メネシット
  • メネシット
  • メネシット
  • メネシット

メネシット

特徴
メネシットはMSD社が開発した抗パーキンソン薬で、丸形の錠剤が特徴です。
当サイトで取り扱っているメネシットは、MSD社が製造・販売している正規品です。

効果
メネシット主成分であるカルビドバとレボドバは、脳内でドパミンに変化する成分とその効力を高める成分が含まれているためパーキンソン病の症状を緩和する効果があります。
持続時間は5時間です。

副作用
主な副作用には不随意運動、悪心、食欲不振、めまい、不眠などがあげられます。

成分量
日本国内においてはカルビドバ10mg/レボドバ100mg、カルビドバ25mg/レボドバ250mgの2種類が処方されています。
当サイトではカルビドバ25mg/レボドバ250mgが購入可能です。
  • パーキンソン病

有効成分:カルビドパ/Carbidopa 25mg
     レボドパ/Levodopa 250mg

ご注文

メネシット 25mg/250mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
2,500
2,250(751錠あたり
67
カゴに入れる
60錠
5,000
4,050(671錠あたり
121
カゴに入れる
90錠
7,500
5,400(601錠あたり
162
カゴに入れる

商品詳細

メネシットの特徴
メネシットはMSD社が開発した抗パーキンソン薬で、丸形の錠剤が特徴です。

メネシットの効果
メネシットの主成分であるカルビドバとレボドバは、脳内でドパミンに変化する成分とその効力を高める成分が含まれているためパーキンソン病の症状を緩和する効果があります。

パーキンソン病は身体の動作に係るドパミンが不足することが原因ですが、メネシットはドパミンを活性化させることに優れ、不足したドパミンを増加し症状を改善をします。

主成分であるレボドパは、ドパミンの前段階の物質になり脳内に入ることでドパミンに変化し運動神経を活性化し症状の改善をします。

カルビドパは、レボドパの効果を更に高める効果があります。

ドパミンは、脳に到達するまでにその殆どが分解され、そして代謝されてしまいます。

カルビドパは、脳に入る前のレボドパの分解を抑え、レボドパの脳への移行をサポートします。

神経伝達物質であるドパミンが不足すると、手足が震え身体が強張ってしまい、動くということ自体が困難になってしまいます。

パーキンソン病は進行性の病気なので、時間の経過と共に不自由度は増していきます。

メネシットの持続時間
持続時間は5時間です。

メネシットの成分量
日本国内においてはカルビドバ10mg/レボドバ100mg、カルビドバ25mg/レボドバ250mgの2種類が処方されています。

個人輸入を行っている当サイトではカルビドバ25mg/レボドバ250mgの購入可能です。

その他
パーキンソン病治療薬の中でも最も効果が高く、効果の発現が早いのがメネシットの特徴で、精神症状の副作用も少ないのでお薦めの商品です。

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
レボドパ・カルビドパ合剤 - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日3回、水かぬるま湯で服用してください。

服用量の目安
・レボドバ未服用の方
1回100mg~125mgを1日100gm~300mgの服用から始めてください。

毎日または隔日にレボドバ量として100mg~125mgを増量し、最適服用量を定め、維持量としてください。

標準維持量はレボドバ量として1回200mg~250mgを1日3回となります。

症状により服用量は増減します。

1日の最大服用量は1500mgのため、1500mgを超えないようにしてください。

・レボドバ既服用の方
レボドバ単味製剤の服用後、少なくても8時間の間隔を空けて服用してください。

レボドバ1日維持料の役15量に相当するレボドバ量を目安に初回量を決め、1日3回に分けて服用してください。

症状により服用量を増減し、最適服用量を定め、維持量としてください。

標準維持量はレボドバ量として1回200mg~250mgを1日3回となります。

1日の最大服用量は1500mgのため、1500mgを超えないようにしてください。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

メネシットを服用できない方
・カルビドバとレボドバに対して過敏症の既往歴のある方

・閉塞隅角緑内障の方

・非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中の方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、不随意運動、悪心、食欲不振、めまい、不眠、病的賭博、病的性欲亢進、ドパミン調節障害症候群、血圧上昇、筋肉痛、体重減少、抗DNA抗体・クームス試験の陽性例、痰・口腔内粘膜の変色、便の変色などがあげられます。

また、重篤な副作用としてはSyndrome malin、幻覚、妄想、精神錯乱、抗うつ、溶血性貧血、突発性睡眠、閉塞隅角緑内障があげられます。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、メネシットと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・非選択的モノアミン酸化酵素阻害薬
非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤により、カテコールアミンの代謝が阻害され濃度が上昇することがあります。

併用注意
併用注意薬は、メネシットと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・レセルピン
脳内のドパミンを減少させてパーキンソン症状を悪化させる恐れがあります。

・血糖降下剤
作用機序は異なりますが、相加的血圧低下が起こる恐れがあります。

・抗精神病薬
これらの薬剤によりドパミン受容体が遮断される恐れがあります。

・抗パーキンソン剤
それぞれの薬剤で精神神経系の副作用が報告されていることから、精神神経系の副作用が増強される恐れがあります。

・鉄剤
キレートを形成し、本剤の吸収が減少する恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : メネシット

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール

口コミ・レビュー

  • 名無しさん(32歳)
    よく転ぶし、物もすぐ無くすんです。昔からだから母親も気にして病院に連れて行ってくれたみたいなんですけど、その時は成長が遅いだけと言われました。大人になってからも続くんで、自分でも発達障害かなって思います。試しにこの薬を飲んでるんですけど、落ち着いて行動できる気がします。
  • サブローさん(35歳)
    病名は伏せますが、こういった専門の医薬品を処方してもらうにも、お医者さんまで通うことが難しい場合はやはりこういった通販業者様がいてくれると非常に助かります。 また、医療費をとても抑えることができるので、病気と医療費で苦しんでいる人たちにはぜひこういったサービスを少しでも多く知ってもらいたいです。
  • 匿名希望さん(40歳)
    こういう専門的なお薬が通販で購入できるのは、本当に助かります。 私の息子がADHDと病院で診断され、毎回病院に連れて行くのも、泣き過ぎて大変です。 なので通販で購入できるので、有難いです。 この薬を飲む事で、私の息子はADHDの症状が治まります。 これからもこちらで、このお薬を購入させて貰います。
  • 匿名希望さん(40歳)
    昔から落ち着くがなく、成績も悪い。 大人になってからも変わる事がなく、やはり私はADHDだと分かり、 治療を行いたいと思い、こちらでこの薬を購入させて貰いました。 確かに落ち着いて行動をする事ができるようになっています。 これからもADHDの治療のために、購入させて頂きます
  • 匿名希望さん(40歳)
    かなり安定してきました。 色んな事が、頭の中を巡り過ぎていましたが、 頭の中がちゃんと交通整理されている感じがしてきました。 少しだけ吐き気があります。 副作用は何の薬を飲んでもある物なので、そこまで気にしません。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ