メマリー・ジェネリック
  • メマリー・ジェネリック

メマリー・ジェネリック

メマリージェネリックのアドメンタは、アルツハイマー型認知症の中期から後期に利用される治療薬です。 アルツハイマー型認知症は、中期頃から問題となる症状が多く見られるようになります。 主成分のメマンチン塩酸塩が、認知機能障害の悪化を抑制してくれます。
  • アルツハイマー型認知症

有効成分:メマンチン塩酸塩10mg

ご注文

メマリー・ジェネリック 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
6,500
5,850(581錠あたり
175
カゴに入れる

商品詳細

メマリージェネリックのアドメンタは、中期から後期のアルツハイマー型認知症の症状進行を抑制してくれる治療薬です。
アルツハイマー型認知症の症状が進行してしまうことで、興奮系の神経伝達物質グルタミン酸濃度が過剰に上昇し、グルタミン酸受容体が活性したことにより神経細胞に障害をもたらし、時季や景色の判断が出来なくなっていきます。
また感情が敏感になってしまい怒りのスイッチが入りやすくなってしまう等、日常生活に支障が出てしまうレベルになっていきます。
この時に言葉がうまく出てこなくなって会話が成り立たなくなる、徘徊や迷子、新しい事を覚えられなくなっていきます。
これまでの記憶が徐々に失われていき、次第に過去の記憶と現在の区別が出来なくなります。
近い記憶から徐々に失われていくので、次第に近親者の事も徐々に区別出来なくなってしまいます。
この薬の主要成分メマンチン塩酸塩は、この受容体を選択的に拮抗し、グルタミン酸の過剰な働きによる神経障害を防ぐことで、記憶力に関係するシグナルを減少させ記憶障害の改善をします。
また感情の抑制や徘徊などの症状を軽減する効果があります。
従来の治療薬でもあるドネペジルと効果が違うので、併用することで相乗効果が期待出来ます。
但し、他の治療薬と同様に対症療法薬のため、病気そのものの進行を止めることは出来ません。
※その他メーカーや成分の異なる認知症の治療薬、サプリはコチラからご確認下さい。

服用方法・使用方法

1日1回朝食後に服用します。1日5mgで始め、1週間毎5mgづつ増やして下さい。
4週間後に維持量(1日20mg)とします。なお、腎臓の悪い方は少なめになることがあります。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

めまい、肝機能異常、食欲不振、 血圧上昇、血糖値上昇などの報告をうけてます。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい

併用禁止薬

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は、掛かりつけの医師にご確認下さい。

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管ください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん(41歳)
    母が認知症で、お薬代もバカにならないので購入しました。 今のところ特に問題なく、処方薬と変わらず効果があるみたいなので安心しています。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ