リスパダール
  • リスパダール
  • リスパダール
  • リスパダール

リスパダール

更新日:
特徴
リスコンはConsern Pharma社が販売している、抗精神薬です。
リスパダールのジェネリック医薬品で、2mgは青色で4mgはピンク色の細長い錠剤が特徴です。

効果
リスコンの主成分であるリスペリドンは、脳内物質のドーパミンとセロトニンという、興奮と鎮静を司る神経伝達物質を抑え、情報伝達の不調を改善する効果があります。

副作用
主な副作用には、アカシジア、不眠症、振戦、便秘、易刺激性などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは2mg/4mgが購入可能です。
  • SDA
  • 統合失調症

有効成分:リスペリドン/risperidone 2mg・4mg

ご注文

リスパダール 2mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
5,000
4,500(451錠あたり
135
カゴに入れる

リスパダール 4mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
7,500
6,750(671錠あたり
202
カゴに入れる

リスパダールを使用したお客様の声

良い評価
美樹さん(38歳)
若い女に彼氏を寝取られました。 私は結婚も考えていたのに、結局若い子がいいんだよね。 しばらくは悩みましたが、時間が解決してくれるようで今はだいぶ楽になっています。 その時にこのお薬には助けられました。仕事にも支障が出るレベルで悩んでいたので、同じような悩みを抱えている方に是非使用してほしいと思いますね。
悪い評価
しんさん(34歳)
緊急でこちらで注文しました。薬が届くまで不安でしょうがなかったです。ギリギリになって頼んだのも悪いですが、こんなに時間がかかるとは思いませんでした。海外からだと仕方ないんですね。今度は前もって頼まないと不安になります。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

リスコンの特徴
リスコンはConsern Pharma社が販売している、抗精神薬です。

リスパダールのジェネリック医薬品で、2mgは青色で4mgはピンク色の長細い錠剤が特徴です。

リスコンの効果
リスコンの主成分であるリスペリドンは、脳内物質のドーパミンとセロトニンという、興奮と鎮静を司る神経伝達物質を抑え、情報伝達の不調を改善する効果があります。

不安障害は現実の認識が困難になり、感情をコントロールすることが難しくなりますが、リスパダールの主成分リスペリドンは、こうした脳における情報伝達の不調を改善させます。

ドーパミンは興奮、セロトニンは鎮静の物質ではありますが、それが分泌されすぎると異常な興奮、そして無感情といった振れ幅の大きさへと繋がります。

この二つの神経伝達物質を変調、乱調から改善に効果があり、統合失調症における陽性症状(興奮)、陰性症状(無感情)のふたつを抑えることができます。

また、これらの働きがあることから、児期自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群、自閉症)における易刺激を抑えることにも効果があります。

周囲への攻撃や、自分自身を傷つける行為(自傷)といった行動により、少しのきっかけで甲高い声を上げる、怒りのあまり物を破壊する、自分の体を叩きはじめるといった易刺激性を和らげることができます。

リスコンの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは2mg/4mgの購入が可能です。

その他
※パッケージに記載される「Cranialz(クラニアルズ)」は、Consern Pharma(コンサーンファーマ)の精神系医薬品部門の名称となります。

リスコンの関連ページ
統合失調症商品一覧
統合失調症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
リスペリドン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用方法
1日2回、水かぬるま湯で服用してください。

服用量の目安
1日2mg~6mgを2回に分けて服用してください。

1日の最大摂取量は12mgですので、12mgを超えないようにしてください。

症状や年齢により用量が増減するので注意してください。

推奨用量
開始用量は1回1mgが推奨されています。

食事とアルコールの影響
食事の影響は受けませんが、アルコールは中枢神経を抑える効果を増強させてしまう恐れがあるため、控えるようにしてください。

リスコンを服用できない方
・リスペリドンに対して過敏症の既往歴のある方

・昏睡状態の方

・バルビツール酸誘導体、麻酔剤などの中枢神経抑制剤の強い影響下にある方

・アドレナリンを投与中の方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、アカシジア、不眠症、振戦、便秘、易刺激性、傾眠、流涎過多、不安、けん怠感、筋凝固などがあげられます。

重篤な副作用として頻度は不明ですが、悪心症候群、肝機能障害、高血糖、低血糖、不整脈などがあります。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、リスコンと相性が悪く一緒に飲み合わせすることができないお薬です。

・アドレナリン
アドレナリン作動性α、β受容体の刺激剤であり、本剤のα受容体遮断効果によりβ受容体刺激効果が優位となり、血圧降下作用が増強されます。

併用注意
併用注意薬は、リスコンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・中枢神経抑制剤
中枢神経を抑える恐れがあります。

・降圧剤
降圧効果を増強させる恐れがあります。

・ドパミン作動薬
ドパミン受容体を遮断する恐れがあります。

・CYP2D6阻害薬、CYP3A4阻害薬
CYP2D6、CYP3A4を阻害し、本剤及び活性代謝物の血中濃度を上昇させる恐れがあります。

・CYP3A4誘導薬
本剤の主要代謝酵素であるCYP3A4の誘導により本剤及び活性代謝物の血中濃度が低下する恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : リスパダール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・インド

口コミ・レビュー

  • 美樹さん(38歳)
    若い女に彼氏を寝取られました。 私は結婚も考えていたのに、結局若い子がいいんだよね。 しばらくは悩みましたが、時間が解決してくれるようで今はだいぶ楽になっています。 その時にこのお薬には助けられました。仕事にも支障が出るレベルで悩んでいたので、同じような悩みを抱えている方に是非使用してほしいと思いますね。
  • 田中さん(32歳)
    仕事が忙しく責任者に任されストレスで押しつぶされそうになっています。少しでも生活に支障が出ないようにと飲んでます。これを飲むと気分が落ち着くので助かってます。
  • 匿名希望さん(40歳)
    病院でパニック障害だとの診断を受けたのが数年前。それからしばらくは様子を見ながら生活してきたがやはり普通の生活は難しい。しかし生きるためには仕事をしなければならない。少しでも自分を保つためには薬に頼る以外にない。自分と同じ苦しみを味わっている方々に、リスパダールをおすすめしたく思う。
  • 匿名希望さん(33歳)
    以前より躁うつの症状があり、病院に通っていました。途中から薬を貰いに行くだけになっていたので、ちょっと面倒でした。そこで通販を調べているとリスパダールが買えることが分かり、それからこちらで購入しています。仕事や生活をしていく上でテンションが上がり下がりします。なので薬が無いととても大変です。それから通販なので、苦手な病院に行かなくていいのがとても助かります。家まで配送してくれるのはとても便利です。
  • あっちゃんさん(32歳)
    人ごみの中にいると不安に襲われたりして、いつも体調を崩していましたが、友人のすすめでこの薬を紹介してもらいました。デパスととても似ている薬みたいで、以前にデパスは処方してもらっていたことがあるので、今では通販で購入できることから、とても私としては助かっています!簡単に購入できてとても感謝しています。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ