クロザリル・ジェネリック
  • クロザリル・ジェネリック
  • クロザリル・ジェネリック
  • クロザリル・ジェネリック

クロザリル・ジェネリック

更新日:
特徴
クロザピンはインタスファーマ社が開発した、治療抵抗性統合失調症の治療薬です。
クロザリルのジェネリック医薬品で、薄い緑色で丸形の錠剤が特徴です。

効果
クロザピンの主成分であるクロザピンは、ドーパミンD2受容体遮断効果に依存しない、中脳辺縁系ドーパミン神経系を選択的に抑える効果があると言われています。

副作用
主な副作用には、傾眠、悪心、嘔吐、流涎過多、便秘、頻脈などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは100mgが購入可能です。
  • 治療抵抗性統合失調症

有効成分:クロザピン/Clozapine 100mg

ご注文

クロザリル・ジェネリック 100mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
3,800
3,610(361錠あたり
108
カゴに入れる
200錠
7,600
6,860(341錠あたり
205
カゴに入れる
300錠
11,400
9,750(321錠あたり
292
カゴに入れる

クロザリル・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
ゆでたまごさん(32歳)
統合失調症になって早2年・・・、今では手放せなくなりました。 飲む際は医師と相談したほうがよいのかもしれないです(経験談)
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

クロザピンの特徴
クロザピンはインタスファーマ社が開発した、向精神薬で統合失調症の治療薬です。

クロザリルのジェネリック医薬品で、薄い緑色で丸形の錠剤が特徴です。

クロザピンの効果
クロザピンの主成分であるスルピリドは、ドーパミンD2受容体遮断効果に依存しない、中脳辺縁系ドーパミン神経系を選択的に抑える効果があると言われています。

治療抵抗性統合失調症とは、治療薬の効果が思うように得られなかったり、副作用による継続的な投薬が困難であったりという理由から、治療が進まない状態のことを指します。

有効成分のクロザピンは、この症状に対して高い治療効果が認められており、アメリカやヨーロッパを始め、韓国や中国などのアジア諸国でも幅広く利用されている歴史の古いお薬です。

従来の統合失調症における治療は、主にドパミン受容体の働きを阻害することで伝達神経を改善させるものでしたが、クロザリルの作用機序は不明ですが、全く異なるドパミン受容体を抑えると考えられており、従来の治療薬において思うような効果が得られなかった方のおよそ70%に対して有効と言われています。

この特有の効果により、クロザリルは非定型向精神薬に属され、現在のセロトニンやドパミン拮抗薬開発の先駆けになったと言われています。

クロザピンの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは100mgの購入が可能です。

その他
クロザピンの歴史は古く1960年代から開発が進められていますが、無顆粒球症など命に関わる重篤な副作用もあり、世界的に製造販売が一時停止された歴史があります。

そのため、現在の日本では既存の治療薬に効果が得られない場合の最終選択肢としての治療にのみ用いられており、投薬できるのはCPMSに登録している医師・薬剤師のみとなっています。

クロザピンの関連ページ
統合失調症商品一覧
統合失調症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
クロザピン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用方法
1日1~3回、水かぬるま湯で分割服用してください。

服用量の目安
服用開始日は12.5mg、2日目は25mgを1日1回服用してください。

3日目以降は症状に応じて1日に25mgずつ増量するようにしてください。

1日の服用量が50mgを超える場合には、1日2回~3回に分けて服用してください。

1日200mg~400mgを2~3回に分けて服用してください。

1日の最大摂取量は600mgですので、600mgを超えないようにしてください。

1回の増量は4日以上の間隔を空け、増量幅は1日100mgを超えないようにしてください。

年齢や症状により服用量の調節を行ってください。

食事とアルコールの影響
食事の影響は受けませんが、アルコールは中枢神経を抑える効果を増強させてしまう恐れがあるため、控えるようにしてください。

また、カフェインもCYP1A2を阻害することから薬の代謝を阻害するため控えてください。

クロザピンを服用できない方
・スルピリドに対して過敏症の既往歴のある方

・無顆粒球症又は重度の好中球減少症の既往歴のある方

・骨髄機能障害の方

・糖尿病または糖尿病の既往歴のある方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、傾眠、悪心、嘔吐、流涎過多、便秘、頻脈、振戦、体重増加などがあげられます。

重篤な副作用として、無顆粒球症、白血球減少症、好中球減少症、心筋炎、心筋症、高血糖、悪性症候群、てんかん発作などがあります。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、クロザピンと相性が悪く一緒に飲み合わせすることのできないお薬です。

・骨髄抑制を起こす可能性のある薬剤
血液障害の副作用が相互に増強される恐れがあります。

・持効性こう向精神薬剤
血中から消失するまでに時間がかかる恐れがあります。

・アドレナリン作動剤
本剤のα受容体遮断効果によりβ受容体刺激効果が優位となり、血圧上昇作用が減弱し、アドレナリンの昇圧効果が反転する恐れがあります。

併用注意
併用注意薬は、クロザピンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ベンゾジアゼピン系薬剤
心循環系の副作用が相互に増強される恐れがあります。

・ 降圧剤
本剤のα受容体遮断効果により降圧剤の効果を増強する恐れがあります。

・CYP3A4誘導薬
これらの薬剤はCYP3A4を誘導することから本剤の代謝を促す恐れがあります。

・CYP1A2阻害薬
これらの薬剤はCYP1A2を阻害することから本剤の代謝を阻害される恐れがあります。

・CYP1A2誘導薬
これらの薬剤はCYP1A2を誘導することから本剤の代謝を促す恐れがあります。
なお、喫煙については、喫煙の中止によりCYP1A2活性が低下し、本剤の代謝が低下する恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : クロザリル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • ゆでたまごさん(32歳)
    統合失調症になって早2年・・・、今では手放せなくなりました。 飲む際は医師と相談したほうがよいのかもしれないです(経験談)
  • あだち。さん(33歳)
    統合失調症は自分も周りも不幸にします。強力な反面危険もある薬ですが命がけでも私は生まれ変わりたい。
  • 匿名希望さん(40歳)
    統合失調症として診断されてから、色々なお薬を試しましたが、 この薬に変えてからは、幻覚とかは少し良くなった気がします。 しばらくは続けていきたいと思います。 またリピートします。
  • 匿名希望さん(40歳)
    今まで使用してきた薬の中で1番効果があります。 外出ができない事が多かったですが、しっかりと生活できるようになってきています。 幻覚もかなり減り、あまり悪い考えにも取り付かれなくなっているので、 もう少しだけ、この薬を飲んで行こうと思います。
  • 匿名希望さん(40歳)
    この薬のおかげで、少し楽になってきました。 自宅にお薬が届くと言う事が有難いですね。 特に今昼間は寝ているだけという生活を送っているので、助かります。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ