配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

ボントレスローション(Bontress)

ボントレスローション(Bontress)
ボントレスローション(Bontress)
ミノキシジルの3倍効果 ボントレスローションは、AGA(男性型脱毛症)に対する治療育毛剤であり、有効成分キャピキシルが配合されたものです。 キャピキシルは、カナダの製薬会社が開発した植物由来の成分で「アカツメクサ」というマメ科植物に加え、細胞修復能力を持つアミノ酸分子「アセチルテトラペプチド」が配合されています。 キャピキシルの効果は著しく、一般的な育毛成分であるミノキシジルの約3倍も発毛効果が見られるとも言われています。
有効成分:キャピキシル
  
ボントレスローション(Bontress) 60ml
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1本 1本
60ml × 1本 ¥5,500 ¥5,500 ¥4,950 ¥4,950 148pt 購入する
60ml × 2本 ¥5,500 ¥11,000 ¥4,675 ¥9,350 280pt 購入する
60ml × 3本 ¥5,500 ¥16,500 ¥4,400 ¥13,200 396pt 購入する
商品詳細
ボントレスローションは、育毛剤としてAGA(男性型脱毛症)への有効成分キャピキシルが配合された商品です。
キャピキシルとは、従来のAGA治療薬において一般的だったミノキシジルの約3倍もの効果があるとされている新世代の育毛成分です。
その主原料はマメ科の植物である「アカツメクサ」です。
本来はムラサキツメクサという名前ですが、日本ではアカツメクサとして明治以降に移入されたものです。このアカツメクサエキスには、イソフラボンの一種「ビオカニンA」が含まれています。
ビオカニンAが、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを生み出す原因である酵素「5αリダクターゼ」が活性化することを防ぎます。
こうした植物由来の花エキス成分に加え、キャピキシルには細胞修復能力を持つアミノ酸分子「アセチルテトラペプチド」が配合されています。
イソフラボンの作用により毛髪の抜けを防ぎ、アセチルテトラペプチドが毛根を包む「毛包」に働きかけ、固定力を高めながら再生を促します。
髪に優しい天然成分と、再生能力の高いアミノ酸が合わさることにより、脱毛を抑制しながらも、毛髪が本来持つ強さを高める作用を生み出します。
※ボントレスローションは植物由来の成分となるため、女性の利用も可能で大人気の商品です。
使用方法
1日に1mlを頭皮に塗布し、浸透を促すようにマッサージします。
ミノキシジルなどの他の育毛剤との併用も可能です。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。
副作用
現時点では大きな副作用は報告されておりませんが、頭皮のかゆみが伴う場合があります。
併用禁止薬
妊娠中、授乳中の方は利用出来ません。
アレルギー反応を起こした場合は、利用を中止して下さい。
保管方法
高温多湿を避けて、25度以下の涼しい場所で保管ください。
有効成分
キャピキシル
メーカー
発送国
シンガポール・インド

ボントレスローション(Bontress)の口コミ口コミを投稿する

  • 満足度

    56歳の女性です。中々女性用の育毛剤が見つからない中で、こちらの商品に出会いました。植物由来の天然成分という点が気に入り購入しました。まだ商品の到着を待っている状態ですが、お薬なびさんはサポートが丁寧で効果にも期待が高まっています。

口コミを投稿する

商品名

満足度

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る