ガバペン
  • ガバペン

ガバペン

ガバペンの有効成分ガバペンチンは、部分発作に作用する抗てんかん薬です。 てんかんは、脳神経の興奮によって電気信号が過剰に送られてしまう「てんかん放電」によって、身体の痙攣や意識障害を起こす病気で、部分発作と全般発作に分けられます。 有効成分であるガバペンチンは、興奮性の脳内神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを抑えると同時に、GABAという鎮静の効果を持つ神経伝達物質の働きを活性化させます。 つまり脳の興奮を抑え、鎮静を促すことによっててんかんの発作を防ぎます。
  • てんかん

有効成分:ガバペンチン300mg

ご注文

ガバペン 300mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
4,500
4,280(421錠あたり
128
カゴに入れる

商品詳細

ガバペンの有効成分ガバペンチンは、部分発作に作用する抗てんかん薬です。
てんかんは、脳神経の興奮によって電気信号が過剰に送られてしまう「てんかん放電」によって、身体の痙攣や意識障害を起こす病気で、脳の一部分が興奮して症状を起こす部分発作と脳の大部分もしくは全体の興奮によって症状を起こす全般発作の2種類に大きく分類されます。
部分発作は痙攣や視覚、聴覚の異常を症状として引き起こしますが、症状が出ている間の意識があるのが特徴です。
対する全般発作は、ぼんやりしたまま意識を失ったり、全身を硬直、痙攣させて意識を失ってしまう症状などを発症します。
ガバペンは、この内の部分発作の症状を改善させます。
有効成分であるガバペンチンは、GABA(ガンマ-アミノ酪酸)誘導体と言われていて、興奮性の脳内神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを抑えると同時に、GABAという鎮静の効果を持つ神経伝達物質の働きを活性化させます。
つまり脳の興奮を抑え鎮静を促すことによって、てんかんの発作を防ぎます。
従来の抗てんかん薬とは異なった薬理を持っているので、相互作用が起こり難く併用が可能で、更に高い効果を得られるので、難治性のてんかん治療にも使用されます。
有効成分の殆どは体内で代謝されずに尿として体外に排出されるため、副作用の起こり難い安全性の高い薬であるため、子供のてんかん治療にも用いられています。
※その他メーカーや成分量の異なるてんかん・ADHDの商品はコチラからご確認下さい。

服用方法・使用方法

症状により異なりますが、通常は服用初日に600mg、2日目は1200mgとなるように分割服用します。
以降は症状により1200mg~1800mgを適宜分割服用します。
1日の最大服用量は2400mgまでとしてください。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

重い副作用はめったに見られませんが、眠気、めまい、頭痛などがあります。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい

併用禁止薬

アルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬との併用は薬の効果を落としてしまいます。
モルヒネなどの鎮痛剤と服用は副作用が出やすいので控えてください。

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん(40歳)
    むずむず症候群の為に使っています。 この薬が私には合っているようです。 就寝数時間前に服用する事で、症状が完全に抑えられ、 睡眠の質もとても良いです。 また購入します!
  • 匿名希望さん(40歳)
    長間でんかん発作で苦労・・・。 少し違ったお薬の方がいいのでは?と色々調べ、周りの方から話を聞き、 この薬が良いと聞いたので、購入してみました。 効いてくれると本当に嬉しいです。 この薬に期待しています。
  • 匿名希望さん(40歳)
    てんかんで苦しんでいました。 この薬を知人から勧められ、今まで1番効果があるお薬ですね。 海外からという事で、少し不安がありましたが、 思った以上に対応も早く、値段もお手頃なので、助かっています。 またリピートさせて貰います。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ