コルヒチン
  • コルヒチン
  • コルヒチン

コルヒチン

コルヒチンの成分は、痛風発作の発生を防いだり、家族性地中海熱、ベーチェット病に効果があるお薬です。白血球の働きを弱めたり、白血球が集まるのを抑える作用があります。
  • 痛風発作(緩解及び予防)
  • 家族性地中海熱

有効成分:コルヒチン0.5mg

ご注文

コルヒチン 0.5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
3,500
3,150(311錠あたり
94
カゴに入れる
200錠
7,000
5,670(281錠あたり
170
カゴに入れる

商品詳細

コルヒチンは白血球の働きを弱めたり、白血球が集まるのを抑える作用があり、痛風の発作を抑える薬です。その他には発熱や疼痛を伴う全身性炎症発作の家族性地中海熱や、治りにくい口内炎ができ、皮膚や外陰部、目などにも炎症を生じる日本人に割と多い病気であるベーチェット病にも適用されます。ベーチェット病は白血球の働きが異常に上伸して炎症を引き起こします。
痛風の際は、発作の前触れを感じたら出来るだけ早く飲み、発作3~4時間前に生じるピリピリ感やムズムズ感が出ます。痛風の痛みが激しくなってから飲んでも良い効果は得られません。
コルヒチンは白血球の働きを弱めて痛風発作を改善する薬の為、早期に飲めば飲むほど効果的で、発作から時間が経ってから服用しても良い効果は得られません。
※他メーカー商品や成分の違う痛風・高尿酸値の商品一覧はコチラをご確認下さい。

服用方法・使用方法

痛風発作の緩解および予防は、3~4mgを6~8回に分割経口投与するが、年齢や症状によっては適示増やしたり減らしたりする。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

副作用の心配はほとんどありませんが、多量に飲んでしまうと下痢、腹痛、吐き気などの症状が確認出来ております。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい

併用禁止薬

クラリスロマイシン、イトラコナゾール、テラプレビル、リトナビル、インジナビル、ネルフィナビル、ダルナビル、ビコシスタット、シクロスポリン、グレープフルーツジュースは飲み合わせに注意が必要とされております。
また他の治療を受けている方は、必ずかかりつけの医師にご相談下さい。

保管方法

高温多湿はさけ、涼しい場所で保管して下さい。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • さん(41歳)
    コルヒチンを半年以上前から飲んでいるけど、痛風の発作が出ていないので、しっかり効いていると思います!
  • 志良堂さん(47歳)
    痛風の予防として購入しています。今のところ使っていて、痛風が発生していません。あの痛みが怖いためこれからも利用させて頂きます。
  • さん(39歳)
    コルヒチンの方が安かったので買ってみました。服用は少量に抑えているので、吐き気などもなく安心して使っています。
  • ひろきさん(32歳)
    体がピリピリしてきてヤバイと感じたときすぐ飲めるようにいつも持ち歩いています。おかげさまでこれを飲むようになってからは痛風発症してませんよー。
  • さん(39歳)
    痛風持ちですが、仕事が忙しくてなかなか病院にいけないので、発作が起こった時のためにコルヒチン購入しています。たいてい夜中に発作が起こったりするのですが、コルヒチンを常備しておけば安心なのでとても助かっています。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ