリックの効果
セレスタミンジェネリックの主成分には、炎症を抑えるステロイド成分のベタメタゾンと、アレルギーへの反応を抑えるd-クロルフェニラミンマレインの2種類を配合しています。

花粉症の症状を抑える医薬品としては抗ヒスタミン薬や抗アレルギーが一般的ですが、症状が重い場合にはこのセレスタミンジェネリックが使用されます。

ベアネタゾンが炎症を抑えたり、アレルギー反応である湿疹や蕁麻疹、皮膚炎等のアレルギー症状を予防・抑える、抗炎症作用があります。

d-クロルフェニラミンは、結果的に炎症を引き起こす物質に関係があるアラキドン酸の働きを抑制することができるため、抗炎症作用が発揮されることで皮膚症状が改善されます。

これら2つの成分の働きにより、炎症やアレルギーを抑え、また蕁麻疹や湿疹などの皮膚疾患、アレルギー性鼻炎へ作用します。

セレスタミンジェネリックの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトではd-クロルフェニラミン2mg/ベタメタゾン0.25mgの購入が可能です。

その他
セレスタミンジェネリックを服用する際は、眠気やめまいなどが起こることがありますので、自動車の運転や機械の操作は避けてください。

セレスタミンジェネリックの関連ページ
アレルギー性鼻炎の商品一覧
アレルギー性鼻炎

参考サイト
クロルフェニラミン - Wikipedia
ベタメタゾン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用方法のタイミング
セレスタミンジェネリックは1回1~2錠を1日1~4回、食後・就寝前に服用するのが正しい飲み方です。

セレスタミンジェネリックに含まれるベタメタゾンは、36時間から54時間が血中濃度の半減期とされているため、連用すると作用が重複し、副作用の原因となる場合があるのでしっかり服用の間隔を空ける必要があります。

症状などを考慮し、他の治療方法で十分に効果が期待できるのであれば、セレスタミンジェネリックの服用は行わないほうが良いでしょう。

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

服用量の目安
1回1~2錠を1日1~4回の服用となります。

尚、症状によって用量は適宜増減します。

使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

食事の影響
アルコールを含むものには注意が必要です。

アルコールの影響
アルコールと一緒に服用しないでください。

セレスタミンジェネリックを服用できない方
・ベクロミン(セレスタミン)の成分に過敏症の既往歴(アレルギー)がある方

・緑内障の患者さん

・前立腺肥大症など下部尿路に閉塞性疾患がある方

次のような方はプレドニゾロンを原則服用できませんが、治療上必要な場合のみ慎重に服用します。
・有効な抗菌剤がない、全身の真菌症の方

・結核性の疾患がある患者さん

・消化性潰瘍の患者さん

・精神病の患者さん

・単純疱疹性角膜炎の患者さん

・後嚢白内障の患者さん

・高血圧の患者さん

・電解質異常がある患者さん

・血栓症の患者さん

・最近行った内蔵の手術創がある患者さん

・急性心筋梗塞の既往歴がある患者さん

※使用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発疹、眠気、口の乾き、腹痛、肝機能障害などがあげられます。

頻度不明の重大な副作用として、誘発感染症、質機能不全、血栓症などがあげられます。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、セレスタミンジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・中枢神経抑制剤、アルコール(飲酒)、MAO阻害剤、抗コリン作用がある薬

・ドプス、ノルアドレナリン

・バルビツール酸誘導体

・ベクロミン(セレスタミン)の代謝を促進してしまう薬

・サリチル酸誘導体

・抗凝血剤

・糖尿病治療薬(飲み薬)、インスリン製剤

・利尿剤(カリウム保持性利尿剤を除く)

・サンド

・サンディミュン

・非脱分極性筋弛緩剤

・ウテメリン

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : d−クロルフェニラミンマレイン酸塩
医療用医薬品 : ベタメタゾン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • ゆうさん(35歳)
    蕁麻疹で使っています。この薬を飲み始めてからは、蕁麻疹が落ち着いてくれています。ジェネリックということもあり価格も抑えて使うことことができるので、金銭的にも助かってます。今は薬の効果で治まってくれていますが、また症状がでるのも嫌なので、今後も購入していきます。
  • まきさん(36歳)
    花粉症の季節がやってきます。 その為に試しに購入してみました。 まだ服用していないので、効き目は何とも言えません。 でも今年はこの薬に頼ろうかと思います。
  • 匿名希望さん(40歳)
    コスパは最高です。 眠気もほどんど感じる事がないので、良かったです。 全然飲み切れそうにないですが、それでもお買い得ですね。
  • 匿名希望さん(40歳)
    花粉症のため購入しました。 以前はアレグラを飲んでいましたが、こちらを飲み始めてからどんどん症状が改善されてきました。 アレルギーによる肌荒れも良くなり、周りからは肌が綺麗になったね!っと褒められるようになり、大満足しています。
  • 匿名希望さん(40歳)
    リピートです。 花粉症の季節には、手放せない薬です。 花粉アレルギー症状が全く出ません。 色んな薬を試しましたが、私にはこん薬以上に効く薬はないです。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ