ジプレキサ・ジェネリック
  • ジプレキサ・ジェネリック
  • ジプレキサ・ジェネリック
  • ジプレキサ・ジェネリック

ジプレキサ・ジェネリック

更新日:
特徴
オリザはインタスファーマ社が開発した、抗精神病薬、双極性障害治療薬、制吐剤です。
ジプレキサのジェネリック医薬品で、白色で丸形の錠剤が特徴です。

効果
オリザの主成分であるオランザピンは、神経伝達物質のセロトニンおよびドパミン受容体に働きかけ、物質の過剰な分泌を抑え神経伝達を正常に戻す効果があります。

副作用
主な副作用には、傾眠、不眠、めまい、アカシジア、便秘などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは10mgが購入可能です。
  • MARTA
  • 統合失調症
  • 双極性障害
  • うつ病

有効成分:オランザピン/Olanzapine 10mg

ご注文

ジプレキサ・ジェネリック 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
3,800
3,610(361錠あたり
108
カゴに入れる
200錠
7,600
6,860(341錠あたり
205
カゴに入れる
300錠
10,800
9,750(321錠あたり
292
カゴに入れる

ジプレキサ・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
ジン=フリークス さん(26歳)
この薬は体質によって関節に非道アカシジアがでる。黄色い水無しで飲めるやつが特に危ない、白いジプレキサはとにかく眠り続ける。5mgでも効果は絶大なのでこれ認可した人はキッチリ20mg飲ん見てくださいね。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

オリザの特徴
オリザはインタスファーマ社が開発した、抗精神病薬、双極性障害治療薬、制吐剤です。

ジプレキサのジェネリック医薬品で、白色で丸形の錠剤が特徴です。

オリザの効果
オリザの主成分であるオランザピンは、神経伝達物質のセロトニンおよびドパミン受容体に働きかけ、物質の過剰な分泌を抑え神経伝達を正常に戻す効果があります。

統合失調症は、神経伝達物質のセロトニン及びドパミン受容体が正常に機能しないことで発症しますが、これには物質の過剰分泌が関係しており、セロトニンの分泌が過剰な時は意欲低下や無気力を生じる陰性症状が発症し、逆にドパミンの分泌が過剰な時は幻聴や幻覚などを生じる陽性症状が発症します。

オランザピンは、これらの過剰に分泌されている受容体の働きを阻害し、神経伝達物質の働きを正常に戻すことで症状の改善を促します。

この働きは、双極性障害に見られる躁病とうつ病を交互に繰り返すといった症状にも効果があり、双極Ⅰ型、Ⅱ型問わず、躁状態時の高ぶる気持ちや行動を抑えることで気分を安定させます。

オリザの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは10mgの購入が可能です。

その他
ドグマチールと同等の効果をもちながら、ドグマチールに比べて価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

オリザの関連ページ
統合失調症商品一覧
統合失調症

うつ病商品一覧
うつ病

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
オランザピン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用方法
1日1回、水かぬるま湯で分割服用してください。

服用量の目安
統合失調症
服用開始用量は1日5mg~10mgです。

維持量として1日10mgを服用してください。

1日の最大摂取量は20mgですので、20mgを超えないようにしてください。

双極性障害における躁症状の改善
1日10mgを服用してください。

1日の最大摂取量は20mgですので、20mgを超えないようにしてください。

双極性障害におけるうつ症状の改善
服用開始用量は1日5mgです。

その後1日1回10mgを服用してください。

服用する際は就寝前にしてください。

1日の最大摂取量は20mgですので、20mgを超えないようにしてください。

抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)
他の制吐剤との併用において、1日1回5mgを服用してください。

1日の最大摂取量は10mgですので、10mgを超えないようにしてください。

年齢や症状により服用量の調節を行ってください

食事とアルコールの影響
食事の影響は受けませんが、アルコールは中枢神経を抑える効果を増強させてしまう恐れがあるため、控えるようにしてください。

オリザを服用できない方
・スルピリドに対して過敏症の既往歴のある方

・昏睡状態の方

・バルビツール酸誘導体、麻酔剤などの中枢神経抑制剤の強い影響下にある方

・アドレナリンを投与中の方

・喫煙者

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、傾眠、不眠、めまい、アカシジア、便秘、興奮、不安、振戦、食欲亢進、口渇、ALT上昇、AST上昇、トリグリセリド上昇、コレステロール上昇、高脂肪症、体重増加、けん怠感などがあげられます。

重篤な副作用として、高血糖、低血糖、悪心症候群、痙攣、無顆粒球症、白血球減少、肝機能障害などがあります。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

警告
著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡などの重大な副作用が発現する場合があるので、本剤服用中は、血糖値の測定等の観察を十分に行ってください。

服用にあたっては、あらかじめ上記の副作用が発現する場合があることを、患者およびその家族に十分に説明し、口渇、多飲、多尿、頻尿等の異常に注意し、このような症状があらわれた場合には、直ちに服用を中断し、医師の診察を受けるよう、指導してください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、オリザと相性が悪く一緒に飲み合わせすることができないお薬です。

・アドレナリン
アドレナリン作動性α、β受容体の刺激剤であり、本剤のα受容体遮断効果によりβ受容体刺激効果が優位となり、血圧降下作用が増強されます。

併用注意
併用注意薬は、オリザと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・中枢神経抑制剤
中枢神経を抑える恐れがあります。

・ドパミン作動薬
ドパミン作動性神経において、本剤がこれらの薬剤の効果に拮抗する恐れがあります。

・ムスカリン性コリン受容体拮抗薬、抗コリン薬
本剤及びこれらの薬剤は抗コリン効果を有する恐れがあります。

・フルボキサミン、シプロフロキサシン塩酸塩水和物
これらの薬剤は肝薬物代謝酵素(CYP1A2)阻害するため本剤のクリアランスを低下させる恐れがあります。

・カルバマゼピン、オメプラゾール、リファンピシン
これらの薬剤は肝薬物代謝酵素(CYP1A2)誘導するため本剤のクリアランスを増加させる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ジプレキサ

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • アイスさん(36歳)
    引きこもり生活をやめたい。 親ももう高齢だし、働かなくちゃ。。
  • ジン=フリークス さん(26歳)
    この薬は体質によって関節に非道アカシジアがでる。黄色い水無しで飲めるやつが特に危ない、白いジプレキサはとにかく眠り続ける。5mgでも効果は絶大なのでこれ認可した人はキッチリ20mg飲ん見てくださいね。
  • みなみさん(23歳)
    学生時代に統合失調症になり、以来何度か再発を繰り返しています。 何種類かの薬を試しましたが、私にはオランザピンが一番相性が良かったので使っています。 また普通に生活出来るようになれるかな
  • 匿名希望さん(40歳)
    かなりきつい時期が続き、朝はまず動けなかったのが、 この薬を飲むようになってからは、起き上がれるようになりました。 一時的はこの先の人生暗闇だと思っていました…。 直ぐに全てが解決する訳ではないのですが、少しずつでもいい方向にいけばいいなっと思っています。 今はすごく楽しい。この薬のおかげです。 これからも続けて服用しますので、今度ともお世話になります。
  • 匿名希望さん(40歳)
    幻覚や幻聴が抑えられます。 今の所は薬の効果で落ち着いています。 このまま回復して仕事ができるようになったらいいな~と思います。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ