コルヒチン
  • コルヒチン
  • コルヒチン

コルヒチン

更新日:
特徴
コルヒチンタブレットはSurepharm Services社が開発した、痛風発作の緩和、家族性地中海熱の治療薬です。
コルヒチンのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
主成分であるコルヒチンは、白血球が関節内に集まるのを抑える働きがあり、痛風発作の痛みを緩和する効果があります。
家族性地中海熱には、インターロイキンの働きを鈍らせ、炎症発作を起こしにくくする効果があります。

副作用
主な副作用には、下痢、悪心・嘔吐、腹痛、脱力感、脱毛などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは0.5mgが購入可能です。
  • 痛風発作(緩解及び予防)
  • 家族性地中海熱

有効成分:コルヒチン/Colchicine 0.5mg

ご注文

コルヒチン 0.5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
3,500
3,150(311錠あたり
94
カゴに入れる
200錠
7,000
5,670(281錠あたり
170
カゴに入れる

商品詳細

コルヒチンの特徴
コルヒチンタブレットはSurepharm Services社が開発した、痛風発作の緩和、家族性地中海熱の治療薬です。

コルヒチンのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

コルヒチンの効果
主成分であるコルヒチンは、ユリ科のイヌサフランの種子や球根に含まれるアルカロイドと呼ばれる天然由来の有機化合物です。

コルヒチンには、体内の尿酸値が増えることで発症する痛風関節炎の原因となる白血球が関節内に集まるのを抑える作用があります

痛風発作の初期段階に服用すると効果的で、また、発作が頻回な場合には、しばらくの間少量を定期服用します。

尿酸を減らす効果や、痛風発作以外への鎮痛・消炎作用はありません。

家族性地中海熱は、発熱や疼痛を伴う全身性炎症発作を繰り返す遺伝性の病気ですが、病因となる過剰なインターロイキンの働きを鈍らせ、炎症発作を起こしにくくする効果があります。

また、白血球の働きを弱め、白血球が集まるのを抑える働きをするため、ベーチェット病の治療にも用いられます。

ベーチェット病とは、治りにくい口内炎や、さらには皮膚や外陰部、目などにも炎症が生じる病気です。

コルヒチンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

当サイトでは0.5mgの購入が可能です。

その他
コルヒチンは、家族性地中海熱の基本治療に欠かせないお薬です。

2016年に正式に適応症として承認され、保険治療も可能になりました。

ベーチェット病にも用いられることもありますが、その場合は保険適用外となります。

コルヒチンの関連ページ
痛風・高尿酸値の商品一覧
痛風・高尿酸値

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
コルヒチン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
服用の回数が多いため、飲み忘れに注意してください。

服用量の目安
痛風発作の緩和、予防の場合は、1日3~4mgを6~8回に分けて服用してください。

年齢や症状により服用量の調節を行ってください。

発病予防には、1日0.5mg~1まgを、発作予感時には1回0.5mgを服用してください。

家族性地中海熱の場合は、1日0.5mgを1回または2回に分けて服用します。

症状により服用量の調節を行いますが、1日1.5mgまでの範囲で調節してください。

食事とアルコールの影響
食事の影響はほとんどありませんが、アルコールとの併用はしないでください。

コルヒチンを服用できない方
・コルヒチンの成分に対して過敏症の既往歴のある方

・肝臓または腎臓に障害のある方で、肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤、またはP糖蛋白を阻害する薬剤を服用中の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、下痢、悪心・嘔吐、腹痛、脱力感、脱毛などがあげられます。

決められた服用方法、用量を厳守してください。

過剰に服用することにより、思い中毒症状が生じる可能性があります。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、コルヒチンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・肝代謝酵素CYP3A4を阻害する薬剤など、アタザナビル、インジナビルなど
コルヒチンの作用が増強する恐れがあります。
併用する場合は、減量あるいは低用量から服用を開始するなど注意が必要です。

・P糖蛋白を阻害する薬剤、シクロスポリン
コルヒチンの作用が増強する恐れがあります。
併用する場合は、減量あるいは低用量から服用を開始するなど注意が必要です。

これらの他にも併用注意があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : コルヒチン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • 山里さん(39歳)
    痛風になってしまいました。暴飲暴食を繰り返していたからですかね。発作はとにかく痛くてその時は反省するんですけどね。終わるとまた通常モードになりますね。でも発作だけは勘弁してほしいのでコルヒチン買っています。発作がおきてすぐにのめば効くのでお守りのように持ち歩いていますよ。一番いいのは食生活の改善ですよねー。わかってはいるんですがねー。引き続きお世話になります。
  • 心海さん(44歳)
    痛風の発作を抑えるために服用していますが、安くて使い勝手いいので助かっています。コルヒチンはずっと使えそうです。
  • ポップさん(47歳)
    痛風の再発防止のために服用中です。あの痛みは二度と味わいたくないので、しっかり飲み続けます。値段もお手頃で助かります。
  • 佐藤さん(44歳)
    予防で飲んでいます。副作用もなければ、痛風にもなっていないので心配な点が1つもありません。症状が出てからでは遅いので、これからも愛用していきます!
  • 三崎さん(34歳)
    この年令でかかってしまいました。ツーフー… 「発作の前触れ」がわかってきたころには情報も揃っているわけで今はこれを飲んでます。長い付き合いになりますので、切らさないようにしてゆければと。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ