キュバール・ジェネリック
  • キュバール・ジェネリック
  • キュバール・ジェネリック
  • キュバール・ジェネリック

キュバール・ジェネリック

更新日:
特徴
リノクレニルはChiesi社が開発した気管支喘息の治療薬です。
日本でも処方されているキュバールのジェネリック医薬品で、直接口に噴霧するタイプの外用薬です。

効果
リノクレニルの主成分であるベクロメタゾンプロピオン酸エステルは抗炎症作用があり喘息の予防と治療に働きます。
毎日の吸入を続けることで発作が生じにくくなる効果が期待できます。

副作用
主な副作用は、過敏症状、口渇、口内炎、悪心、気分不良、頭痛、紅斑などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは100mcgが購入可能です。
  • 気管支喘息

有効成分:ベクロメタゾンプロピオン酸エステル/Beclometasone Dipropionate 100mcg

ご注文

キュバール・ジェネリック 100mcg 200回分

内容量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
2,500
2,250(2,2501本あたり
67
カゴに入れる
2本
4,000
3,600(1,8001本あたり
108
カゴに入れる
4本
7,000
6,300(1,5751本あたり
189
カゴに入れる

商品詳細

リノクレニルの特徴
リノクレニルはChiesi社が開発した気管支喘息の治療薬です。

日本でも処方されているキュバールのジェネリック医薬品で、直接口に噴霧するタイプの外用薬です。

リノクレニルの効果
リノクレニルの主成分のベクロメタゾンプロピオン酸エステルは気管支喘息の予防と治療に働く吸入ステロイド薬です。

気管支喘息はロイコトリエンやPG(プロスタグランジン)といった物質によって気道に炎症が起こり引き起こされます。

これらの物質はホスホリパーゼA2という酵素がアラキドン酸という脂肪酸を活性化させることで体内に生成されます。

ベクロメタゾンプロピオン酸エステルが体内に取り込まれるとホスホリパーゼA2の働きを阻害し、炎症を起こす物質の生成を抑え、気管支喘息の症状が改善していきます。

毎日の吸入を続けることで発作が生じにくくなる効果が期待できます。

リノクレニルの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは100mcgの購入が可能です。

リノクレニルの関連ページ
気管支喘息治療薬一覧
気管支喘息薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ベクロメタゾン - Wikipedia

服用方法・使用方法

使用量の目安
当サイトで取り扱っているリノクレニルの用量は100mcgです。

1回100mcgを1日2回口腔内に噴霧してください。

1回の噴霧量は100mcgとなります。

しかし、年齢や症状によって適宜増減してください。

1日で使用できる用量は800mcgまでです。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に使用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

使用後は局所的な副作用を軽減させるためうがいを行ってください。

推奨用量
成人には1回100mcgを1日2回口腔内に噴霧吸入することが推奨されています。

使用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

使用の注意
・感染症の方は症状が悪化する恐れがあります。

・高血圧の方は血圧が上昇する恐れがあります。

・喘息発作が重積状態の時や、急激に悪化した場合には本剤の使用は控えてください。

・気管支粘液の分泌が多い方は分泌が減少するまでは他の薬を使用してください。

・本剤の使用期間中に喘息症状の悪化が確認された場合は気管支拡張作用のある薬または全身ステロイド剤を短期間併用し、症状が落ち着いてきたら併用薬を徐々に減量してください。

リノクレニルを使用できない方
・ベクロメタゾンプロピオン酸エステルに対し過敏症の既往歴のある方

・有効な抗菌剤が判明していない感染症や、全身の真菌症に罹っている方

・結核性疾患の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・4歳以下の幼児

※使用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、過敏症状、口渇、口内炎、悪心、気分不良、頭痛、紅斑などがあげられます。

ステロイド剤は副作用が懸念されますが、リノクレニルは外用薬で気管支や肺にのみ成分が作用するため副作用が軽減されています。

まれに全身性の副作用が生じる恐れがあるため、長期間で使用する際には定期的に検査を行ってください。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
現在報告されておりません。

参考サイト
商品のご説明・使用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : キュバール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・表示されている期限を過ぎたものは使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん(40歳)
    季節の変わり目等に、発生しやすくなるので、勤務先のデスク、自宅には必ず常備してあります。 常備してある事で安心できますしね。 発作時の息苦しい時に、吸引するとすごく楽になりますね。
  • 匿名希望さん(40歳)
    いつもこちらでお世話になっています。 ちょっとした軽いぜいぜいの時に使用しています。 病院に行かずに購入できるので、本当に有難いです。 助かっています。 外出時には必ず持ち歩いています。 もう少しで無くなってしまうので、購入します!
  • 匿名希望さん(40歳)
    もともと小児喘息を持っていて、大人になってからは、 日常生活に障害が出る事は、ほとんどなかったのですが、 動物を買い始めてから、呼吸困難になるほどのアレルギー喘息が再び襲ってきました。 でも一度動物を飼ってしまったのを手放すのは…。 なのでこの薬を購入させて貰いました。 この薬を吸ってから触れ合うと、呼吸困難になりません。 本当に助かっています。 またリピートさせて頂きます。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ