ポラキス・ジェネリック
  • ポラキス・ジェネリック
  • ポラキス・ジェネリック
  • ポラキス・ジェネリック

ポラキス・ジェネリック

更新日:
特徴
オキシパスはシプラ社が開発した、頻尿や尿失禁の治療薬です。
ポラキスのジェネリック医薬品で丸形の錠剤が特徴です。

効果
オキシパスの主成分であるオキシブチニン塩酸塩は、膀胱が縮んでしまうのを抑える過活動膀胱治療薬です。
膀胱の収縮を抑え、膀胱の用量を大きくする事で頻尿の症状を改善します。

副作用
主な副作用は、口渇、めまい、下痢、発疹、排尿困難、倦怠感などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは2.5mg/5mgが購入可能です。
  • 頻尿
  • 尿意切迫感
  • 尿失禁
  • 不安定膀胱

有効成分:オキシブチニン塩酸塩/Oxybutynin Hydrochloride 2.5mg・5mg

ご注文

ポラキス・ジェネリック 2.5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
4,000
3,600(361錠あたり
108
カゴに入れる

ポラキス・ジェネリック 5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
6,000
5,400(541錠あたり
162
カゴに入れる

ポラキス・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
koinoriさん(38歳)
最近おトイレの回数が増えており、落ち着かない日々に悩まされていました。そこで、知人の紹介でこの商品を購入して利用していますが、使う前と今では、尿漏れが明らかに減っています。ただ、以前より口の渇きがあり、立ちくらみも少しあります。心配になるほど強い副作用ではありませんが、人によっては、注意が必要かも。
悪い評価
さん(歳)
まだ注文した商品を試しておりません。試したら、皆さんに何か報告できればと思ってます。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

オキシパスの特徴
オキシパスはシプラ社が開発した、頻尿や尿失禁の治療薬です。

ポラキスのジェネリック医薬品で丸形の錠剤が特徴です。

オキシパスの効果
オキシパスの主成分であるオキシブチニン塩酸塩は、膀胱が縮んでしまうのを抑える過活動膀胱治療薬です

過活動膀胱になってしまうと、尿意がコントロールできなくなってしまいます。

頻尿や尿失禁なども、過活動膀胱の症状です。

オキシブチニン塩酸塩は、ムスカリン受容体とカルシウムチャネルの働きをブロックします。

膀胱を収縮させ排尿を促すはたらきと膀胱にある筋肉の収縮を抑えることで、膀胱の容量を大きくし症状を改善します。

オキシパスの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは2.5mg/5mgの購入が可能です。

その他
従来の抗うつ剤で意欲、やる気の改善がされなかった方にお薦めです。

オキシパスの関連ページ
頻尿・尿失禁の商品一覧
頻尿・尿失禁


参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ベンラファキシン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日3回服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

服用量の目安
当サイトで扱っているオキシパスの用量は2.5mg/5mgです。

2mg~3mgを1日3回に分けて服用してください。

服用の注意
・排尿困難のおそれのある前立腺肥大の方は、抗コリン剤の服用で排尿障害を起こすおそれがあります。

・甲状腺機能亢進症の方は、心拍数の増加等の症状の悪化を招くおそれがあります。

・うっ血性心不全の方は、代償性交感神経系の亢進を更に亢進させるおそれがあります。

・頻脈性の不整脈を有している方は、副交感神経遮断作用により交感神経が優位にたち、心拍数の増加等が起こるおそれがあります。

・潰瘍性大腸炎の方は、中毒性巨大結腸があらわれるおそれがあります。

・高温環境にある方は抗コリン作用により発汗抑制が起こり、外部の温度上昇に対する不耐性が生じて、急激に体温が上昇するおそれがあります。

・重篤な肝又は腎疾患のある方

・パーキンソン症候群又は認知症・認知機能障害のある高齢者は、抗コリン作用により、症状を悪化させるおそれがあります。

オキシパスを服用できない方
・オキシパスの服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・下部尿路閉塞症状である排尿困難・尿閉等を有する方

・緑内障の方

・重篤な心疾患のある方

・麻痺性イレウスのある方

・重症筋無力症、高齢者の腸アトニーの方

・授乳してる方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、口渇、めまい、下痢、発疹、排尿困難、倦怠感などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、血小板減少麻痺性イレウスなどの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※血小板減少とは?
血小板減少は、血小板の数が少なくなってしまった状態で、出血のリスクが高くなってしまう症状です。
皮膚に小さな赤い斑点や少しの打ち身で痣が広がってしまうことがあります。
女性の場合、月経の出血が多量になることもあり出血が止まりにくくなってしまいます。

※麻痺性イレウスとは?
麻痺性イレウスは、開腹手術、急性腹膜炎、薬剤、腸間膜の血栓・塞栓などが原因で、腸管が麻痺することで起こります。
腸管が麻痺、拡張して腸内で物を移動させる機能としての筋肉の収縮運動が障害されている状態です。
消化物が腸内をスムーズに移動できなくなり、多量の消化物がたまってしまうので、便やガスが腸内に充満して、腹痛や嘔吐などの症状が起こります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、オキシパスと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・MAO阻害剤
他の抗うつ剤で併用により発汗,不穏,全身痙攣,異常高熱,昏睡などの症状が現れるおそれがあります。

併用注意
併用注意薬は、オキシパスと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・メチルチオニニウム塩化物水和物、セロトニン作用薬
セロトニン症候群が現れるおそれがあります。

・イミプラミン
イミプラミンの活性代謝物の血中濃度が上昇するおそれがあります。

・出血傾向が増強する薬剤、アスピリン等の非ステロイド系抗炎症剤、ワルファリン等の抗凝固剤
出血傾向が増強するおそれがあります。

・シメチジン
オキシパスの血中濃度が上昇するおそれがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : オキシブチニン塩酸塩

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • koinoriさん(38歳)
    最近おトイレの回数が増えており、落ち着かない日々に悩まされていました。そこで、知人の紹介でこの商品を購入して利用していますが、使う前と今では、尿漏れが明らかに減っています。ただ、以前より口の渇きがあり、立ちくらみも少しあります。心配になるほど強い副作用ではありませんが、人によっては、注意が必要かも。
  • HARUさん(28歳)
    夜中に目が覚めてトイレに行くのがつらかったのですが、この商品を使ってだいぶ楽になりました。気になる副作用もありませんでした。
  • マックスさん(52歳)
    3回目の購入です。服用し始めて約半年が経ちますが、おしっこは回数は徐々に減ってきています。特に夜中トイレに起きることが多くて悩んでいたんですが、最近はまったく起きない日もあり効果を実感しています。副作用としては、前よりお腹がゆるくなってるような気がするんですが、そんなに耐えられないほどではなくて、ぐるぐるというか、ヨーグルトや牛乳を飲んだ後の感じに似てるかな。(笑)たいていは1〜2時間でおさまります。
  • ココさん(53歳)
    今年に入ってからトイレが近くなり、1時間に2回以上おしっこに行きたくなる日もあったりで、接客業をしているんですが、お客さんを対応しているときなども尿意を抑えられず、仕事もままならないほどでした。回数も多くなったんですが、残尿感も改善できたらなと思ってこちらのお薬を購入してみました。服用してから1週間ほど、副作用のせいか便秘がちになりましたが今は落ち着いてきています。トイレの回数も徐々に減ってきているので続けて服用していきたいと思います。
  • マルボロ緑さん(56歳)
    使用して一ヶ月になります。夜中にトイレに行く回数はそんなに変わらないけど、おしっこのキレは良くなりました。続けようか迷い中。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ