コントミン・ジェネリック
  • コントミン・ジェネリック
  • コントミン・ジェネリック
  • コントミン・ジェネリック

コントミン・ジェネリック

更新日:
特徴
クロルプロマジンはDD Pharma社が開発した、精神神経安定剤です。
コントミンのジェネリック医薬品で、薄いピンク色で丸形の錠剤が特徴です。

効果
クロルプロマジンの主成分であるクロルプロマジン塩酸塩は、過剰なドパミンの分泌を抑え、神経の高ぶりや緊張を緩和する効果があります。

副作用
頻度は不明ですが主な副作用には、血圧降下、頻脈、食欲不振、悪心、嘔吐などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは100mgが購入可能です。
  • 定型
  • 統合失調症
  • 不安障害
  • うつ病

有効成分:クロルプロマジン塩酸塩/Chlorpromazine Hydrochloride 100mg

ご注文

コントミン・ジェネリック 100mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
3,000
2,700(271錠あたり
81
カゴに入れる

コントミン・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
坂上さん(39歳)
イライラを抑えるために購入して使っていましたが、今は睡眠補助としてとして使っています。個人的には、副作用とかも気にならなかったので、助かります。今の所ずっと使っているので今後も使っていこうと思います。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

クロルプロマジンの特徴
クロルプロマジンはDD Pharma社が開発した、精神神経安定剤です。

コントミンのジェネリック医薬品で、薄いピンク色の丸形と長細い錠剤が特徴です。

クロルプロマジンの効果
クロルプロマジンの主成分であるクロルプロマジン塩酸塩は、過剰なドパミンの分泌を抑え、神経の高ぶりや緊張を緩和する効果があります。

心の病気でも代表的な統合失調症やうつ病、不安障害に効果があり、精神の高ぶりや不安感を鎮め心を落ち着かせます。

統合失調症は思考から行動、言葉を1つの感情に纏めるという統合する能力が低下し、幻覚、幻聴被害妄想などの症状が現れます。

この薬は幻覚や幻聴などの症状が現れる統合失調症の陽性症状に効果があり、統合失調症の陽性症状ではドパミンが過剰分泌されたことで症状を起こしています。

主成分であるクロルプロマジン塩酸塩は、D2受容体遮断薬と呼ばれドパミンに対し抑える効果があり、過剰な分泌を抑え症状の改善をします。

またドパミンの分泌を抑え過ぎると副作用としてパーキンソン症候群や高プロラクチン血症等の症状が現れます。

どちらも脳内でドパミンの減少により症状が現れ、薬の服用を中止すれば症状は治まりますが服用にはご注意下さい。

クロルプロマジンの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは100mgの購入が可能です。

その他
コントミンと同等の効果をもちながら、コントミンに比べて価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

クロルプロマジンの関連ページ
不安障害・抗不安薬商品一覧
不安障害・抗不安薬

統合失調症商品一覧
統合失調症

うつ病商品一覧
うつ病

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
クロルプロマジン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用方法
1日に症状に応じて、水かぬるま湯で分割服用してください。

服用量の目安
1日30mg~100mgを分割して服用してください。

精神科領域においては1日50mg~450mgを分割して服用してください。

年齢や症状により服用量の調節を行ってください

食事とアルコールの影響
食事の影響は受けませんが、アルコールは中枢神経を抑える効果を増強させてしまう恐れがあるため、控えるようにしてください。

クロルプロマジンを服用できない方
・クロルプロマジン塩酸塩に対して過敏症の既往歴のある方

・昏睡状態、循環虚脱状態の方

・バルビツール酸誘導体、麻酔剤などの中枢神経抑制剤の強い影響下にある方

・アドレナリンを投与中の方

・フェノチアジン系化合物及びその類似化合物に対し過敏症の方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
頻度は不明ですが、主な副作用には、血圧降下、頻脈、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、便秘、パーキンソン症候群、ジスキネジア、ジストニア、縮瞳、視覚障害、体重増加、女性化乳房、糖尿、不眠、頭痛、痙攣、口渇、けん怠感などがあげられます。

重篤な副作用として、悪心症候群、再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、白血球減少、肝機能障害などがあります。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、クロルプロマジンと相性が悪く一緒に飲み合わせすることができないお薬です。

・アドレナリン
アドレナリン作動性α、β受容体の刺激剤であり、本剤のα受容体遮断効果によりβ受容体刺激効果が優位となり、血圧降下作用が増強されます。

併用注意
併用注意薬は、クロルプロマジンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・中枢神経抑制剤
中枢神経を抑える恐れがあります。

・ドパミン作動薬
ドパミン作動性神経において、本剤がこれらの薬剤の効果に拮抗する恐れがあります。

・アトロピン様作用を有する薬剤
相互にアトロピン様効果を増強させる恐れがあります。

・降圧剤
相互に降圧効果を増強させる恐れがあります。

・リチウム
機序は不明ですが、併用による抗ドパミン効果の増強などが考えられています。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : クロルプロマジン塩酸塩

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 坂上さん(39歳)
    イライラを抑えるために購入して使っていましたが、今は睡眠補助としてとして使っています。個人的には、副作用とかも気にならなかったので、助かります。今の所ずっと使っているので今後も使っていこうと思います。
  • ジョリーさん(36歳)
    のむとすごくねむくなるので、睡眠補助剤としても使っています。 ただ翌日の傾眠感がひどいので、次の日は休みにしないと飲めませんよ
  • 匿名希望さん(40歳)
    私が今まで飲んだ薬の中で1番強いような気がします。 私は難治性不眠のため睡眠薬の補助として飲んでいますが、 鎮静作用によってとても落ち着いて寝る事が出来ています。 また、リピートしますね。
  • 匿名希望さん(40歳)
    入眠を阻害するほどの強いイライラを抑えてくれるので助かっています。 イライラの度合いによって半分にして飲んでいます。 翌日ちょっと残ったりする事もあるので、初めて使用する方は、 休日前に飲むのがお勧めですね。
  • 匿名希望さん(40歳)
    ジェネリック医薬品なので安く購入する事ができ、有難いです。 でも私の場合副作用が少し・・・そこまでは気にならないのですが、 たまに頭痛がするくらいです。 ちょっと残念・・・。 なので星4つで!
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ