フルボキサミン(ルボックス)
  • フルボキサミン(ルボックス)

フルボキサミン(ルボックス)

更新日:
特徴
フルボキサミンはアッヴィ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。
ルボックスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
フルボキサミンの主成分であるフルボキサミンマレイン酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。
脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。

副作用
主な副作用は、めまい、動悸、発疹、貧血、口喝、排尿障害、倦怠感などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは、50mgが購入可能です。
  • 【SSRI】
  • うつ病
  • 強迫性障害
  • 不安障害

有効成分:フルボキサミンマレイン酸塩/Fluvoxamine Maleate 50mg

ご注文

フルボキサミン(ルボックス) 50mg

内容量 販売価格(1単価) ポイント 注文
20
2,500
2,250(1121あたり
67
カゴに入れる
40
5,000
4,280(1071あたり
128
カゴに入れる
60
7,500
6,080(1011あたり
182
カゴに入れる
80
10,000
7,650(951あたり
229
カゴに入れる

フルボキサミン(ルボックス)を使用したお客様の声

良い評価
村井さん(35歳)
軽くうつになっていて、寝るときもなかなか寝れずに困っていました。薬を飲み事始めてからは、心が落ち着いて寝れるようになりました。価格も安く経済的なのでこれからも継続購入させてもらおうと思います。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

フルボキサミンの特徴
フルボキサミンはアッヴィ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。

ルボックスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

フルボキサミンの効果
フルボキサミンの主成分であるフルボキサミンマレイン酸塩は、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です

うつ病ではセロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の働きが弱ってしまっています。

セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ、心の安定や安らぎをもたらせ、心のバランスを保つ役割を担っています。

セロトニンが不足してしまうと心のバランスが取れなくなり、不安感や悲観的な気分、眠れない、イライラしてしまいやすくなるなどの症状が現れます。

フルボキサミンマレイン酸塩は、不足したセロトニンの働きを強めることで、心のバランスを保つことができるようになり、不安感や悲観的などの感情が前向きになり、うつ症状が改善されます。

フルボキサミンの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは、50mgの購入が可能です。

その他
フルボキサミンマレイン酸塩は、同系のSSRIに比べ副作用の少ない安全性の高い薬です。

うつ病や不安障害の他、強迫性障害の治療薬としても用いられています。

フルボキサミンの関連ページ
抗不安薬の一覧
不安障害・抗不安薬

うつ病

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
フルボキサミン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
フルボキサミンは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

服用量の目安
1日50mgから服用を開始し、効果が感じられない場合は1日150mgまで増量します。

1日2回に分けて食後に服用して下さい。

推奨用量
初めてフルボキサミンの主成分であるフルボキサミンマレイン酸塩を含む医薬品を服用される場合は1日50mgからの服用が推奨されています。

フルボキサミンを服用できない方
・フルボキサミンの服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・MAO阻害剤を服用している方

・ピモジド,チザニジン塩酸塩,ラメルテオンを服用している方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、めまい、動悸、発疹、貧血、口喝、排尿障害、倦怠感などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、アナフィラキシーショックセロトニン症候群などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※セロトニン症候群とは?
セロトニン症候群は、抗うつ薬などを服用中に脳内のセロトニン濃度が過剰になってしまうことによって起こる副作用です。
主な症状は、体温の上昇、心拍数の増加、振戦、筋強剛、混乱、錯覚などです。
セロトニン症候群は、悪性症候群(NMS)に比べ、副作用の発現が速いため、これらの症状や以上を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、フルボキサミンと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・MAO阻害剤
両薬剤の作用が増強されることがあります。

・ピモジド
ピモジドの血中濃度が上昇又は半減期が延長することにより,QT延長,心室性不整脈などの心血管系の副作用が発現するおそれがあります。

・チザニジン塩酸塩
チザニジンの血中濃度が上昇又は半減期が延長することにより,著しい血圧低下等の副作用が発現するおそれがあります。

・ラメルテオン
ラメルテオンの最高血中濃度,AUCが顕著に上昇するとの報告があり,併用により同剤の作用が強くあらわれるおそれがあります。

併用注意
併用注意薬は、フルボキサミンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・セロトニン作用を有する薬剤、トラマドール塩酸塩、リネゾリド、選択的セロトニン再取り込み阻害剤など
セロトニン症候群などの、セロトニン作用による症状があらわれるおそれがあります。

・抗てんかん剤、三環系抗うつ剤、シルデナフィルクエン酸塩など
これらの薬剤の血中濃度を上昇させることがあります。

・プロプラノロール塩酸塩
プロプラノロールの血中濃度上昇によると考えられる徐脈,低血圧等が報告されています。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ルボックス

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 村井さん(35歳)
    軽くうつになっていて、寝るときもなかなか寝れずに困っていました。薬を飲み事始めてからは、心が落ち着いて寝れるようになりました。価格も安く経済的なのでこれからも継続購入させてもらおうと思います。
  • 匿名希望さん(40歳)
    赤面症で悩んでおりましたが、こちらの薬を飲んでからは、 わりと改善されたように感じます。 飲んで良かったです。 薬は個人差がありますが、悩んでいる方は、試しに飲んでみて下さい!
  • 匿名希望さん(40歳)
    リピーターです。 イライラや落ち込み、不眠などには効いてます。 夜 自然に眠りに入る嬉しさ! 眠剤では効かなかったのに…。 不眠には個人差あるでしょうが、私は効いてますね。
  • 匿名希望さん(40歳)
    値段も安く嬉しいです。 リピートしやすい値段なので、もう何度もリピートさせて頂いています。 飲み始めは少し副作用があり、吐き気、頭痛です。 でも飲み続ける事で、副作用もなくなりました。
  • 匿名希望さん(40歳)
    あがり症なので、こちらを飲んでいます。 最近は自信がついてきたのかな? この薬がなくても大丈夫なようになりました。 赤面症には効果的だと思います。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ