クラリスロマイシン・ジェネリック
  • クラリスロマイシン・ジェネリック
  • クラリスロマイシン・ジェネリック

クラリスロマイシン・ジェネリック

更新日:
特徴
ゾクラーはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
クラミジアやマイコプラズマなどの細菌感染症の治療に多く用いられます。
世界的に有名なクラリスやクラリシッドの有効成分クラリスロマイシンを含んだジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。

効果
ゾクラーの主成分であるクラリスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。

副作用
主な副作用は、腹痛や下痢などの胃腸症状があげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
  • クラミジア
  • マイコプラズマ
  • 子宮頸管炎
  • 咽頭炎
  • 副鼻腔炎

有効成分:クラリスロマイシン/Clarithromycin 250mg・500mg

ご注文

クラリスロマイシン・ジェネリック 250mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
12錠
3,000
2,700(2251錠あたり
81
カゴに入れる
20錠
5,000
4,050(2021錠あたり
121
カゴに入れる
40錠
10,000
7,200(1801錠あたり
216
カゴに入れる

クラリスロマイシン・ジェネリック 500mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
8錠
3,000
2,700(3371錠あたり
81
カゴに入れる
16錠
6,000
4,860(3031錠あたり
145
カゴに入れる
24錠
9,000
6,480(2701錠あたり
194
カゴに入れる

商品詳細

ゾクラーの特徴
ゾクラーはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。

クラミジアやマイコプラズマなどの細菌感染症の治療に多く用いられます。

世界的に有名なクラリスやクラリシッドの有効成分クラリスロマイシンを含んだジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。

ゾクラーの効果
ゾクラーの主成分のクラリスロマイシンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるマクロライド系の抗生物質です。

細菌は細胞の分裂によって増殖していきます。

リポゾームという器官が細胞が分裂するための原料となるタンパク質を作り出します。

クラリスロマイシンはこのリポゾームの働きを抑えることで、細菌の増殖を抑え、死滅と抗菌に効果があります。

国内で感染者数の最も多いクラミジアや淋病の治療に用いられ、病院でも処方される成分です。

性感染症だけでなく、マイコプラズマ、咽頭炎、副鼻腔炎、慢性気管支炎、皮膚感染症、非結核性抗酸菌、ピロリ菌など多くの細菌感染症にも適応があります。

ゾクラーの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは250mg/500mgの2種類の購入が可能です。

その他
先発薬であるクラリスやクラリシッドと同等の効果をもちながら、それらに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギー反応があった方でも使用可能です。

アレルギーが生じづらく、安全性の高い抗生物質です。

ゾクラーは副作用が生じにくい薬です。

ゾクラーの関連ページ
クラミジア治療薬一覧
クラミジア薬

淋病治療薬一覧
淋病薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
クラリスロマイシン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
朝晩2回

ゾクラーは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
当サイトで取り扱っているゾクラーの用量は250mg/500mgの2つがあります。

1回500mgを朝晩2回、7日~14日間連続服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
・一般感染症
通常、成人にはクラリスロマイシンとして1日400mgを2回に分けて経口投与することが推奨されています。
しかし、年齢、症状に応じて適宜増減してください。

・非結核性抗酸菌症
通常、成人にはクラリスロマイシンとして1日800mgを2回に分けて経口投与することが推奨されています。
しかし、年齢、症状に応じて適宜増減してください。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

ゾクラーを服用できない方
・クラリスロマイシンに過敏症の既往歴のある方

・他のマクロライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方

・肝臓機能に障害のある方

・腎臓機能に障害のある方

・心疾患のある方

・高齢者

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
クラリスロマイシン・ジェネリックは副作用が比較的少ない薬とされていますが、その中でも主な副作用として腹痛や下痢などの胃腸症状があげられます。

また重篤な副作用として、皮膚に発進や水ぶくれ、口の中のただれ、発熱や目の充血などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※皮膚粘膜眼症候群とは?
急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、ゾクラーと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・統合失調症治療薬
心臓に重い副作用が生じる恐れがあります。

・エルゴタミンを含んだ薬
血管攣縮など重い副作用が生じる恐れがあります。

・タダラフィルを含んだ薬
タダラフィルの効果を強める恐れがあります。

・C型慢性肝炎1型の治療薬
悪心・下痢・嘔吐などの副作用が重く生じる恐れがあります。

・オレキシン受容体拮抗薬
オレキシン受容体拮抗薬の効果を強める恐れがあります。

併用注意
併用注意薬は、ゾクラーと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・強心剤
悪心・嘔吐・不整脈などが生じる恐れがあります。

・スルホニル尿素薬
意識障害が生じる恐れがあります。

・脂質異常症治療薬
脂質異常症治療薬の血中濃度が上昇する恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : クラリスロマイシン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • じゃいあんさん(35歳)
    怪しいと思ったら、しばらく飲むようにしてます。 今のところ変な症状も出ていないので、どうなってるかはわかりませんが健康ですw
  • キッズじゃないさん(29歳)
    クラミジアってクセになっちゃうのか、自分が激安店ばかりに行くからなのか…わからないけど迷わず飲めよ。飲めばわかるさ。
  • くそがさん(35歳)
    はいまたクラミジア。どーせねって思ってる。 ゾクラーかって治しますよ。
  • あつしさん(28歳)
    仕事があまり休めず、しかも具合が悪くなるときはだいたい平日というつらさも家にこういう薬があるだけで助かります。病院で出てくるのと同じものを飲めるわけですからね。炎症に効きますよ。
  • みきるんさん(31歳)
    症状が現れなくなったな…と思ったら飲むのやめたらいけないとか知らなかった…。 薬を飲みきらないといけないとかちゃんと説明してくれないと辞めてしまう人が多いと思う。 お薬なびさんは飲み方とかまで丁寧でよかったです。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ