エビクサ(メマリー)
  • エビクサ(メマリー)

エビクサ(メマリー)

エビクサはアルツハイマー型認知症の中期から後期にかけての治療薬です。 過剰なグルタミン酸を抑制する事により、神経を守ることで、グルタミン酸系の神経異常を改善したことにより行動異常や心理症状に良い影響を与えます。
  • アルツハイマー型認知症

有効成分:メマンチン塩酸塩10mg

ご注文

エビクサ(メマリー) 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
3,550
3,190(631錠あたり
95
カゴに入れる

商品詳細

エビクサ(メマリー)はアルツハイマー型認知症の治療薬で世界で唯一のグルタミン酸NMDA受容体拮抗薬です。
中期から後期にかけての治療に適しており、初期症状には有用性が低いことが臨床試験で示されています。
アルツハイマー型認知症は進行性の病気で、症状が進行してしまうと、時季や景色の判断が徐々に出来なくなっていきまり、感情が敏感になってしまい、怒りのスイッチが入りやすくなり日常生活にも支障をきたしていきます。
これと並行してに言葉が出てこなくなり、会話が成り立たなくなります。
新しい事が覚えられなくなり、近い記憶から徐々に失われていくので徘徊や迷子になる様になり、過去の記憶と現在がわからなくなり、近親者の区別がつかなくなっていきます。
この薬の主要成分メマンチン塩酸塩はグルタミン酸受容体に働きかける事で過剰なグルタミン酸による神経障害を防ぎ、記憶力に関与するシグナルを減少させ、記憶障害の改善をします。
従来の治療薬でもあるドネペジルとの併用で相乗効果が期待出来ます。
但し、他の治療薬と同様で、病気そのものの進行を止める事は出来ません。
※その他メーカーや成分の異なる認知症の治療薬、サプリはコチラからご確認下さい。

服用方法・使用方法

1日1回朝食後に服用します。1日5mgで始め、1週間毎5mgづつ増やして下さい。
4週間後に維持量(1日20mg)とします。なお、腎臓の悪い方は少なめになることがあります。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

めまい、肝機能異常、食欲不振、 血圧上昇、血糖値上昇などの報告をうけてます。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい

併用禁止薬

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は、掛かりつけの医師にご確認下さい。

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管ください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん(40歳)
    忘れ物が酷く、困っていたのですが、 治療によるとアルツハイマーのようで、大変ショック…。 処方されている薬を飲んでいたのですが、 長い戦いになりそうだったので、出来るだけ安く購入したいと考え、 こちらで購入させて貰いました。 なのでしばらくはお世話になります。
  • 匿名希望さん(40歳)
    年齢の問題かもしれません。 この薬がとても必要bになりました。 ネットで検索できる限り、それこそ隈なく色々なお店をあたりましたけど、 こちらが一番お手頃価格でしたよ。 他にもサプリメントとか必要なので、また買いますね。
  • 匿名希望さん(40歳)
    認知症の薬だが強迫性障害にも効果があると知り購入してみました。 まだ飲み始めて2週間くらいです。 効果があるかどうかは、まだ何とも言えない状態です。 でも副作用も特になく、しばらくは様子を見て見ようと思います。 良ければまた購入します。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ