インデラル・ジェネリック
  • インデラル・ジェネリック
  • インデラル・ジェネリック
  • インデラル・ジェネリック

インデラル・ジェネリック

更新日:
特徴
プロプラノロールWZFはPolfa Warszawa S.A.社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬です。
インデラルのジェネリック医薬品で白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
プロプラノロールWZFの主成分であるプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により血圧を低下させることで、心拍数を抑えます。
心拍数が抑えられたことで、狭心症の発作を予防し、緊張による激しい動悸が抑えられます。

副作用
主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは10mg/40mgが購入可能です。
  • あがり症
  • 高血圧症
  • 狭心症

有効成分:プロプラノロール塩酸塩/Propranolol Hydrochloride 10mg・40mg

ご注文

インデラル・ジェネリック 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
1,500
1,420(281錠あたり
42
売切れ
100錠
3,000
2,700(271錠あたり
81
売切れ
150錠
4,500
3,400(221錠あたり
102
売切れ

インデラル・ジェネリック 40mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
2,000
1,900(381錠あたり
57
売切れ
100錠
6,000
3,610(361錠あたり
108
売切れ
150錠
8,000
4,560(301錠あたり
136
売切れ

商品詳細

40mg、7月中旬入荷予定
プロプラノロールWZFの特徴
プロプラノロールWZFはPolfa Warszawa S.A.社が開発した、狭心症やあがり症の治療薬です。

インデラルのジェネリック医薬品で白い丸形の錠剤が特徴です。

プロプラノロールWZFの効果
プロプラノロールWZFの主成分のプロプラノロール塩酸塩はβ受容体遮断作用により心拍数を抑えます

心拍数が抑えられたことで狭心症の発作を予防することができます。

そして、心拍数が抑えられたことで、全身に供給される血液の量が減り血圧が下がることで高血圧の治療薬としても用いられています。

緊張や不安感による心臓の動悸を抑えてくれるので、あがり症にも効果があります。

プロプラノロールWZFの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは10mg/40mgの購入が可能です。

その他
血管の拡張作用で、片頭痛発作の発症抑制に利用される事もあります。

※スマートドラッグ輸入規制対象商品
プロプラノロールWZFは2018年中に輸入規制の対象となる可能性が高い商品です。

規制対象となりますと、個人輸入で購入ができなくなるため、お早めにご購入ください。

プロプラノロールWZFの関連ページ
あがり症・緊張緩和治療薬の一覧
あがり症・緊張緩和
狭心症・高血圧

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
プロプラノロール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
当サイトで取り扱っているプロプラノロールWZFの用量は10mg/40mgです。

1日30mgを3回に分けて、服用をはじめてください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

1日で服用できるのは、高血圧症で120mg、狭心症、あがり症で90mgまでとなっています。

服用量の目安
高血圧症
1日30~60mgよりはじめ、効果を実感できなかった場合は1日120mgまで用量を上げることが可能です。

狭心症・あがり症
1日30mgよりはじめ、効果を実感できなかった場合は1日90mgまで用量を上げることが可能です。

推奨用量
初めてプロプラノロールWZFの主成分であるプロプラノロール塩酸塩を含む医薬品を服用される場合は1日30mgからの服用が推奨されています。

プロプラノロールWZFを服用できない方
・プロプラノロールWZFの服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・気管支喘息、気管支痙攣のおそれのある方

・リザトリプタン安息香酸塩を服用している方

・肺高血圧による右心不全のある方

・糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方

・長期間絶食状態の方

・重度の末梢循環障害のある方

・未治療の褐色細胞腫のの方

・異型狭心症の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、発疹、低血圧、頭痛、めまい、悪心、脱力感などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、うっ血性心不全無顆粒球症などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※うっ血性心不全とは?
心臓のポンプ機能が不十分なために全身に血液を送り出すことができず、血液がうっ滞している状態です。
尿量の減少により体重が急激に増加してしまい、足にむくみを生じます。
また、肺水腫となるため呼吸困難を起こしてしまいます。

※無顆粒球症とは?
白血球の成分のうち、顆粒球が減少し、ほとんどなくなってしまう病気です。
無顆粒球症になると、細菌に感染しやすくなり、肺炎や敗血症などの重傷感染症を起こしやすくなってしまいます。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、プロプラノロールWZFと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・リザトリプタン安息香酸塩
プロプラノロール塩酸塩がリザトリプタンの代謝を阻害する可能性が示唆されています。

併用注意
併用注意薬は、プロプラノロールWZFと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。
・血糖降下剤
血糖降下作用が増強されることがあります。

・リドカイン
リドカインの代謝を遅延させ、血中濃度を上昇させることがあります。

・クロルプロマジン
プロプラノロール塩酸塩とクロルプロマジンの作用がそれぞれに増強することがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : インデラル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • ベネセさん(41歳)
    基本的には警備の仕事なのであまり人と話す機会はないのですが、稀に警備担当者や出向先で話す機会があります。 稀だからより、緊張してしまってうまく会話ができないことがあるので、このインデラルなどを服用し、少しでもこちらが緊張しているなどと気取られないように気をつけています。
  • シュンさん(26歳)
    人生を左右するどうしても大事な日に飲みました。 効果はあったと思います。 おかげで成功しました!
  • スバルさん(29歳)
    結構な緊張しいです…。初対面の人と話すときとかも、緊張してうまく喋れなくて困ってました。薬で治るものなのかと思ってましたが、これ飲んでからは、気持ちも落ち着いて会話ができるようになりました。なので常に持ち歩いています。
  • さっちさん(35歳)
    いつもドキドキした時飲むと、緊張が抑えられます。助けられています。お薬なびさんは信頼できるお店です。
  • ヤンバルクイナさん(24歳)
    僕は緊張して自分のパフォーマンスを最大に発揮できないという悩みがありました。 練習ではいつも上手くいくし評価ももらえるのに本番になると全然だめになってしまうんです。 年下の子たちにも抜かれてきていてお世話になった人たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。 このような状態から抜け出すためにいろいろと調べましたがレビューを見て評判がよさそうだったので自分も飲んでみる事にしました。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ