ガバペン・ジェネリック
  • ガバペン・ジェネリック
  • ガバペン・ジェネリック
  • ガバペン・ジェネリック

ガバペン・ジェネリック

ガバペンジェネリックは、てんかんの発作を予防する薬で、抗てんかん薬の中では比較的新しい薬となり、現在では多くの国で使用されています。 有効成分であるガバペンチンは、興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを抑制する効果があり、同時に鎮静の効果を持つ神経伝達物質であるGABA(GammaAminoButyricAcid)というアミノ酸の働きを活発にさせ、てんかんの発作を防ぎます。
  • てんかん

有効成分:ガバペンチン300mg

ご注文

ガバペン・ジェネリック 300mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
2,500
2,360(471錠あたり
70
カゴに入れる
100錠
5,000
4,250(421錠あたり
127
カゴに入れる

商品詳細

てんかんは、脳からの興奮性神経伝達物質が過剰に分泌され、けいれんや意識障害を引き起こす病気です。
大脳が、低酸素や脳炎、脳出血など、何らかの理由で傷ついたりして起こる症候性の原因と突然発症する突発性の原因とがあります。
思春期までの若年層を中真に罹患が見られ、日本での患者数はおよそ100万人と言われています。
ガバペンジェネリックは、てんかんの発作を予防する薬で、抗てんかん薬の中では比較的新しい薬となりますが、現在では多くの国で使用されています。
有効成分であるガバペンチンは、興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを抑制する効果があり、同時に鎮静の効果を持つ神経伝達物質であるGABA(GammaAminoButyricAcid)というアミノ酸の働きを活発にさせ、てんかんの発作を防ぎます。
従来の抗てんかん薬と異なった作用機序を持っているために相互作用を起こし難く、併用をすることも可能で、その場合は更に高い効果を得られるので、難治性のてんかん治療にも使用されています。
有効成分の殆どは体内で代謝されずに尿として体外に排出されるため、副作用の少ない安全性の高い薬であることも特徴です。
※その他メーカーや成分量の異なるてんかん・ADHDの商品はコチラからご確認下さい。

服用方法・使用方法

症状により異なりますが、通常は服用初日に600mg、2日目は1200mgとなるように分割服用します。
以降は症状により1200mg~1800mgを適宜分割服用します。
1日の最大服用量は2400mgまでとして下さい。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

重い副作用はめったに見られませんが、眠気、めまい、頭痛などがあります。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい

併用禁止薬

アルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬との併用は薬の効果を落としてしまいます。
モルヒネなどの鎮痛剤と服用は副作用が出やすいので控えて下さい。

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管して下さい。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • ひろやさん(32歳)
    20代を越えてからてんかんが発症して、何度も救急車で運ばれていましたが、ガバペン・ジェネリックを飲むようになってから、突発的に倒れる事がなくなりました。もちろん、病院にも通っていますが、行ってもお薬を処方してもらうだけなので、安いジェネリックを選んでいます。今では脳波の検査の時だけ病院に行っていますが、それ以外はガバペンで十分。3年くらい発作がおきていません。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ