レルパックス
  • レルパックス
  • レルパックス
  • レルパックス

レルパックス

更新日:
特徴
レルパックスはファイザー社が開発した片頭痛治療薬で、白色の丸形の錠剤が特徴です。
当サイトで取り扱っているレルパックスは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。

効果
レルパックスの主成分であるエレトリプタン臭化水素酸塩は、脳の血管を収縮させることで片頭痛に効果があります。

副作用
主な副作用には傾眠、眠気、浮腫性めまい、異常感覚、嘔気、口内乾燥、疲労などがあげられます。

成分量
日本国内においては20mgが処方されています。
当サイトでは40mgが購入可能です。
  • 片頭痛

有効成分:エレトリプタン臭化水素酸塩/Eletriptan hydrobromide 40mg

ご注文

レルパックス 40mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
3錠
1,500
1,350(4501錠あたり
40
カゴに入れる
15錠
7,500
6,080(4051錠あたり
182
カゴに入れる
30錠
15,000
10,800(3601錠あたり
324
カゴに入れる

商品詳細

レルパックスの特徴
レルパックスはファイザー社が開発した片頭痛治療薬で、白色の丸形の錠剤が特徴です。

レルパックスの効果
レルパックスの主成分であるエレトリプタン臭化水素酸塩は、脳の血管を収縮させることで片頭痛に効果があります。

エレトリプタン臭化水素酸塩は、脳の血管を収縮させ、血管周辺の炎症を取ることで片頭痛の痛みを和らげる片頭痛の急性期治療薬とされております。

頭痛発生時に早期服用すると欠陥を収縮させる効果で炎症を緩和させます。

化学構造的にトリプタン系に分類され、血管内壁のセロトニン受容体に働き、拡張した血管を収縮させることにより片頭痛を緩和します

また、炎症を引き起こす神経ペプチドを抑えることで、三叉神経(眼神経、上顎神経、下顎神経)にも効果があると言われています。

片頭痛とは、風邪や二日酔いなど自身の思い当たる節の無い頭痛の一種で、人により突発的、常習的と痛みの出方も異なり、原因も解明されていない症状です。

頭痛を感じたら、直ぐに服用することで痛みを和らげ、即効性があるため、早めに治療ができ悪化を防ぐことが出来ます。

レルパックスの成分量
日本国内においては20mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは40mgの購入可能です。

その他
予防薬ではなく、急性期治療薬のため、痛みが起きてから飲んでも効果が出ますが、頭痛の根本を治すことは出来ません。

レルパックスの関連ページ
片頭痛商品一覧
片頭痛

服用方法・使用方法

服用のタイミング
片頭痛の頭痛発現時に水かぬるま湯で服用してください。

服用量の目安
1回20mgを服用してください。

効果が不十分な場合には、追加で服用することができます。

追加で服用する場合には、前回の服用から2時間以上空けてください。

また症状により服用量は増減し、20mgで効果が不十分であった場合は、次回の服用から40mgに変えてください。

1日の最大服用量は40mg以内のため、40mgを超えないようにしてください。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

レルパックスを服用できない方
・エレトリプタン臭化水素酸塩に対して過敏症の既往歴のある方

・心筋梗塞の既往歴、異型狭心症、虚血性心疾患またはその症状・兆候があるの方

・脳血管障害や一過性脳虚血発作の既往あるの方

・末梢血管障害の方

・コントロールされていない高血圧症、重篤な肝機能障害の方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、傾眠、眠気、浮腫性めまい、異常感覚、嘔気、口内乾燥、疲労、頭痛、間隔減退、回転性めまい、筋緊張感亢進、熱感、動悸、頻脈、血圧上昇、嘔吐、腹痛、消化不良、発疹、そう痒感、胸部絞扼感)、咽喉絞扼感、無力症、胸痛、多汗、けん怠感などがあげられます。

また、重篤な副作用としてはまれにアナフィラキシーショック、不整脈、狭心症あるいは心筋梗塞を含む虚血性心疾患様症状、てんかん様発作、頻脈があげられます。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーの症状は様々ですが、蕁麻疹、赤み、痒みなどの皮膚症状と、くしゃみ、咳、息苦しさなどの呼吸器症状、嘔吐、腹痛などの消化器症状、血圧の低下などの循環器症状などがあります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、レルパックスと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・エルゴタミン
5-HT1B/1D受容体作動薬との薬理的相加効果により、相互に血管収縮を増強する恐れがあります。

・5-HT1B/1D受容体作動薬
相互に効果を増強する恐れがあります。

・HIVプロテアーゼ阻害薬
肝代謝酵素チトクロームP450 3A4により代謝され、代謝酵素阻害薬によりクリアランスが減少する恐れがあります。

併用注意
併用注意薬は、レルパックスと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・マクロライド系抗生物質、イトラコナゾール、カルシウムチャネル遮断薬、グレープフルーツジュース
主として肝代謝酵素チトクロームP450 3A4により代謝され、代謝酵素阻害薬によりクリアランスが減少する恐れがあります。

・副腎皮質ステロイド、カルバマゼピン
酵素誘導剤により本剤の代謝が促させる恐れがあります。

・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
セイヨウオトギリソウにより本剤の代謝が促される恐れがあります。

・ 選択的セロトニン再取り込み阻害薬
セロトニンの再取り込みを阻害し、セロトニン濃度を上昇させることにより、セロトニンの効果が増強する恐れがあります。

参考サイト
商品のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : レルパックス

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • 綾子さん(32歳)
    片頭痛持ちなので、薬が手放せません。 飲んでから、痛みが治まるまで時間がかからないので、いい薬だと思います!
  • よしのさん(39歳)
    10代の頃から片頭痛もちです。今まではひどくても我慢できないほどではなかったんですけど、年々ひどくなっていて横にならないとしんどい時も多いです。この薬を知ってすぐに試しましたが、ほんとに良く効きます。痛み出したらすぐに飲むようにしてます。この薬がないと不安なくらいです。これからも愛用します。
  • セレナードさん(25歳)
    以前から片頭痛持ちでしたが、20代ぐらいになってから特に酷くなり、作業にも集中できないぐらい痛くなる時がたまにあります。しかもちょっと長めに続く時もあったりするので、場合によっては急遽休むなんてこともあります。これでは、仕事も進まないので、レルパックスというのを買いました。飲むと早めに効いてきて、軽い症状の場合は、即効で良くなります。たまにくる重い症状の片頭痛でも、早めに治るので、本当助かります。
  • ホーネスさん(26歳)
    吐き気もよおすレベルの頭痛で仕事早退したり休んだりした経験があります。市販薬は効かないし、病院の薬は効くけど副作用が強いから無理。で、通販で探してみたらこの薬にたどり着きました。3錠でこの値段はちょっと高い気もするけど、副作用でないのに即効性があるから重い偏頭痛もちの自分には欠かせないです。
  • sayoさん(31歳)
    酷い片頭痛持ちなので、吐き気がしたり時には吐いてしまったりします。でもレルパックスが手元にあれば早めに飲むことでそんなに酷い状態にはならないのですごーく助かっています。市販薬とは比べ物にならないくらい効きますね。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ