メマリー・ジェネリック
  • メマリー・ジェネリック
  • メマリー・ジェネリック
  • メマリー・ジェネリック

メマリー・ジェネリック

更新日:
特徴
メマリー・ジェネリックはサンファーマ社が販売しているアルツハイマー型認知症治療剤です。
メマリーのジェネリック医薬品で、白色で丸形の錠剤が特徴です。

効果
メマリー・ジェネリックの主成分であるメマンチン塩酸塩は、グルタミン受容体を選択的に拮抗し、グルタミン酸の過剰な働きによる神経障害を防ぐことで、記憶力に関係するシグナルを減少させ記憶障害の改善をします。

副作用
主な副作用にはめまい、頭痛、肝機能異常、便秘、食欲不振、血圧上昇などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは10mgが購入可能です。
  • アルツハイマー型認知症

有効成分:メマンチン塩酸塩/Memantine Hydrobromide 10mg

ご注文

メマリー・ジェネリック 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
6,500
5,850(581錠あたり
175
カゴに入れる

商品詳細

メマリー・ジェネリックの特徴
メマリー・ジェネリックはサンファーマ社販売しているアルツハイマー型認知症治療剤です。

メマリーのジェネリック医薬品で、白色で丸形の錠剤が特徴です。

メマリー・ジェネリックの効果
メマリー・ジェネリックの主成分であるメマンチン塩酸塩は、グルタミン受容体を選択的に拮抗し、グルタミン酸の過剰な働きによる神経障害を防ぐことで、記憶力に関係するシグナルを減少させ記憶障害の改善をします。

アルツハイマー型認知症の症状が進行してしまうことで、興奮系の神経伝達物質グルタミン酸濃度が過剰に上昇し、グルタミン酸受容体が活性したことにより神経細胞に障害をもたらし、時季や景色の判断が出来なくなっていきます。

また感情が敏感になってしまい怒りのスイッチが入りやすくなってしまう等、日常生活に支障が出てしまうレベルになっていきます。

この時に言葉がうまく出てこなくなって会話が成り立たなくなる、徘徊や迷子、新しい事を覚えられなくなっていきます。

これまでの記憶が徐々に失われていき、次第に過去の記憶と現在の区別が出来なくなり、近い記憶から徐々に失われていくので、次第に近親者の事も徐々に区別出来なくなってしまいます。

メマンチン塩酸塩は、記憶障害の改善効果があり、感情を抑え、徘徊などの症状を軽減する効果があります。

メマリー・ジェネリックの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されてません。

個人輸入を行っている当サイトでは10mgの購入可能です。

その他
従来の治療薬でもあるドネペジルと効果が違うので、併用することで相乗効果が期待出来ます。

しかし、他の治療薬と同様に対症療法薬のため、病気そのものの進行を止めることは出来ません。

メマリー・ジェネリックの関連ページ
認知症商品一覧
認知症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
メマンチン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日1回、水かぬるま湯で服用してください。

服用量の目安
1回5mgから開始し、1週間に5mgずつ増量し服用してください。

維持量として1回20mgを服用してください。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

メマリー・ジェネリックを服用できない方
・メマンチン塩酸塩に対して過敏症の既往歴のある方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、めまい、頭痛、肝機能異常、便秘、食欲不振、血圧上昇、血糖値上昇、転倒、浮腫、体重減少、CK(CPK)上昇などがあげられます。

また、重篤な副作用としては痙攣、失神、意識消失、精神症状、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症があげられます。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、メマリー・ジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ドパミン作動薬
本剤のNMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)受容体拮抗効果が、ドパミン遊離を促す恐れがあります。

・シメチジン
本剤は一部が尿細管分泌(カチオン輸送系)により排泄されるため、同じ輸送系を介する薬剤と競合する恐れがあります。

・アセタゾラミド
尿のアルカリ化により、本剤の尿中排泄率が低下する恐れがあります。

・NMDA受容体拮抗薬
両剤ともNMDA受容体拮抗効果を持つため、相互に効果を増強させる恐れがあります。

・ヒドロクロロチアジド
ヒドロクロロチアジドの血中濃度を低下させる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : メマリー

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • なつさん(36歳)
    家族にアルツハイマー病がいます。治療はもちろんしてきましたが、病院や薬などもお金がかかるので通販で購入しました。本人は使っていても病院で処方されたものと変わらない感じなので今後も購入していきます。
  • 匿名希望さん(41歳)
    母が認知症で、お薬代もバカにならないので購入しました。 今のところ特に問題なく、処方薬と変わらず効果があるみたいなので安心しています。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ