パーロデル
  • パーロデル
  • パーロデル
  • パーロデル

パーロデル

特徴
パーロデルはメダ社が販売している持続性ドパミン作動薬です。
パーキンソン病や結成排卵障害、乳汁漏出症、下垂体性巨人症の治療に用いられています。

効果
パーロデルの主成分であるブロモクリプチンメシル酸塩は、脳内にあるドパミン受容体に働きかけることにより、ドパミンを活性化させ症状を緩和する効果があります。

副作用
主な副作用には傾眠、錯覚覚、頻脈、徐脈、不整脈などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは0.25mg/0.5mgの2種類が購入可能です。
  • パーキンソン病
  • 乳汁漏出症
  • 血性排卵障害

有効成分:ブロモクリプチンメシル酸塩/Bromocriptine Mesilate 2.5mg

ご注文

パーロデル 2.5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
1,800
1,620(541錠あたり
48
カゴに入れる

商品詳細

パーロデルの特徴
パーロデルはメダ社が販売している持続性ドパミン作動薬です。

パーキンソン病や結成排卵障害、乳汁漏出症、下垂体性巨人症の治療に用いられています。

パーロデルの効果
パーロデルの主成分であるブロモクリプチンメシル酸塩は、脳内にあるドパミン受容体に働きかけることにより、ドパミンを活性化させ症状を緩和する効果があります。

パーキンソン病は脳内のドパミンが不足したことにより、手足の震えや身体が強張り、身体に不自由を感じるようになる進行性の病気です。

徐々に症状が悪化していき、歩行困難や身体のバランスを取ること出来なくなって行きます。

ブロモクリプチンメシル酸塩はドパミンに働くことによりパーキンソン病の症状を緩和します。

また、子育てホルモンと呼ばれるプロラクチンは、産後に多く分泌されるホルモンで、母乳を出したり排卵を止める役割をしています。

このホルモンが過剰に分泌してしまうと高プロラクチン血症になり生理不順、妊娠出産もしていないのに母乳が出てしまう、無排卵になってしまい不妊の原因になります。

プロラクチンは、ドパミンによって過剰分泌を抑えられているので、ドパミンを活性化させることでプロラクチンを抑え排卵を促します。

パーロデルの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは0.25mg/0.5mgの2種類の購入可能です。

その他
この薬は効果が出るまでに時間を要しますので、根気強く服用されることをお薦めします。

※スマートドラッグ輸入規制対象商品

パーロデルは2018年中に輸入規制の対象となる可能性が高い商品です。

規制対象となりますと、個人輸入で購入ができなくなるため、お早めにご購入ください。

パーロデルの関連ページ
不妊症・マタニティー商品一覧
不妊症・マタニティー

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
Bromocriptine - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
症状により異なりますので注意してください。

服用量の目安
・パーキンソン病
1日1回1.25mgまたは2.5mgを朝食直後の服用から始めてください。

1、2週ごとに1日量として2.5mgずつ増量し、維持量を定めてください。

1日の標準維持量は15.0mg~22.5mgです。

1日量はブロモクリプチンとして5.0mgの場合は朝食および夕食直後に、7.5mg以上の場合は毎食直後に分けて服用してください。

年齢や症状によって服用量は増減します。

・乳汁漏出症、産褥性乳汁分泌抑制、高プロラクチン血性排卵障害、高プロラクチン血性下垂体腺腫(外科的処置を必要としない場合に限る)
1日1回2.5mgを夕食直後に服用してください。

効果をみながら1日5.0mg~7.5mgまで増量し、増量した場合は2~3回に分けて食直後に服用してください。。

年齢や症状によって服用量は増減します。

・下垂体性巨人症、末端肥大症
1日2.5mg~7.5mgを2~3回に分けて食直後に服用してください。

年齢や症状によって服用量は増減します。

食事とアルコールの影響
食事の影響は受けませんが、アルコールは相互に効果が増強されるので控えてください。

パーロデルを服用できない方
・ロピニロール塩酸塩または麦角アルカロイドに対して過敏症の既往歴のある方

・心エコー検査により、心臓弁尖肥厚、心臓弁可動制限およびこれらに伴う狭窄などの心臓弁膜の病変が確認された方およびその既往のある方

・産褥期高血圧の方

・妊娠または妊娠高血圧症候群、授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、傾眠、錯覚覚、頻脈、徐脈、不整脈、夜間に脚の痙攣及び寒冷による可逆性の指趾の蒼白、悪心などがあげられます。

また、重篤な副作用としてはショック、急激な血圧低下、悪性症候群、胸膜炎、心臓弁膜症、後腹膜線維症、幻覚、胃腸出血、胃・十二指腸潰瘍、痙攣、突発性睡眠があげられます。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、パーロデルと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・アドレナリン受容体作動薬、麦角アルカロイド
機序は明確ではありませんが、本剤はこれらの薬剤の血管収縮効果、血圧上昇効果などに影響を及ぼす恐れがあります。

・降圧効果を有する薬剤
末梢交感神経終末のノルアドレナリン遊離を抑える恐れがあります。

・フェノチアジン系薬剤、ブチロフェノン系薬剤、イミノベンジル系薬剤、非定型抗精神病剤、メトクロプラミド、ドンペリドン
これらの薬剤とドパミン受容体のおいて競合的に拮抗する恐れがあります。

・抗パーキンソン病薬
相互に効果が増強される恐れがあります。

・シクロスポリン、タクロリムス
CYP3Aに対する競合的阻害によりこれらの薬剤の代謝が阻害される恐れがあります。

・マクロライド系抗生物質、HIVプロテアーゼ阻害薬、リアゾール系抗真菌薬、イミダゾール系抗真菌薬
CYP3Aに対する競合的阻害により本剤の代謝が阻害される恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : パーロデル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • ますたあさん(38歳)
    ドーパミン不足が疑われたため、こちらの商品を試しで買ってみました。 ドーパミンの分泌を助けてくれるため、以前にもまして性欲が強くなった気がします!笑
  • 匿名さん(36歳)
    最近、良く個人輸入は違法とか目にするからちょっと不安。 でも私が住む地域は医者まで遠いので仕方がなく試しにこちらで購入してみました。 今のところ、使用している医薬品は問題ないように思います。
  • 雅紀さん(41歳)
    パーロデルは副作用でクラクラしたり、気分が悪くなることがありますよ!私はさらに鼻も詰まって寝つきが悪くなりました。。 でも、不妊治療として使用しなくてはならないことなので…寝る直前とかに服用することをお勧めします!パーロデルでちょっと副作用が強すぎると感じる場合は、テルロンをお勧めします!
  • 匿名希望さん(40歳)
    プレモンと組み合わせればバランスが良いですね。 この組み合わせで服用していますが、今の所副作用もなく、安心して使用できますし、 何より通販で購入できる事が嬉しいです。 今後とも使用しますので、宜しくお願い致します!
  • 匿名希望さん(40歳)
    不妊治療を初めて約3ヶ月になります。 血液検査の結果、プロラクチンが多いと言う事でした。 そのため妊娠しにくい様で、そのため分泌を抑えるため、 今回クロミッドと併用してパーロデルを服用する事になりました。 医師からは副作用として、吐き気、目まい、イライラが出る方が多い用で、 実際に飲んでみましたが、副作用はあまり感じません。 2つとも通販で購入できるので有難いですね。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ